人間の動きに合わせてくれる!? ロボット技術から生まれた義足!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

人間の動きに合わせてくれる!? ロボット技術から生まれた義足!

2017.09.04

提供元:マイナビ進学編集部

人間の動きに合わせてくれる!? ロボット技術から生まれた義足!

テレビなどで義手や義足を付けて競技に挑むシーンを目にすることがあるかと思います。義肢は、年々使いやすく・痛みやストレスの少ないものへと改良が加えられています。最近では、電動アシスト機能が付いたハイテク義足も登場していることを知っていますか?

この記事をまとめると

  • 電気の力でスムーズな歩行ができる義足が開発された
  • さまざまな企業や研究機関が、医療や福祉器具の研究・開発を行っている
  • 得意分野を生かせば医療機関・調剤薬局・介護・福祉業界で活躍することができるかも

バッテリーやモーターで膝が動く、ハイテク義足が誕生!

アメリカのテキサス州・オースティンでは、毎年世界的に有名なテクノロジー・音楽・映画の祭典が行われています。ここでは革新的なアイデアや製品に対する表彰が行われており、過去にはTwitterや民泊提供サービスAirbnbなども受賞経験があります。そんな賞の学生イノベーション部門で、東京大学の学生チーム「BionicM」が日本チーム初めての優勝を勝ち取りました。

BionicMとは、同大学で約30年間研究されてきた、2足歩行人型ロボットの技術を応用したロボット義足開発プロジェクトのこと。今回受賞した義足『SuKnee(サニー)』は、モーターとバッテリーが内蔵された電動式の義足です。

この義足にはロボット工学技術を取り入れた可動装置が組み込まれており、電気の力で義足の動きをサポートする仕組みになっています。歩行の際にモーターの力でつま先が上がる仕組みが、より快適な歩行に導いてくれるだけでなく、従来の義足では苦労する「座った状態から立ち上がる」、「階段の上り下り」といった動きをより楽に行うことができます。

使う人は体力的な負担が改善されるだけでなく、歩き方がとてもスムーズになるそうです。

物理の力を応用した画期的な歩行補助器具も

『SuKnee』だけではなく、電気の力を利用した医療や福祉用の補助器具はさまざまな企業や研究機関で研究や開発が行われていますが、その一方で、バッテリーを使わずに物理の力を応用して歩行をサポートする機器の開発も進められています。

株式会社今仙電機製作所(愛知県犬山市)では、無動力歩行支援機「aLQ(アルク)」を2017年6月に販売開始しました。aLQとは腰のベルトに引っ掛けて使う、760gの歩行アシスト装置です。本体の内部にはバネが入っていて、足の振りと重心が前後に移動することによってバネが伸縮し、その力を借りて足の移動が楽になる仕組みです。

無動力歩行支援機(ACSIVE)は、今仙技術研究所(今仙電機製作所の子会社)と名古屋工業大学の佐野明人教授が15年以上かけて研究開発に取り組んできたものです」。そして、もともと足腰の力が衰えた高齢者の介助製品向けに開発が進められてきた(ACSIVE)を今仙電機の自動車品質のモノづくりで発展させたものがaLQです。aLQを発売したその背景には、介護が必要になる状態を予防するために散歩やハイキングなどで無理なく足腰を動かす習慣をつけてもらおうという健康増進の目的もあったそうです。

障がいを持った人や高齢者の生活をサポートできる仕事は他にもある!

今回紹介した補助器具開発の例のように、ハンディキャップを持った人々が快適に暮らせるようサポートをする仕事はたくさんあります。

医療機関・調剤薬局・介護・福祉サービス業界では、障がいを持った人や高齢者をサポートするために医薬品・医療機器・器具メーカーなどで働きます。また、一般医薬品や処方箋(せん)医薬品を扱う調剤薬局やドラッグストアなどの薬に関わる仕事や、加齢・病気・障がいなどにより日常生活を送ることが難しい人たちに対する介護、要介護者の家族に支援サービスを提供する仕事なども、この業界の仕事です。

医療機関・調剤薬局・介護・福祉サービス業界では、医療・薬学・介護・福祉などそれぞれの仕事に応じた専門的な知識と技術が求められるため、医師・看護師・MR(医療情報担当者)・薬剤師・介護福祉士といった専門の免許を取得した専門職と呼ばれる人たちが、自分たちの分野の力を生かしながら協力し合って業務を行っています。

人々をサポートする仕事に興味のある人は、医療機関・調剤薬局・介護・福祉サービス業界について調べてはいかがでしょうか。高齢者(65歳以上)の人口が4人に1人を超えた現代。身体に障がいを持った方や高齢者の生活をより快適にする仕事を目指してみるのもいいかもしれません。


【参考文献】
YOMIURI ONLINE|東大生のロボット義足、米新興企業の登竜門で優勝
http://www.yomiuri.co.jp/topics/ichiran/20170316-OYT8T50062.html

BionicM
https://www.bionicm.com/

朝日新聞デジタル|歩くのラクに、歩行支援機 ロボと車部品の技術から
http://www.asahi.com/articles/ASK6254BHK62UBQU00S.html

今仙電機製作所|aLQ
http://www.imasen.co.jp/alq.html

『福祉・介護の仕事&資格がわかる本』資格試験研究会編 実務教育出版

平成28年版高齢社会白書(全体版) |内閣府
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/html/zenbun/s1_1_1.html

この記事のテーマ
サービス・インフラ」を解説

多くの人に便利、快適、感動などをもたらす業界です。人が何を望んでいるかというニーズを先取りし、サービスとして提供します。サービス業は「飲食、宿泊」「医療・福祉」「教育」「情報」や、それらを組み合わせた「複合サービス」があります。インフラはインフラストラクチャーの略で、電気やガスを供給する「エネルギー」、ヒトやモノを移動させる「交通・物流」など生活基盤を支える産業です。

「サービス・インフラ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療機関・調剤薬局・介護・福祉サービス」
はこんな業界です

医療業界は、病院や診療所だけでなく医薬品メーカー、医療機器・器具メーカーなど医療に関わる企業や団体全般を指す。また、一般医薬品や処方箋(せん)医薬品を扱う調剤薬局やドラッグストアも含む。介護・福祉業界では、加齢・病気・障がいなどにより日常生活を送ることが難しい人たちや、その家族に支援サービスを提供。これらの業界では、医師、看護師、MR(医療情報担当者)、薬剤師、介護福祉士といった専門職に就く人が連携し、業務を行うことが多い。

「医療機関・調剤薬局・介護・福祉サービス」について詳しく見る