【シゴトを知ろう】バレリーナ ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】バレリーナ ~番外編~

2017.10.05

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】バレリーナ ~番外編~

短期大学卒業後にアメリカのバレエ団に入った小野真理子さん。帰国後は日本のバレエ団や劇団四季などでダンサーとして活躍し、現在はフリーランスのダンサーとしてバレエの舞台に立ったり、体の使い方を教えるスタジオを主宰されています。バレエと他のダンスとの違いや、バレエダンサー(バレリーナ)のキャリアについて伺いました。

この記事をまとめると

  • バレエは職人技であり、究極の踊り
  • 第二の人生は指導者・振付家・衣装デザイナー・バレエ団運営などさまざま
  • 先生に依存せず、視野を広く持ち自分で判断することが大事

四六時中考えていて楽しいと思えることがあるのは幸せ

――お仕事にまつわる“あるあるエピソード”があれば教えてください。

バレエダンサーは日頃から「ターンアウト」と言って股関節を外旋させる動きをしているので、普段からガニ股歩きになってしまいます。姿勢が良いことも特徴です。信号待ちでボーッと立っていたつもりでも「先生、舞台に立っているみたいでしたよ!」と生徒さんに言われたことがあります(笑)。

また、バレエダンサーは何か一つやると決めたことに対してストイックになりやすいかもしれません。私も今、体の使い方を教えることに夢中になっていて、普段からそのことばかり考えています。四六時中考えていて楽しいと思えることがあるのは幸せなことですね。


――バレエダンサーとして仕事をするなら海外のバレエ団に入る道が一般的なのでしょうか?

現状はそうだと思います。私もアメリカのバレエ団の情報を調べ、オーディションを受けて入団しました。今ならインターネットで検索すれば世界中のバレエ団の連絡先を入手できると思います。

日本にもいくつかバレエ団はありますが、プリンシパル(バレエ団のトップクラスのダンサー)の人しか定額のお給料はもらえていないと思います。バレエ団に入ることはできても生活していけず、親の援助を受けたりアルバイトをしながら続けている人も多いです。

私が日本のバレエ団に所属していたときは、踊ること以外にもチケットを売ったり衣装を洗濯したりという仕事がありましたが、海外のバレエ団にはスポンサーがついていることが多く、踊ることだけに専念できます。本気なら海外を目指さないといけませんが、全員海外へ出てしまうと日本のバレエ文化が育ちません。子どもたちに「バレエダンサーになりたい」と言われると伝え方に悩むことがあります。

人生や命を捧げる仕事

――バレエが他のダンスと決定的に違うところは何でしょうか?

他のダンスはダンサーと観客が同じ目線であることが多いと思いますが、バレエの舞台は一段高いところにあります。尊いものという言葉が当てはまるかは分かりませんが、気軽にはできない職人技というか、別世界という感じはあると思います。

体の使い方も全く違います。他のダンスは押す力で踊りますが、引く力で抵抗するように踊るのがバレエです。1曲踊るだけでもすごく疲れます。トウシューズを履いて踊るときはなおさらです。究極の踊りであり、人生や命を捧げる仕事だなと思います。日々の生活の中で、人がそこまで何かに打ち込んでいるものを見る機会ってそうそうないのではないかと思います。心が豊かになる経験ですから、ぜひ一度見に行ってみてほしいなと思います。


――バレエダンサーが引退する年齢は以前に比べて上がってきているのでしょうか。

そうですね。トウシューズやトウパッドが改良されて、足への負担が軽くなってきたこともその理由の一つです。昔のトウシューズは構造が悪くて足に重い負担がかかっていたようで、バレリーナたちはクッション材として牛肉を詰めていたと聞いたことがあります。都市伝説のような話ですよね(笑)。


――バレエダンサーは引退後どのようなキャリアを歩むのでしょうか。

現役時代は誰もがプリンシパルを目指すものですが、引退後のキャリアはさまざまです。本人が望めば引退後でも特別公演のような舞台に上がる機会もありますし、指導者の道へ進む人もいます。

振付家や衣装デザイナー、バレエ団運営などを目指す人もいます。日本ではバレエダンサーとして生計を立てることが難しいため、経済的な状況に応じてその後のキャリアを考える人もいるでしょうし、運良くプリンシパルになれても体を酷使し過ぎて不調をきたし、次の道を探し始める人もいます。私は早めに「体の使い方」に関する勉強を始め、教える仕事へシフトしていきました。

いろいろな先生の意見を広く聞いた方がいい

――小野さんの主宰するスタジオにはどんな方が教わりに来られるのですか?

最近はバレエの先生が増えていますが、趣味でバレエをやっている一般の方もいらっしゃいます。看護師さんやお医者さん、編集者の方など普段のお仕事が忙しい方が多いのですが、レッスンで体をリセットしないと逆に疲れるということをおっしゃっています。自分から逃げないストイックな方が多いですね。私も刺激を受けています。

――これからチャレンジしたいことはありますか?

夢はたくさんあります。自分がこれまで習ってきたバレエの常識は必ずしも正解ではないことが分かり、今はそのバレエメソッドを再構築しているところです。そしてそれをバレエの先生に伝えていくことに今後ますます力を入れていきたいです。先生たちの理解が深まれば、良いバレエダンサーが増え、良いバレエの公演ができ、最終的にお客さんにも還元できると思うんです。

また、もっと気軽にバレエを楽しんでほしいという思いがあるので、身近で見られるバレエの公演を企画したり、バレエを通したボランティア活動もしていけたらいいなと思っています。


――最後に、バレエダンサーを目指す高校生へのアドバイスがあればお願いします。

なるべくいろいろな先生の意見を聞いた方がいいと思います。真面目過ぎるが故に先生の言うことを絶対だと思い、無理してけがをしてしまうこともあります。私自身も間違った練習で背骨にヒビが入ったことがあり、それが自ら学ぶきっかけとなりました。

先生の言う通りに頑張ってやってみてもうまくいかないなら、アドバイスがその人に合っていないのかもしれません。先生に依存せず、視野を広く持ち、自分で判断できるようになってほしいなと思います。



「先生に依存しない」ということはさまざまなことに当てはまりそうですね。大切なのは自分で考えること。アドバイスの通りやってもうまくいかなければ、いったん立ち止まって別の可能性を考えることも大切なようですね。


【profile】スタジオAWAKE主宰 小野真理子
http://studioawake.web.fc2.com
https://ameblo.jp/barrepilates/

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「バレリーナ」
はこんな仕事です

劇場でクラシックバレエを踊る仕事。バレリーナは主に女性の踊り手を指すことが多く、バレエダンサーと総称されることも。主役がプリンシパル、ソロを担当するのがソリスト、そのほか大勢の踊りを担当するのがコールドなど、役割が分かれている。子どものころからバレエ教室に通い、国内外のコンクールなどで好成績を収める必要がある。名門バレエ団の入団審査はとりわけ狭き門であり、入団後も基礎訓練を続け、美しい体型の管理や芸術的感性を磨くための自己研鑚が欠かせない。

「バレリーナ」について詳しく見る