【シゴトを知ろう】視能訓練士 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】視能訓練士 編

2017.10.04

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】視能訓練士 編

学校で行う健康診断の他、眼鏡やコンタクトを作るときにも行われる視力検査。今回取材させていただいた前田瀬奈美さんは、医療専門学校の見学会で視力検査の機械に触れて面白さを感じ、視能訓練士になろうと思ったそうです。視能訓練士とは、一体どのような仕事なのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 視力検査や弱視・斜視の訓練、視力が低下した人への道具の案内などを行う仕事
  • 人間にとって目が見えなくなる恐怖はとても大きい
  • 医療資格は全国どこでも働けて出産後も復帰しやすいというメリットも

やりがいは大きいが、プレッシャーも大きい

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

眼科に勤務し、視力検査や病気で視力が低下した方に必要な道具を紹介するロービジョンケアというサポートなどを行っています。患者さんの多くはお年寄りや子どもで、中間の世代の方はコンタクトレンズの検査で来られる方が多いです。お年寄りで多いのは白内障の手術で、その他には老眼鏡を求めて来られる方、糖尿病で目に症状が出ている方、加齢黄斑変性などの症状を抱えて受診される方の検査などを行っています。子どもの場合は斜視(*1)や弱視(*2)の治療が主で、検査をしてその子に合った度数の眼鏡を作ったり訓練を行ったりしています。

<一日のスケジュール>
8:30 出勤
9:00 診察
12:00 昼休み(老人ホーム等へ往診に行くことも)
14:00 診察
18:00 終業

*1 斜視:ものを見る時、片方の目は正面を向いているが、もう片方は違う方向を向いている状態
*2 弱視:眼鏡をかけても視力が上がらない状態


Q2. どんなときに仕事の楽しさ・やりがいを感じますか?

やりがいを感じるところはたくさんあります。例えば視力が低かったお子さんが、眼鏡を作ったり訓練を行ったりすることで改善されると大きなやりがいを感じます。お母さんから信頼していただき、次の検査で指名されたりすることもうれしいです。

大人の患者さんの対応にもやりがいがあります。当院では白内障の日帰り手術を行っているのですが、皆さん最初は「見えなくなったらどうしよう」と不安で暗い表情をされていることが多いんです。でも白内障は手術をすれば治ります。見えるようになって喜んでいる患者さんの姿を見たり、「ありがとう」と言っていただけるとうれしいですね。


Q3. 仕事の大変さを感じるのはどんなところですか?

やりがいと紙一重ですが、プレッシャーが大きいことです。眼鏡を処方するとき、もし度数の調整を間違えてしまうと視力の悪化につながってしまいます。また白内障の手術前検査でも、度数を間違えれば近視を引き起こしてしまうことがあります。白内障は目のレンズが濁っている状態なので普通の検査よりも難しく、経験や技術が求められます。当院には複数の視能訓練士が勤務しているので、難しい症例には2名でチェックを行い、エラーを防いでいますが、常に細心の注意が必要です。

病院で働きたくて医療資格を調べた

Q4. どのようなきっかけでこのお仕事に就きましたか?

小さい頃から病院で働きたいと思っていました。高校生の頃に歯科助手のアルバイトをしていたので歯科衛生士になることも考えたのですが、他の医療資格を調べていくうちに、「視能訓練士」という資格に興味を持ちました。自分自身が子どもの頃からコンタクトレンズを買うために、眼科へ通っていたことも影響していると思います。

その後専門学校の学校見学へ行き、検査する側として体験させてもらった経験が面白くて入学を決めました。あまり人とかぶらない資格であることにも魅力を感じましたね(笑)。


Q5. 専門学校ではどのようなことを学びましたか?

3年制の医療系専門学校に通いました。1年生では生物・物理・統計学などを学び、2年生では視能矯正学や生理光学を学んだ他、生徒同士で検査を行う実技の授業もありました。3年生になると半分くらいは病院での実習で、後半からは国家試験対策の勉強にも力を入れました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢や経験したことが、現在のお仕事につながっていると感じることはありますか?

高校では「準理系」といって、医療系を目指す生徒を対象にした生物メインのコースを専攻していました。当時はまだ視能訓練士のことは知らなくて、漠然と医療系に進みたいと思っていたくらいでした。でもこのときに生物を多めに勉強した土台はその後役に立ちました。

病院で働くには意思の強さが必要

Q7. どういう人が視能訓練士に向いていると思いますか?

医療系の仕事全般にいえると思いますが、意志の強い人が向いていると思いますね。病院にはいろいろな患者さんがいらっしゃるので、干渉し過ぎても冷たくし過ぎてもいけません。相手によって対応を変えないといけないこともあります。目が見えなくなることへの不安感は誰にとっても大きいものです。私たちはそのことを忘れず、思いやりの気持ちを持って接する必要があると思います。

意志の強さはハードな実習を乗り切るためにも必要です。私は3カ月かけて3カ所の病院で実習しました。その3カ月間は、今までの人生で最もつらいといっても過言ではないくらいでした。先輩たちも厳しかったですね。医療行為をしているわけですから、実習生だからといって失敗していいことなんて一つもありません。責任を持ってやりなさいと教えるためにあえて厳しくしてくださったのだと今は分かります。今の自分を支える重要な3カ月ではありましたが、相当きついものであることは覚悟しておかないといけません。

また、眼科は子どもの患者さんが多いですが、子どもたちはなかなか素直にいうことを聞いてくれません。それぞれの子どもたちに合わせた対応をし、思い通りに検査が進まないときにも笑顔で接する気丈さが求められます。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

私はそれほど優秀な高校に通っていたわけではなかったので、大学卒の肩書きよりも専門学校で国家資格を取った方が将来有利だと考え、専門学校に進みました。専門職のメリットは大きいと思います。また、医療資格は特に女性の場合、全国どこでも働けて産後も復帰しやすいというメリットもあります。親御さんに言われて「大学に行かなきゃ」と考える人も多いかもしれませんが、私のような選択肢があることもぜひ参考にしてください。



病院で働きたくてさまざまな医療資格について調べ、「これだ!」と思える資格に出合えた前田さん。こんな職場で働きたいというぼんやりとした憧れやイメージから職業を絞っていく考え方も参考になりますね。


【profile】菊地眼科クリニック 視能訓練士 前田瀬奈美
http://kikuchi-eye.com

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「視能訓練士」
はこんな仕事です

視能訓練士の主な仕事は、弱視や斜視など目に障がいのある患者の視力回復をサポートすること。眼科医の指導の下、病院に来る患者に対して目の一般検査を行っている。眼疾患は早期発見、治療が大切なため、視能訓練士の検査業務は重要な役割を果たす。また眼科医と力を合わせ治療プログラムの考案をしたり、矯正訓練を実施。ほかにも、視力が低下した患者に対しては、拡大鏡などの補助具の使い方をレクチャーする。勤務先は、総合病院の眼科や、眼科診察所などとなる。

「視能訓練士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける