地元には自分の偏差値に合わない大学しかない。大学や学部学科をどうやって選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

地元には自分の偏差値に合わない大学しかない。大学や学部学科をどうやって選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.10

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

地元には自分の偏差値に合わない大学しかない。大学や学部学科をどうやって選べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 地元の大学に進学したいのですが、地元には自分の偏差値に合わない大学しかありません。大学や学部学科をどうやって選べばいいですか?

A. 自分が本当に勉強したいことは何なのかをよく考えよう

学部・学科の選択肢や、金銭的な部分から、大学進学について考えてみましょう。そこで重要なのは、「あなたが何を勉強したいのか」と、「どうして地元に残りたいのか」という2つの事柄について掘り下げて考えることです。

【妥協せず、本当に学びたいことを重視しよう 】
まず、あなたは大学で何を学びたいと考えますか? または、将来どんな仕事をしたいと考えていますか? そこがはっきりしないと学部・学科はそう簡単に決められません。

本当に学びたいことがある場合は、「地元の大学」で絞り込んでしまうのではなく、遠方にある大学を選択肢として考えても決して損はありません。

「地元の大学に通ったけれど、興味のない分野について4年間学ぶ」のと、「実家からは通えないけれど、本当に学びたいことを学ぶ4年間」だとしたら、きっと本当に学びたいことを学ぶ方が、後悔の少ない時間を過ごすことができるのではないでしょうか?

【金銭的に不安なら、奨学金などの活用も考えよう】
地元で進学するのではなく、一人暮らしをして大学に通うとなると、家賃や食費の仕送りなど、学費以外の面でご両親の金銭的な負担が増してしまうことは事実です。

もしそれが理由で、地元で進学しようとしているのであれば、志望大学に利用できる奨学金制度や、授業料の減免制度が無いか調べてみましょう。特に私立大学が独自に創設している奨学金の中には、地方出身の学生に限定したものや、地方学生優先とされているものもあります。

また、地方自治体や民間企業による奨学金制度などもありますので、条件に合う奨学金がないか調べてみましょう。上手に活用することによって、金銭的な不安を緩和できるかもしれません。


進学したい大学が分からない場合は、偏差値だけではなく「自分が本当に勉強したいことは何なのか」を深く掘り下げて考えてみて下さい。将来を左右する大切な4年間ですので、じっくりと時間をかけて情報を収集し、広い視野をもって大学を比較検討しましょう。

【回答者:進路のミカタ編集部】