通信制の大学の良い点を教えて! ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

通信制の大学の良い点を教えて! ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.10

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

通信制の大学の良い点を教えて! ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 通信制の大学は学費が安いので、進学しようと考えています。良い点、悪い点を教えてください。

A. 入学金・授業料は安いが、自主学習を続ける強い意志が必要

通信制大学の良い点と悪い点は、学ぶ人の考え方や、条件によるところが大きいといえます。学校の特色をよく調べ、自分に合っているかどうかよく見極めましょう。

【そもそも通信制大学とは?】
もともと通信制大学は、社会人が学び直したい、大卒の資格を得たいという要望で入学するケースが多くありました。しかし現在では、経済的事情や自宅で勉強したいというニーズも多く、進学先として通信制大学を選ぶ人も増えてきています。

かつてはテキストが中心だった授業内容も、インターネットやテレビ放送を使った多角的なものになっており、学べる内容は通学制の大学と比べても遜色がないといわれています。

また、卒業時に得られる資格にも通学制大学との違いはなく、通信制大学でも「学士」の資格を取得することができます。

【通信制大学の学費】
通信制大学の4年間の学費は、大体100~150万円くらいのところが多いです。ただし、ほとんどの通信制大学では、通学制の大学に行って講義を受ける「スクーリング」が必要で、その分の費用が別途かかります。それらを含めると4年間で200万円程の費用がかかると考えておいたほうがいいでしょう。

【通信制大学での学習方法】
通信制大学では、テキストによる自主学習、ネットでのビデオ講義の受講、ネット上での教材による学習、スクーリングが基本となります。

通信制大学でも通学生大学と同様に、受講した内容に応じてレポートや課題の提出が必要で、試験もあります。試験で規定の点数が取れなければ、単位が取得できず進級できない、さらには卒業できないこともあります。

【通信制大学のメリットとデメリット】
通信制の大学は、通学制の大学に比べて入学金・授業料が安く、入試も通学制の一般入試と比べて全般的に易しいです。また、自分で勉強時間を調整して、自分のペースで学べるというメリットがあります。

ただしデメリットとして、通学制に比べて授業中やその前後にすぐに質問しにくいという面があります。また、何をするにも自由な環境なので、自主学習や研究を続けるという強い意志がなければ卒業することが難しいともいえるでしょう。


以上のことを踏まえると、経済的な理由でなるべく学費を抑えたい人、また、時間を管理しながら自分のペースで大学の勉強に取り組みたい人には、通信制の大学を検討してみるのも選択肢の一つかもしれません。通信制大学にもさまざまな種類があり、学校によって特徴も大きく異なりますので、自身に合った学校を探しましょう。


【回答者:進路のミカタ編集部】