【シゴトを知ろう】入国審査官 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】入国審査官 編

2017.09.19

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】入国審査官 編

皆さんは、海外に出かけたことはあるでしょうか。異国の空港に到着して入国する時には必ず審査ブースを通過しますが、そこでいくつか質問をされます。これは「入国審査」と呼ばれるもので、危険人物など好ましからざる人物の入国を防ぐことなどを目的としています。今回は成田空港の入国審査官として活躍する山﨑泰さんに、仕事の詳しい内容などを伺いました。

この記事をまとめると

  • 空港で、出入国審査を行うことが主なお仕事
  • 「不法入国」「不法滞在」などの法律違反を未然に防いでいる
  • 毅然とした態度で相手に対応しなければならないことも

入国審査官は、日本社会の安全を守る仕事

Q1. 最初にお仕事の内容と、一日のおおまかなスケジュールを教えてください。

日本に入国、もしくは出国する人のパスポートや同一性の確認をしています。入国する外国人の方には、入国カード(EDカード)を確認した上で、入国目的や日本での滞在期間・帰りの飛行機のチケットの有無などを質問し、日本に入国しても問題のない人物かどうかチェックします。その他にも、審査場が混み合ってきた際は場内整理やお客さまへの案内業務などを行なうこともあります。

成田空港支局に勤める入国審査官の勤務時間は大きく「日勤」と「夜勤」に分かれており、いくつかのパターンがありますが、概ね、日勤の場合は7:30~16:00、夜勤の場合は昼12:00~翌日10:45までが勤務時間になります。私は夜勤を担当しているため、夜勤の1日のスケジュールをご紹介します。

<夜勤の日のスケジュール>
12:00 出勤、打ち合わせにて注意事項などを共有
     審査ブースにて出入国審査業務、事務室にて書類仕事など
22:00 片付け作業など
0:00 一旦業務終了、仮眠休憩
5:30 業務再開、打ち合わせ、審査ブースにて出入国審査業務
10:45 業務終了


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

在留期間が過ぎているにもかかわらず、日本にとどまっている不法滞在者は「オーバーステイ」と呼ばれており、彼らの存在は社会問題にもなっています。オーバーステイになる可能性のある外国人は、日本に入国させないことが我々の仕事です。

また、テロリストのような危険人物の入国を未然に阻止することも大切な仕事であり、日本社会の安全を守っているという自負を持って働いています。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

観光地としても人気の日本には、世界各国から多くの観光客が訪れます。入国する外国人が特に多い時期は、審査ブースに長蛇の列ができてしまうことも。厳格に入国審査をすることを心掛けつつも、お客様を長く待たせないよう迅速に処理しなくてはならないため、そのようなときはかなりの集中力を求められます。

責任感が強く、粘り強い人が向いている

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

大学では英語や中国語などの語学を学んでいたので、漠然と語学力を生かせる仕事に就きたいと考えていました。また、公務員職を希望していたということもあり、就活中はさまざまな公務員職について調べました。そんな中で多くの外国人の方と接することができるうえ、語学力を生かすことのできる入国審査官という仕事に興味を持ったのがきっかけです。


Q5. 大学では何を学びましたか?

高校時代から歴史に興味を持っていたため、大学では文学部の史学科に進み、主に中国史を中心に学びました。また、外国語も積極的に学びたいと思っていたので、英語をはじめとするさまざまな言語も積極的に履修しました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

課外授業の一貫で、福祉施設での業務を手伝った経験があります。それがきっかけとなり、社会や人の役に立てるような仕事に就きたいと考えるようになりました。また当時から好きだった歴史について詳しく学ぶうちに、徐々に海外文化にも興味を抱くようになりました。これも現在の仕事に就くきっかけの一つです。


Q7. どのような人が入国審査官に向いていると思いますか?

責任感が強く、もしもの時には毅然とした態度で相手に接することができる人が向いています。不法滞在などをする可能性のある外国人に対しては、ひるむことなく掘り下げた質問をしなくてはなりませんし、危険人物と判断した場合は特別審理官(*1)に引き渡すなど、然るべき処置をとる必要があります。
不法入国や危険人物の入国をできる限り防ぐためには、不可欠な要素と言えるでしょう。

(*1)特別審理官:入国審査官から引き渡された外国人などに対して、より掘り下げた質問や調査などを行い上陸の可否等を判断する上位の審査官


Q8. 最後に高校生に向けてメッセージをお願いします。

進学や就職など、これから皆さんはさまざまな進路に進まれると思いますが、まずは現在の高校生活をしっかりと楽しんでほしいです。高校時代の良い思い出は、あらゆるシーンで自らの支えになってくれます。
また、将来の夢が具体的に決まっていなかったとしても、不安になる必要はありません。将来の進路を決めつけないで自分の可能性をどんどん広げ、いろいろなことにチャレンジしつつ将来の進路を探ってほしいと思います。



空港というと、さまざまな国の人々が訪れる国際的な場。それゆえ、入国審査官という職業に対して、華やかなイメージを抱く人は多いのではないでしょうか。しかし実際は、集中力や判断力、そしてイレギュラーな事態にも対応できる柔軟性などが求められる職業だということが分かりました。また、危険人物の侵入も防ぐ彼らは、日本社会や人々の暮らしを守るという責任重大な仕事を担っているといえるでしょう。

【Profile】成田空港支局 入国審査官 山﨑 泰

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「入国審査官」
はこんな仕事です

海外へ行く際、飛行機や船に乗る前に、出国審査の窓口でパスポートやチケットを提示する。帰国する際はそれが入国審査の窓口になる。その窓口で出入りをチェックするのが入国審査官の仕事だ。偽造パスポートを見破り、手配中の犯罪者を摘発し、不法入国を未然に防ぐのが業務。何気ないやりとりのようだが鋭い洞察力が必要となる。入国審査官は国家公務員採用試験に合格し、法務省の入国管理局に就職した後に選任される。語学力に加え、国際法、難民認定法などの知識も必要。外国人の不法滞在や送還に関する審査も行う。

「入国審査官」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける