コンビニの中に相談窓口!? 高齢者にやさしい「介護コンビニ」って何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

コンビニの中に相談窓口!? 高齢者にやさしい「介護コンビニ」って何?

2017.09.08

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

コンビニの中に相談窓口!? 高齢者にやさしい「介護コンビニ」って何?

普段、私たちがお弁当やお菓子などを買いに行くコンビニ。最近では、通販で買った商品を受け取ることができるなど、さまざまな便利なサービスが生まれていますが、高齢者へ向けたサービスも新たに生まれていることをご存じですか?

この記事をまとめると

  • 高齢者を地域で支えるための拠点として、今、コンビニが活用されている
  • コンビニでさまざまな介護サービスが広がっている
  • 「介護学」を学び、よりよい介護のあり方について考えることは、「介護・福祉サービス」業界の仕事に生かすことができる

高齢者を地域で支える「地域包括ケアシステム」の拠点として

日本は今、4人に1人が高齢者であるといわれています。高齢社会の日本は、高齢者をどう支えていくのかという問題に直面しています。世帯や経済状況によって、高齢者が高齢者を介護せざる得ない「老老介護」なども問題になり、現代では地域をあげての高齢者へのケアが求められるようになりました。

そこで、近年では高齢者を地域で支える仕組みとして「地域包括ケアシステム」の構築が声高に叫ばれています。高齢者が住み慣れた街で、介護や医療、サービスなどを受けられるように市区町村などの自治体が中心となり、高齢者へのサポート体制を整備していこうという仕組みです。現在、この高齢者を地域で支えていく地域包括ケアシステムの拠点として、コンビニが活用され始めているのです。

コンビニで介護予防教室!? コンビニでの介護サービスの広まり

例えばローソンでは、2015年よりケア(介護)拠点併設型店舗「ケアローソン」を展開し始めました。従来のコンビニのサービスにプラスして、レトルトの介護食や介護の際に使う日用品などを販売し、さらに店内には介護相談窓口やサロンスペースが併設されています。健康や介護についての情報発信やイベントなどの開催をケアローソンで行うことで、地域との交流を図っていくサービスが進められています。私たちの生活にとって便利な存在であるコンビニが高齢者の相談や集いの場になれば、高齢者の日々の暮らしのサポートにつながるだけでなく、幅広い世代が交流するコミュニケーションの場としても役立ちそうです。

また、同じくローソンでは2018年2月末までに、現在70店舗で行われている車による移動販売を全国200店舗で展開すると発表しました。この移動販売は、チルドや冷凍などの食品を販売する車と、常温品を販売する車を地域の特性ごとに使い分けて食品などの販売が行われる予定で、そこでは介護用品も取り扱われるようです。スーパーやドラッグストアまで足を運びづらい高齢者にとっては、遠方まで足を運ばずとも買い物がしやすくなりそうですね。

また、今年4月にセブン-イレブンは、団地内に出店を行う“団地住民向けコンビニ”の開発を始めました。全国で約100店を目指すこの団地内出店は、買い物などに悩む高齢者への食事宅配などのサービスや生活用品購入のサポートなどを通して、住民を支えることを目的として開始されたものです。

郊外にある団地などで、買い物に行きたくても遠いために行くことができないなど、日常生活に不自由を感じている高齢者に向けて、食事宅配の他に、電球交換など身の回りの悩みに対応するサービスも検討されています。

他にも、ファミリーマートとスーパーを展開するAコープ西日本が2015年に共同で出店した店舗では、セルフサービス式のカラオケルームが店内に設置されたり、介護予防教室などが開催されたり、地域の高齢者へ向けたサービスが行われているようです。

「介護学」を学ぶことで、よりよい介護のあり方について考えるきっかけになる

今回紹介した「コンビニを拠点とした高齢者支援サービス」などのような、よりよい介護のあり方について考えるのが「介護学」という学問です。介護学では、高齢者を心身ともに理解し、生活支援に必要な知識や技術を身に付けていきます。

介護学の学びは、実際に高齢者へ向けたサポートを行っていく介護・福祉サービス業界でも生かすことができます。高齢者がより住みやすい環境や仕組みづくりに興味がある人は、介護・福祉サービス業界の仕事が向いているかもしれません。

「介護学」での学問や研究、介護・福祉サービス業界に興味を持った人は、高齢者がより自分らしい生活を送るためにはどうすればいいかという視点を持って世の中を見つめてみると、今回紹介したコンビニと介護の連携のような新しい発見があるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

大きな戦争の減少、食糧事情の向上、医療技術の発達などにより、おもに先進国では平均余命が伸びています。同時に、生きてはいるけれども健康ではないという、要介護状態の高齢者が増加し、医療費の伸びや介護保険費の膨張など、大きな問題が山積しています。福祉は、子どもから高齢者まで人間の発達段階に応じた社会支援の理想的なあり方を探求します。個人だけでは解決できない問題を、集団・組織として考える視点を学びます。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「介護学」
はこんな学問です

身体や心に障がいを持った人々を支えるために、科学的な根拠に基づく生活支援技術を身に付ける学問。また、社会福祉制度についても学び、それを活用することで社会の幅広い分野で活躍できる専門知識を身に付けていく。将来は、お年寄りや身体障がい者福祉施設で働く介護福祉士、介護の知識と技術の両方を兼ね備えた社会福祉士、音楽療法士、介護保険事務管理士、医療機関・行政機関でお年寄りや障がいのある人々を支援する専門家をめざす。

「介護学」について詳しく見る