【シゴトを知ろう】テーラー[注文紳士服製造]~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】テーラー[注文紳士服製造]~番外編~

2017.10.04

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】テーラー[注文紳士服製造]~番外編~

着る人の体型や職業、着るシーンに合わせて、世界にたった一つのオーダーメードスーツを作るテーラーとして活躍されている「Armonia del Sarto」の五月女泰彦さん。
スーツを作るプロとして日々感じていることや五月女さんのテーラーとしての夢などについて伺いました。

この記事をまとめると

  • 特色のあるスタイルの確立と柔軟性を併せ持つテーラーが人気
  • 女性が活躍する時代に合わせて、女性専門のテーラーが生まれつつある
  • 伝統の技術を受け継ぎつつ新しいスーツを生み出したい

電車や外でも、職人技の光るスーツを着ている人は目で追ってしまう

―― 一般の人に言うと驚かれるような、この業界で働いている方ならではの習慣はありますか?

電車に乗っている時や外を歩いている時など、スーツを着ている人がいるとその人を自然に目で追ってしまいます(笑)。

既製のスーツや体型にあっていないスーツは、スーツに独特の溜まりじわができてしまうのです。そのようなしわを見るとそのしわを無くすためにはどうすればよいか、どのように型紙で補正すればよいかを考える癖があります。また、職人の手仕事が光るスーツを着ている人がいるときも、ジーッと着ている人の体型を見てしまうことがありますね(笑)。ちょっと離れたところから他人が自分を見たら、変な人だと思われるかもしれません。

お客様あっての仕事だけに柔軟性が大切

シャツの生地で作ったトランクス

シャツの生地で作ったトランクス

―― どのような人がテーラーとして、出世しやすいですか?

沢山の顧客を抱えているテーラーの多くは自分の技術を高く磨き、仕立てのスタイルを確立していながらも柔軟性があると思います。

雑誌でも活躍しているテーラーさんは、ヨーロッパの仕立屋で修行して実力をつけて帰国しています。そこで学んだ経験と知識を生かして専門性の高いサービスを提供している方が多いです。

柔軟性は、自分の専門に関わらずお客様のご要望に柔軟に対応することです。オーダーメードスーツをご依頼するお客様は、時に私たち以上に知識が豊富であることがあります。そのお客様のご要望に応えるには柔軟な考え方や発想がとても大切なんです。

先日シャツの生地を使ってトランクスを作ってほしいというご依頼を受けました。昔はシャツを肌着としていました。古いシャツでは現代のシャツよりも長く、裾がブリーフのような形をしたデザインもあります。お客様はそれを分かっていらしたので、いろいろなオーダーシャツ屋さんに頼みましたが、引き受けてくれるところが見つかりませんでした。そんな時私に依頼してくださいました。最初はシャツ生地でトランクスを仕立てることに疑問を持っていましたが、お客様のお話とヨーロッパの古い雑誌を元になんとか形にし、最終的にはお客様にも満足していただけました。

お客様の要望に応えるのは大変なときもありますが、柔軟性を持って仕事に取り組むことによって自分の技術が向上できたと実感できると、とても達成感を感じます。

ヨーロッパでは女性の活躍も多くみられる業界

―― 女性で活躍されている方も多いですか?

今活躍している人は男性が多いですが、女性で活躍している方も多いですよ。

ヨーロッパのアトリエに行くと半数以上は女性がお仕事をされています。女性がビジネスシーンで活躍の場を広げられているので、少しずつですが女性のテーラーさんが増えていくのは自然な流れかもしれません。

私の知り合いでも専門学校を卒業して今年から都内にあるテーラーさんの門を叩いた女性がいます。オートクチュールやアパレルメーカーに至っては、女性が在籍している比重の方が大きいですしね。


―― 最後に五月女さんのテーラーとしてのこれからの野望、夢を教えてください。

大きな野望になりますが、東京一のテーラーになることが目標です(笑)。「腕利きのテーラーなら、Armonia del Sartoの五月女」と言っていただけるようにこれからも技術向上を目指して勉強を続けていきたいです。

また、自分のスタイルを貫いたオーダーメードスーツを作り続けていきたいです。伝統的なスーツの良さも受け継ぎつつ、時代に合ったスタイルや新しい技術を取り入れた職人として支持されるようなテーラーを目指しております。



伝統を残しつつ、新しいスーツを発信していきたいと語る五月女さんの目はキラキラ輝いていて、テーラーとしての誇りと自信を感じました。

五月女さんのスーツは、スーツにあまり詳しくない人にも分かるほど丁寧に仕立てられていて、その人柄が出るものなのだなと実感しました。今回テーラーに興味を持った方は、近くのオーダーメードスーツ専門店のテーラーさんに話を聞きに行ってみてはいかがでしょうか。


【profile】Armonia del Sarto 店長
テーラー(注文紳士服製造) 五月女泰彦
http://armonia-del-sarto.com/

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「テーラー[注文紳士服製造]」
はこんな仕事です

顧客から注文を受けて紳士服をつくる仕事。手掛けるのはスーツ、ジャケット、パンツ、シャツなど。布材やデザイン希望などを聞き、着る人の身体のサイズを細かに採寸。次にパターン(型紙)を起こし、生地を裁断・縫製。客の身体にぴったりとなじみ、動きやすく丈夫な服を手作業でつくる。あらゆるジャケットやスーツデザイン、生地の知識だけでなく、着る人の完成イメージをつかむ能力が必要。専門学校で縫製技術を習得し、アパレルメーカーやテーラーメイドの店でアシスタントから経験を積み、腕を磨くことが大切だ。

「テーラー[注文紳士服製造]」について詳しく見る