【シゴトを知ろう】画像処理エンジニア 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】画像処理エンジニア 〜番外編〜

2017.09.25

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】画像処理エンジニア 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】画像処理エンジニア 編」ではピクシブ株式会社pixivFACTORYの緑川晃さんに仕事の内容や、プログラミングを学んだきっかけを伺いました。

番外編では、チームや職場の雰囲気、今までで一番思い出に残っているエピソードについてお話いただきました。

この記事をまとめると

  • チーム内で話しやすく、問題点や新しいアイデアを気軽に相談できる環境
  • 文系出身のエンジニアも活躍している
  • 難しい機能をリリースした直後、ユーザーの喜ぶ様子が分かり達成感を得た

チームの人ともチーム外の人とも交流できるカジュアルな環境

――緑川さんの職場の雰囲気を教えてください。
 
チームで業務を行いますので、それぞれと話しやすいように席が組まれています。なので開発で困ったとき、アイデアを思いついたときはすぐに声が掛けやすいですね。退社時刻を過ぎてからも会社に残ってのんびり話せるようなカジュアルな雰囲気で、仕事がしやすいと感じています。

また毎週水曜日には社員同士で食事する交流ランチ会があるので、違うチームの人とも話す機会が多いです。「最近どう?」といった軽い会話や、人気のあるWebサービス、それぞれが担当した案件についても情報を共有して、お互いに意見を出せる良い時間です。
 
 

文系出身のエンジニアも活躍している

――エンジニアと聞くと理系の仕事というイメージがありますが、文系出身者にも活躍の場はありますか?

もちろんです。プログラミングを数式を組み立てるような難しいものと考える人も多いですが、プログラミング言語の文法さえ守ればプログラムは作れます。

それに、私自身は技術さえあれば文系、理系は関係ないと思っています。Webサービスを作るには、さまざまな視点や専門性が必要。私は高校生の頃からプログラミングについて学んではいましたが、画像処理については現在の仕事に就いてから調べました。エンジニアの仕事にはさまざまな分野があるので、学校で勉強したことは文系も理系も関係なく役立ちます。
 
 
――現在、趣味としてプログラミングで作っているものはありますか?

OSを作っています。OSはオペレーティングシステムといって、コンピューター全体の管理をして、人がコンピューターを使えるようにしているシステムです。普段仕事で扱うWebサービスとは異なり、コンピューターそのものに寄った仕組みなので、新しい学びがあって楽しいです。
 
 

アクリルキーホルダーを作る機能は、多くのユーザーに喜ばれた

――お仕事の中で一番の思い出や達成感を感じたエピソードを教えてください。

アクリルキーホルダーを作る機能をリリースしたときのことです。それまでアクリルキーホルダーは、作るのにイラスト画像以外にも揃えなくてはいけないデータがあって、簡単に作れるグッズではなかったのです。私たちは、ユーザーに気軽にアクリルキーホルダーを作ってもらいたいと思い、イラスト画像以外の必要なデータを自動生成できるプログラムを考案しました。このプログラムは大変複雑な仕組みで、さまざまな解決プログラムを試しては問題が見つかる、その繰り返しの末ようやく完成しました。

普段から新しいグッズが作れるようになると一時的にアクセス数が増える傾向があるのですが、アクリルキーホルダーをリリースすると、通常の何十倍のアクセスがありました。「アクリルキーホルダーが簡単に作れるようになった!」と喜んでいるユーザーがたくさんいた結果ですのでとても大きな達成感があり、うれしかったのを覚えています。


画像処理エンジニアの活躍の場は緑川さんが担当しているようなWebサービスのほか、アプリケーションやカメラ機器の製作などさまざまです。プログラミングについての知識だけではなく、自分が就職したい分野について理解を深める必要もありそうですね。

画像処理エンジニアに興味を持った方は、画像処理の技術がどこで生かされているのか身近なところから探してみてはいかがでしょうか。意外なところに進路選択のヒントが隠れているかもしれません。
 
 
【profile】ピクシブ株式会社 pixivFACTORY 緑川晃

この記事のテーマ
コンピュータ・Web・ゲーム」を解説

デジタル情報をつなぐシステム構築をはじめ、webやゲーム、アニメーション、映画など、メディアやコンテンツを創り出します。コンピュータの設計・開発などを学ぶ情報処理系と、アニメ・ゲームなどの制作を学ぶコンテンツ系があります。また、ビジネスの現場で広く使われているアプリケーションを使いこなすスキルを身につける授業もあります。

「コンピュータ・Web・ゲーム」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「画像処理エンジニア」
はこんな仕事です

デジタル画像処理技術のソフトウェア、ハードウェア、システムを研究し、開発する仕事。画像の加工や編集を担当するクリエーターが使用するソフトウェアのほか、QRコードを認識する機能、防犯カメラのシステム、ロボットの視覚機能なども手掛ける。デジタル化が進む現代社会において、重要な役割を担っている。開発や設計に関する知識を評価する検定として、CG-ARTS協会が実施する「画像処理エンジニア検定」がある。エキスパートとベーシックの2種類があり、エキスパートのほうが難関度が高い。

「画像処理エンジニア」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける