【シゴトを知ろう】振付師 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】振付師 編

2017.09.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】振付師 編

ダンスの立役者として、最近ではメディアでも取り上げられることが多くなった「振付師」という職業。高校生の頃から振付師を志し、今では倖田來未さんや少女時代の振付を担当するなど、第一線で活躍するFUKO(フウコ)さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 曲への理解を深め、アーティストが実際に踊れるように振り付ける仕事
  • 日常の中に振付のヒントはたくさん転がっている
  • ものづくりが好きで探究心の強い人に向いた職業

ものづくり+ダンス=振付師という仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
私は主に、アーティストのライブやテレビ、ミュージックビデオ用の振付を担当しています。新しく曲をいただいたら、まずは1週間くらい聞き込んで振付を考えます。その後はダンサーに実際に踊ってもらったものをビデオに撮影し、アーティストや制作の方に確認してもらいます。そして了承が得られたら実際に振りを指導する「振り移し」に入るという流れです。アーティストのダンス以外にも、CMを担当している方やミュージカルの舞台の振付を担当している方などもいます。

<1日のスケジュール>
10:00 スタジオ入り
午前中 ダンサーに振り移し
12:00 アーティストの方に振り移し
14:00 フィッティング
16:00 本番を想定したリハーサル
19:00 帰宅

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

なんといっても自分の好きなダンスとものづくりを仕事にできていることですね。担当する振付に全力を尽くすことはもちろん大事ですが、多くのスタッフと一緒につくり上げていくものなので、出来上がるまでにはさまざまな過程があります。形となって世に出たときは、毎回飛び跳ねたいくらいうれしいです。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

以前は振付師に加えダンサーのお仕事もしていたので、仕事の両立が一番大変でした。ダンサーとして、テレビ収録を月に5〜6本、ミュージックビデオの撮影を2日連続で行うというスケジュールの中で振付をしていました。当時はお休みが1日もありませんでした。

駅のホームや公園での人間観察が振付に生かされる

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

7歳の頃にモダンバレエを習い始めたのが、ダンスとの出合いです。踊ることは大好きだったのですが、ダンサーは年齢や体力的な理由から活動期間が限られている職業だということに10代の頃気付きました。一方、美術や工作の授業などものづくりも好きだったので、長く働けて、ものづくりとダンスが同時にできる振付師という職業に辿り着きました。


Q5. 高校卒業後は、どのようにダンスや振付を学びましたか?

卒業後は、大学や専門学校には進まず、アメリカにダンスの勉強に行きました。親や周りの人からは「無理だ」と言われたけれど、絶対にできると信じていたので不安はありませんでした。海外でストイックな姿勢を持つ人たちに出会えたことで、自分の世界がぐんと広がりましたね。帰国してからは、自分のダンスをビデオに録画してダンススタジオやレコード会社に持ち込むなどして仕事を獲得していきました。 


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

当時から振付師になりたいと思っていたので、常に振付に役立つものはないかと考えていました。舞台を見に行くだけでなく、人の歩き方や振り向くタイミング、光がどんな角度で当たると表情が柔らかく見えるのかなどを、駅のホームや公園で観察していました。こうした独自の研究が今の振付にも生かされていると思います。

振付師は職人的な仕事。理数系の人にも向いている!?

Q7. どういう人がこの仕事に向いていると思いますか?

やはり探究心がある人が一番ですね。ものづくりが好きな人に向いていると思います。あと、振付をする際は一方向からの視点だけでなく、客席やカメラワークも意識して考えなくてはなりません。ダンスを組み合わせる作業はパズル的な側面もあるので、意外と理数系の人に合っているかもしれません。ちなみに私も高校の時は理数系のクラスにいたんですよ。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

目の前の1分1秒を大切にしてほしいです。もし振付をしたいなら、普段していることや呼吸の仕方を研究するだけでも、新しい発見が得られるはずです。文化祭でステージに出てみるなどの方法もあります。テレビやスマートフォンのモニターを覗く時間がどうしても長くなってしまうと思いますが、さまざまな物事を自分の五感や肌で感じる時間を設けてみてほしいと思います。
 

 
冗談を交えながらフランクにお話してくれたFUKOさん。振付をするには、ダンスの技術だけでなくちょっとした動きや息遣いなど、日常の中にあるたくさんのヒントをすくい集めることが大切なのだと教えていただきました。振付やダンスに興味がある人は、今日からできることを探してみてはいかがでしょう。
 
 
【profile】振付師 FUKO

現在は、ETCダンススクールにて「プロダンサー育成プロジェクト」特別講師としても活躍中
http://www.e-t-c.net/news/prodancerclass

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「振付師」
はこんな仕事です

ダンサーや歌手に振り付け(踊りの動きを考え、踊り方を指導)を行う仕事。舞台や各種イベント、テレビなどで、内容や曲に合ったダンスを一からつくり上げる。近年はCMやライブショーなど活躍の場も多い。現役・引退後を問わず、ダンサーとしての経験は不可欠で、仕事内容によっては、専門ジャンルの枠を超えた幅広い芸術性が問われることも。ダンスのスキルを磨き、コンテストやオーディションなどで知名度を上げていくことが望まれる。バックダンサー経験や振付師のアシスタント業務も役立つ。

「振付師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける