女子高生のなりたい職業1位!“公務員”ってどんなお仕事か知ってる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

女子高生のなりたい職業1位!“公務員”ってどんなお仕事か知ってる?

2017.08.10

提供元:帝京大学

メイン
テーマ

女子高生のなりたい職業1位!“公務員”ってどんなお仕事か知ってる?

2017年度なりたい職業ランキング*(女子高生部門)で、堂々の1位に輝いた“公務員”。男子高生部門でも第4位と、高校生から注目されている職業といえるでしょう。市民の生活をより良くするためのプロフェッショナル、公務員の仕事内容を一緒にのぞいてみましょう!

この記事をまとめると

  • 役所での手続き業務だけでなく幅広い分野におよぶ公務員の仕事内容
  • 地域住民を幸せにするために働く公務員に必要な知識について
  • 2018年4月に新設される帝京大学 法学部 政治学科で学び、公務員をめざそう!

役所での手続き業務だけじゃない! 多種多様な分野にまたがる公務員の仕事

みなさんに質問です。公務員って具体的にどんな仕事をしていると思いますか?

市役所などでの手続き業務、警察官や消防官、といったことはすぐに思いつくかもしれません。
でも実は、公務員のお仕事、みなさんが思っているよりも、とっても幅広いんです!

公務員とは、文字通り、“公に務める”人のこと。つまり、利益のためではなく、公共のために働く人を指します。
では、“公共のために働く”とはどういうことなのでしょうか?

ひと言でいうと、地域に住む人たちが生活する上で、幸せになるためのサポートをするということ。
そのために、地域住民が快適に過ごせるようゴミ処理や水道の整備をしたり、健やかに暮らせるよう検診や健康づくりプログラムを実施したり、豊かな暮らしを送れるよう図書館や市民ホールの運営管理、公園の管理をしたり・・・。安心安全で便利な町にするために、道路や河川などの整備を行うのも公務員の仕事。細かいところでは、公立学校や警察署内での事務作業なども、それにあたります。

こうしてみると、公務員は実に多岐にわたる分野で活躍しているのがわかりますね。

地域住民を幸せにするために、 公務員に必要な知識とは?

それだけ幅広い分野の業務に携わる可能性のある公務員。どのような知識が必要なのでしょうか。

まず欠かせないのが、憲法や法律。

私たちは生活の中で困ったことがあると、市役所などに相談に行くことがありますね。
例えば、「近くで行われている道路工事の騒音がひどい」という相談があった場合、自治体職員が現場に立ち入り調査をしたり、改善を促したりできるということが法律で定められているんです。

また、地域活性化のために商業施設を建てる計画があった場合、自治体への届け出が義務付けられています。いくら地域のためだからといっても、簡単に建設を許可することはできません。建築物が法律や条例に違反していないか、付近の商業店舗にどのような影響をおよぼすかなどを見極めなければならないのです。

住民の生活を良くするためにさまざまなサポートをしようとしても、憲法や法律・条例に違反してしまっては意味がありませんよね。地域住民のより良い暮らしと法律は切っても切り離せないものなのです。

そして、政治についての知識も重要です。

政治というと、少し遠い存在に思えるかもしれませんが、よく考えてみてください。

普段、モノを買うとき、誰もが必ず消費税を払いますよね。その税金を国民からいくら納めてもらうのかを決めるのは、政治分野の領域です。
また、政治情勢が変われば、国の方針が変わってくる可能性もあり、その場合、政治によって、地域の人々の暮らしは大きく変わる可能性もあります。

公務員は、地域住民の生活に携わる立場として、政治制度や情勢が今どのような状態にあるのか、この先どうなるのかを見極め、対応や対策を検討しなければなりません。
そのためにも、政治を知ることも重要な要素なのです。

また、政治の動きだけでなく、経済が地域住民に影響を与える場合もありえます。よって、経済の基本的な知識も必要になってきますね。

このように、公務員にはさまざまな知識が求められるのです。

政治・法律・経済を学べる法学部政治学科で、 めざせ、スーパー公務員!

公務員の仕事は住民を幸せにすることが第一の目的であり、いわば住民の生活をより良くするためのプロフェッショナルなのです!
普段、みなさんが毎日の生活の中で、安心安全で快適に過ごすことができるのは、公務員の人たちのおかげでもあるのですね。

人のためになる仕事ができる公務員。
2018年4月に新設される帝京大学 法学部 政治学科で学び、公務員をめざしてみませんか?

同学科には、各種公務員をめざす「公共政策コース」と政治やジャーナリズムの世界に興味がある人向けの「政治コース」があり、1年次に将来の目標に合わせてどちらかを選択します。
「公共政策コース」では、1年次に政治学についての基礎を固めた上で、公務員に求められる知識やスキルを習得。また、経済学部との連携により、経済学の基礎や専門分野を学べることも特長の一つです。
このように、政治・法律・経済の専門知識を習得することができ、公務員に必要な幅広い知識を深く身につけることができます。

人々の暮らしを良くするためのプロフェッショナルである“公務員”。
より活躍できる人材になれるように、幅広く深い知識を持った公務員をめざして一緒に学びましょう!

*ソニー生命保険「中高生が思い描く将来についての意識調査2017」参照

【広告企画】提供 : 帝京大学

この記事のテーマ
法律・政治」を解説

国家は通常、多数の国民によって構成されています。それぞれ考え方が異なる国民をひとつの国家としてまとめようと考えれば、法律によって義務や権利を定め、政治(行政)によってそれらをきちんと運用していくことが必要になります。歴史上、多くの国家がこうしたことを目指し、あるものは成功してあるものは失敗してきました。どのようなときにあっても、道しるべとなるべき法曹家や政治家や評論家などの専門職は不可欠です。

「法律・政治」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「政治学」
はこんな学問です

社会制度の基礎となる枠組みを決めるのが政治であり、政治理論、政治思想史、政治史、公共政策、国際政治などについて総合的に研究するのが政治学である。具体的には、国内の少子高齢化と介護福祉の問題などの目の前の問題から、世界の平和を危うくする海外の紛争と難民の問題まで、政治学的なアプローチによる幅広い研究がなされている。また、より公正な政治を実現するために、国によって異なる国家を統治する仕組みや制度についての比較研究も行う。

「政治学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける