【シゴトを知ろう】大道具に関する職業 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】大道具に関する職業 編

2017.09.19

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】大道具に関する職業 編

私たちが、日頃何気なく見ているテレビ番組・映画・テレビCMなどの映像作品において、その印象を左右する要素の一つが舞台装置である美術セットです。
大道具は、美術セットの中でも一番大枠の骨組み部分を作る仕事です。今回は、株式会社ゼファーで大道具として活躍する多田哲也さんに、その仕事内容について語っていただきました。

この記事をまとめると

  • 大道具は美術部の中の一部門。美術セットの骨組み部分の造形を担当する
  • 重いものを運んだり、ロケの際は厳しい天候や時間帯で働くことも
  • 撮影現場では他部署との関わりが多い。コミュニケーション力が不可欠

美術部の一部門としてセットの骨組み部分を製作する

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
CM・ミュージックビデオ・テレビドラマ・映画・企業プロモーションビデオなどの撮影をする際に、映像に映るものを製作する仕事です。動画だけでなく、グラフィック・スチール・広告写真などの静止画に関わる仕事もあります。大道具は主に「セット」と呼ばれる美術装飾の骨組み部分を担当します。

映像の仕事は分業制で、「撮影部」「照明部」などいろいろな部署があります。大道具は、「美術部」の中の一部門です。美術部の他の部門としては「小道具」や「塗装」などがあります。

仕事の流れとしては、まずデザイナー作製のデザインを元に、作る世界観やクライアント・監督の要望などを打ち合わせします。打ち合わせ後は、美術会社の作業場で図面に従って必要なものを製作します。

事前に作ったセットは、撮影当日にばらした状態でトラックに積み込みスタジオに搬入します。搬入後は、建て込み(業界用語でセットを組み立てること)をします。時間がない場合や図面が間に合わない場合、事前に作業場で作って持っていけないものの場合は、その場でセットを製作することもあり、ケースバイケースです。

CMの仕事が多く、広告主の決算の関係で4月から6月と年末年始は比較的ゆとりがありますが、それ以外の時期は、基本的に年中忙しいですね。

<一日のスケジュール>
9:00 製作業務開始
12:00 昼休憩
13:00 製作業務再開
17:00 作業終了 帰宅
   
※撮影日に関しては、作品によって早朝のこともあれば夜中のこともあり、現場次第でかなり異なるスケジュールとなる。作業所と現場での仕事の割合は1:1くらい。

 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
仕事を始めた当初は何も分からず、ただ体を動かして言われた通りにやっていたんですけれど、気が付いたら、なんだかすごいものが出来上がっているという達成感がありました。

また、現場も作る作品も一つひとつ違い、毎日する作業に変化があるから楽しいです。この仕事はマニュアルがあってないような仕事なので、自分の技術と想像力を駆使して、好きなように仕事を進めることができるのも面白いところです。

限られた時間の中での作業になるので時には徹夜などもあってきついときもありますが、時間内にきっちり間に合わせて良いものを作ることができ、撮影が無事に終わったというときには充実感を感じますね。

仕事現場は、都度異なるプロジェクトの完成に向けてチーム一丸となって作業を推し進めていくという、一種の祭りを行っているような状態になります。決まった作業が苦手で、刺激がほしい人に向いている仕事だと思いますよ。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

日頃、会社の作業場での仕事については9時〜17時で作業を完結させるようにしていますが、撮影に関しては、時間や天候も含めて全て現場の都合次第です。土日も関係ありませんし、急に撮影が入ることもあります。そのため、いつ休めるかが確定するのは1〜2日前となってしまいます。取れる日には休みを取っていますが、やはりこの仕事を続ける大変さは、休みが定まりにくいことだと思いますね。

また仕事柄、日常的にいろいろな材料を担いで運んだりすることは多いです。ロケーション撮影では、真夏の炎天下や極寒の雪の降る中での作業になることもあります。雨に濡れたり、埃まみれになったりもします。肉体的にはハードな仕事だと思います。

仕事を始めた当初はものすごく忙しい時代。現場で一から仕事を覚えた

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?
 
高校卒業後、大道具のアルバイトをしていた友だちに、一緒にやらないかと誘われてこの業界に入りました。当初はあまり興味はありませんでしたが、じゃあちょっとやってみようかと軽い気持ちで始めました。


Q5. この仕事に就くために学ばれたことはありますか?
 
この仕事は現場で一から覚えていく仕事なので、事前に特に何かしたということはありません。僕が仕事を始めた時代は、ものすごく忙しくて仕事ならいくらでもあるという状況でした。ですので、派遣という形でいろいろな美術会社に日替わりで行き、多種多様な現場で仕事をするスタイルをとっていました。その結果、幅広く仕事について学べたことは良かったと思います。

当時は現場のアルバイトから業界に入ってくる人が多かったですが、今は映画の製作業務を教える専門学校で美術や大道具について学ぶか、美術大学を経て業界に入ってくる人が大半を占めていると思います。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
子どものころはスポーツ少年で、釘を打ったこともありませんでした。ただ、昔からもの作りをすることは好きだったし、どちらかというと器用な方だったと思います。仕事を始めた当初は、大工仕事についてまったくの不案内でしたが、手先の器用さで対応できたかなというところはあります。

現場で多くの人とコミュニケーションを取りながら仕事を進める

Q7. 大道具の仕事をするのにどういう人が向いていると思いますか? また必要な適性や資格はありますか?
 
トラックでセットの運搬をするため、2トントラックの運転ができることが必須です。2トントラックは、普通自動車免許を持っていれば運転可能な車両ですが、やはり乗用車と違いいきなり運転するのは難しいです。ですが、先輩に同乗してもらってアドバイスを受けながら徐々に慣れるようにすれば、1年ほどで小柄な女性でも大抵運転できるようになりますよ。仕事に関しては特に資格などは必要ありませんが、体力があり、体を動かすのが好きな人が向いています。

また、会社に応募してくる人の中には、ものを作るのが好きで、ずっと製作作業だけに集中していたいというタイプの人も結構いるのですが、この仕事は現場で日々新しい人たちに出会い、関わらなければ立ち行かない仕事です。特に撮影現場で他部署の人たちと譲り合ったり交渉したりしながら上手にコミュニケーションを取って作業を進めていかないと、納期に間に合わなくなることもあります。ですので人と話したり、関わったりすることが苦手な人は克服する努力が必要かなと思います。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
大道具の仕事が気になっていたり興味があれば、インターンシップ制度などを利用して勤務してみるのも一つの手だと思います。失敗を恐れずに、まずは飛び込んでみるといいのではないでしょうか。

もの作りをするといっても、大道具の作業は、町工場とも建築現場ともちょっと違いますよね。撮影現場が好きで、みんなで一つの作品を作っていくということが好きだという人にとっては、仕事を通じていろいろな作品に関わっていけるし、面白みのある仕事なんじゃないかなと思います。
 
 

大道具は撮影現場の重要なセクションの一つとして、みんなで作品を作り上げていく仕事です。変化に満ちた興味深い仕事ですね。インターンシップ制度を設けている美術会社もあるとのことなので、この仕事に興味を持った人は、挑戦してみると良いかもしれません。
 
 
【profile】株式会社ゼファー 多田哲也
株式会社ゼファー
http://www.zephyr.cc/

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「大道具に関する職業」
はこんな仕事です

テレビ番組、舞台、コンサートなどで美術セットをつくり上げる仕事。ドラマでは設定に合った部屋を作製したり、歌番組やコンサートでは、アーティストを盛り上げる背景を設置したりする。セットで雰囲気が決まるので重要な役割を担う。仕事内容は、主に大掛かりなスタジオセットづくり、背景の描き出しと、銅像や模型などの造形物もつくる。セットをスタジオで組み立てたり、解体も行う。大掛かりなセットを組む場合は、本物のとび職人が参加することもある。材料の搬入以外に釘打ちや大工仕事もあって専門性は深い。

「大道具に関する職業」について詳しく見る