音楽に関わる仕事がしたい。どんな学部・学科を選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

音楽に関わる仕事がしたい。どんな学部・学科を選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.30

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

音楽に関わる仕事がしたい。どんな学部・学科を選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 音楽やアーティストに関わる仕事がしたいです。進学先では、どんな学部・学科を選べばいいですか?

A. 自分が生かしたい能力や目指したい仕事に合わせて学部・学科を選ぼう

まずは将来目指す仕事を具体的に決め、大学と専門学校での実際の授業・カリキュラムや就職指導に注目し、自分にとって学びやすい環境はどの学校の学部・学科なのかを比較してみましょう。

【目指す仕事によって、知識や技術の生かし方はさまざま】
「音楽やアーティストに関わる仕事」といっても、どのような知識やスキルを生かして音楽やアーティストと関わるかによって、いろいろな仕事の可能性があります。

例えば自分の感性を生かして音楽作品を作る仕事の場合、ミュージシャンや作曲家、作詞家などが挙げられます。創作活動のために自分の音楽的感性を磨きたいと考えるのであれば、音楽系の学部や芸術系の学部に入学して、演奏や歌唱、作曲・作詞のスキルを身に付けるのがいいでしょう。

その他にも、音楽に関する知識や技術を生かして物やサービスを生み出す仕事はたくさんあります。例えば、音楽プロデューサーのようにアーティストを発掘してビジネスを創る仕事や、レコード会社の企画・制作担当者になって、時代にマッチしたヒット曲を作り出すという道もあります。この道を目指す場合は、音楽系の学部に限らず、経営学や人々の行動を探る社会学系の学部へ進む方法も考えられます。

【学校の設備や、学習環境を見ることが大切!】
音楽を作る仕事を目指す場合、大学・専門学校を問わず、楽曲の演習や作品コンテスト、音楽を制作するための施設・設備をよく調べてみてください。作品をたくさん作り、たくさん評価してもらえる学習環境が充実している学校を探してみましょう。そのためにもオープンキャンパスや学校説明会に参加して、実際に自分の目で学校を見ることが大切です。また、自分が憧れている業界の人が、どの学校のどの学部を卒業したのかを調べて、同じ学校を目指してみるというのも進路の選び方の一つです。自分の学びたい環境が整っている学校を選びましょう。

【回答者:進路のミカタ編集部】