「スマート鍵」に「光る防犯スプレー」!? 進化した防犯グッズって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「スマート鍵」に「光る防犯スプレー」!? 進化した防犯グッズって?

2017.09.05

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「スマート鍵」に「光る防犯スプレー」!? 進化した防犯グッズって?

小学生の6割が登下校時に防犯ブザーを持っているという調査結果が出たり、家庭向けのセキュリティーサービスが身近なものになったりと、個人でできる防犯対策が身近なものになっています。便利でユニークな防犯アイテムも多数登場していますが、最新の防犯グッズにはどのようなものがあるのでしょうか? 

この記事をまとめると

  • スマホと連動して鍵の解錠ができる「スマート鍵」が誕生
  • 夜間の安全な歩行のために、衣類や肌に直接噴射できるスプレーも
  • 防犯に対する製品は、独自性と高い技術力が求められる

スマホで誰でも簡単に鍵の解錠ができる「スマート鍵」が登場

家電量販店などでは、キャラクター型のかわいい防犯ブザーや、外出中にスマホで家の中を確認できるネットワークカメラなどが登場し、楽しく防犯グッズ選びができる時代になってきました。そんな中、「スマート鍵」という新しいグッズが誕生しました。

「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」は、自宅のドアに小さな器具を取り付ければ、スマホと連動して鍵を操作できるシステムです。インターネットビジネスのベンチャー企業であるWiLと世界的メーカーのSONYが一緒につくった会社Qrioが開発したこの製品は、スマホアプリで離れた場所から鍵の開閉ができる他、解錠方法をメールで他の人に伝えることもできます。

このスマート鍵の便利な点は、解錠できる時間や日付の設定ができること。誰にも家に入ってほしくない時間帯には鍵が開かないようにすることができます。さらに、鍵をかけ忘れた時にもスマホで施錠でき、解錠した時間をデータで残すこともできます。鍵の開け閉めのデータが分かれば家を不在にしている間に不審な侵入がないか確認でき、安心です。

さまざまなアイデアを基に新しい防犯グッズは生まれている

Qrio Smart Lockの開発には、鍵の交換をせずに取り付けるだけで使用できること、いろいろなタイプの鍵にも設置できること、鍵としての信頼性が高いこと、小さくてシンプルなデザインなどいくつかの目的がありました。それを基準に、デザイナーやソフトウエア開発者などたくさんの人が携わり試作を重ね、世界最小サイズのスマート鍵が誕生しました。さまざまな不便や不安を解消するために、最新の防犯グッズにはたくさんの工夫が詰まっているのです。

このスマート鍵は、複数人で利用するシェアオフィスでの利用や、個人の家を貸し出すAirbnbでの鍵の受け渡し、不動産の内見などいろいろなシーンで広がり始めているようです。

海外ではスプレーに進化した反射板が登場していた!

一方で、発想の転換で今までの防犯グッズが新しい形態に進化したケースもあります。

スウェーデンで開発された「ALBEDO 100」は、スプレー式の塗料を洋服や靴などに噴射すれば、光に反射する反射材となり、夜間の歩行が安全になる製品です。スプレーなので思い立ったときに手軽に使用でき、衣類に塗布することも可能です。夜のランニングやペットの散歩など、幅広い用途に使われています。

このスプレーには3つの種類があり、一般的なスプレーペンキのようにずっと効果が持続するものと、洗えば落ちるタイプもあるようです。もともとは夜間の交通事故をなくす目的で作られたスプレーですが、洗うと落ちるタイプはパーティーやイベントなどでも使われているようです。

防犯グッズのように、特定のジャンルの製品を作るメーカーはたくさんあり、インターネットで世界に情報発信ができる今の時代には、小規模な会社が作った製品がヒットする事例も珍しくありません。製品開発に興味がある人は、身近な製品がどのようなメーカーで作られているのか調べてみてはいかがでしょうか?


【参考文献】
小学生と母親の安全に関する意識調査|ALSOK
https://www.alsok.co.jp/company/news/news_details.htm?cat=2&id2=735
Qrio
https://qrio.me

ALBEDO 100
http://www.albedo100.jp

この記事のテーマ
メーカー」を解説

日用品から航空機に至るまで、製品として世に出るモノは必ずどこかのメーカーによりつくられています。工業技術を用いてモノを生産する企業がメーカーです。生産技術の基礎は、機械などは物理学、薬や洗剤などは化学、食品などは生物学などさまざまです。自動車会社のように機械、電気・電子、情報などの各工学によりつくられた部品を一つの製品に集約するメーカーもあります。

「メーカー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「その他メーカー」
はこんな業界です

大企業でなくとも、市場において独自の強みを持ったメーカーが存在する。ニッチと呼ばれる市場規模が大きくはないが確実に需要のある分野を選択し、技術力・サービス力をそこに集中させている企業である。たとえば、地震・火事などの防災対策の製品業界は、法的な基準も厳しく、独自の技術が必要である。また、さまざまな商品を梱包するパッケージ業界や熟練した職人の技が求められる楽器製造業界も、市場規模は大きくはないが安定した需要がある。

「その他メーカー」について詳しく見る