アニメやゲーム関係の仕事に就きたかったら、どの分野を学べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

アニメやゲーム関係の仕事に就きたかったら、どの分野を学べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

2017.10.31

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

アニメやゲーム関係の仕事に就きたかったら、どの分野を学べばいい? ~進路のミカタ知恵袋~

Q. 将来、アニメやゲーム関係の仕事に就きたいです。
大学・専門学校ではどのような分野を学べばいいですか?

A. どのようにアニメやゲームと関わりたいのかを考えよう

まずは、アニメやゲームに関わるいろいろな職業を調べ、どの仕事が自分に向いているのかをよく考えましょう。そこから、どのような分野を学べばいいのかが見えてくるはずです。

【アニメやゲームにどのように関わりたいかを考えよう】
アニメ、ゲームに関わる職業は、想像以上にたくさんあります。

例えばアニメに関する職業であれば、アニメーション動画の基となる原画制作を手掛ける「アニメーター」が代表的です。アニメの原画制作では、キャラクターを描く・デザインする能力が求められるので、デザイン系や美術系の学部やコースがある大学や専門学校で作画のスキルを磨くと将来役立つでしょう。この他にもアニメに関する職業として、コンピューターグラフィックスの技術でアニメーション動画を制作する「CGアニメーター」や、アニメ制作陣を取りまとめて指揮する「アニメ監督」などが挙げられます。

また、ゲームに関わる職業も、作品全体をデザインする「ゲームデザイナー」や、作品のコンセプトを考えて企画立案する「ゲームプランナー」、ストーリーを考える「ゲームシナリオライター」など多岐にわたります。例えば「ゲームデザイナー」は、ストーリーやキャラクターをはじめゲーム全体をデザインする力が求められるので、ゲーム作りにおける企画や構成について学べるゲーム・デザイン系の大学や専門学校へ進むといいでしょう。また「ゲームシナリオライター」であれば、文学系、芸術系の学部で脚本を書く力を身に付けるという方法も考えられます。

【業界での活躍を目指し、自分自身のスキルを磨いていこう】
アニメやゲーム業界は日々新たな技術やアイデア、流行が生まれています。それらを察知しながら人々を楽しませる娯楽を作り出すためには、アニメやゲームが好きという気持ちだけでなく、専門的な知識や技術が多く求められます。

自身のスキルをきちんと磨いておけば、さまざまな場所で活躍できる可能性があります。また、現場での経験を積み高い技術を得ることができれば、将来フリーランスとして働く道も考えられるでしょう。


アニメやゲームに関する仕事は、人々に楽しみを提供するやりがいのある仕事です。さらに、あなた自身が興味のある分野なのであれば、きっと熱意を持って働くことができるはずです。まずはあなた自身が、どのような能力・スキル、知識を生かしてアニメやゲームと関わりたいのかをよく考えて、進路を選んでみてくださいね。

【回答者:進路のミカタ編集部】