ジェットコースター、スカイダイビング、バンジージャンプ…なぜ人は“スリル”を求めてしまうのか

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ジェットコースター、スカイダイビング、バンジージャンプ…なぜ人は“スリル”を求めてしまうのか

2017.09.14

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

ジェットコースター、スカイダイビング、バンジージャンプ…なぜ人は“スリル”を求めてしまうのか

遊園地といえば、ジェットコースター!という人も多いのではないでしょうか。ジェットコースターをメインにした遊園地に多くの人が集まるくらいに、ジェットコースター人気は高まっています。また、スカイダイビングやバンジージャンプを経験した人もたくさんいるのではないでしょうか。
これら多くの絶叫系アトラクションに共通しているのは普通に生活している分には、味わえないような“スリル”が経験できることです。
では、なぜ人は“スリル”を求めてしまうのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 絶叫系アトラクションが好きな人は、”スリル”を求めている
  • スリルとは、「ハラハラ・ドキドキ」している状態のこと
  • スリル好きな人は、我慢した先にある”達成感”を得ることにハマっている

スリルを感じる遊びって?

ほとんどの遊園地に設置されている“ジェットコースター”。落下したり、急カーブしたり、さらには回転するジェットコースターが多くあります。ジェットコースター好きの人は長時間並んで、何回も乗りますよね。ジェットコースターが嫌いな人からしてみればありえないことです・・・。ジェットコースターは遊園地の中で好き嫌いがはっきり分かれる乗り物の一つに入るかもしれません。

ジェットコースターなどの絶叫系アトラクションは、落ちるときに感じる「ふわっと感」や、速い速度で移動する「スピード感」を感じる瞬間があります。絶叫系アトラクション嫌いの人は、この「ふわっと感」や「スピード感」に恐怖を感じます。しかし、絶叫系アトラクションが好きな人にとっては、それが楽しみの一部となっています。「ふわっと感」「スピード感」を感じることで、その先にある“スリル”を追い求めているんですね。

“スリル”って一体なんだろう?

まず、「スリル」とはどのようなものなのでしょうか。一説によると、期待の気持ちや恐怖からくる緊張感と言われています。わかりやすくいうと、「ハラハラ・ドキドキ」している状態のこと。そして、人は緊張している時間を我慢すると、とても大きな達成感を得ることができると考えられています。

スリル好きな人には2つの理由が考えられます。1つ目は、この達成感を得ることにハマっているパターンです。

ただし、この大きな達成感を得るためには、一つ条件があります。体感した緊張感と同等の“我慢”をすることが必要なんです。例えば、登山などはその象徴。登山は、すべり落ちる危険や、雪崩などに巻き込まれるリスクといった緊張感を背負って頂上を目指します。地道に一歩ずつ登り、頂上にたどり着いた結果、今までの苦労が報われ、人は大きな達成感を感じることができるのです。

“スリル好き”の気持ちは心理学で解明できる!?

もう一つのパターンは、刺激的欲求を求めている場合です。心理学では、スリルを求めることを“刺激的欲求”と呼んでいます。刺激的欲求が強い人は、刺激が得られるなら危険をかえりみないこともあり、周りの人がヒヤヒヤしてしまう場面もあります。

最近では、動画サイトに危険な行為を撮影した動画を投稿をしている人たちがたくさんいることが話題になりました。数百メートルの鉄塔に上ったり、とても高い場所でジャンプしたり、命綱なしでぶら下がったり・・・。見ているだけでも冷や汗が止まりません。自分自身の危険をかえりみず、刺激的欲求を満たそうとした結果、事故につながってしまうケースが多いのも事実です。

とはいえ、“刺激的欲求”は日常生活ではなかなか満たせないといわれています。そこで、刺激的欲求を満たす一番手軽な方法が「絶叫系アトラクション」なんです!安全管理をちゃんとしていると頭ではわかっていても、絶叫系アトラクションに乗ればスリルを感じることができますよね。だからこそ、スリルが好きな人は一番手軽に楽しめる、ジェットコースターやスカイダイビング、バンジージャンプといった絶叫系アトラクションに乗ってしまうのです。

人の心の中には、まだまだ謎がたくさんあります。人の心の“なぜ”“どうして”という疑問を解いてみたいという人は、心理学を一度学んでみてはいかがでしょうか。

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る