【シゴトを知ろう】校医 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】校医 ~番外編~

2017.09.05

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】校医 ~番外編~

高校生の皆さんにとってもイメージしやすい校医の存在。健康診断以外には何をしているんだろう?と疑問に思っている人もいるかもしれませんね。

この番外編では校医の仕事の裏側や意外な横のつながりについて、東京都で校医を務める正木忠明さんに詳しく教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 時間が限られている学校の健康診断では、養護教諭との事前の打ち合わせが大事
  • 学校関係者や地域関係者とは、学校保健委員会で意見、情報を交換する
  • 校医は養護教諭を通じて生徒の健康相談に答えることもある

学校の検診では事前の打ち合わせが最重要!

――学校の健康診断という限られた時間で子どもたちを診る際、スピーディーかつ丁寧に診断するために何か心掛けていることはありますか?

「【シゴトを知ろう】校医 編」でも少し触れましたが、養護教諭や担任教諭との事前の打ち合わせが一番重要です。主な確認事項には、子どもたちの病歴聴取、先天性・後天性の病気の確認、不整脈の確認などがあります。こういう情報を事前に把握しておくと診断の時間短縮になりますし、問題の早期発見にもつながります。

また、校医をしているうちに、自然に元気な子と異変がある子を見分けるのが速くなります。風邪や怪我で小児科を受診する子どもたちと違って、学校検診で見るのは健康な子どもたちがほとんど。その分、健康な子と体調に異変がある子の差がはっきり出るため、素早い診断ができるのです。一方で、高校生の皆さんは、ぐずったりする子がいて大変そうと思うかもしれませんが、意外とどの子も優しく声をかけるとすぐに落ち着いてくれます。子どもは大人の縮小版ではないということを念頭に置いて、それぞれの成長段階に合った応対を心がけています。


――校医同士や学校の先生との横のつながりがあれば教えてください。

校医は各学校に1人ではなく、内科、眼科、耳鼻咽喉科それぞれの科に設置されています。ですので、検診の際は各担当の校医同士で連携を取っていく必要があります。また、各地区の医師会の定例会で顔を合わせるので、そのときに情報を共有しています。

さらに学校関係者同士が意見を交換し、協議、検討する場として「学校保健委員会」が年に3回ほど開催されます。この学校保健委員会には、教職員や私たち校医だけではなく、児童生徒・保護者・保健所や警察といった地域の機関など、さまざまな立場の代表者が集まります。子どもたちの健康にまつわる多様な議題を掲げ、より良い学校保健を作るために定期的なディスカッションをしているのです。

間接的に子どもたちの健康の悩みに答えることも

――校医の先生たちが、子どもたちの健康の悩みにどう対応しているのか教えてください。

実は、校医が直接子どもたちから相談を受ける機会はあまりありません。私たちが学校を訪れるのは年に数回なので、子どもたちにとって相談しやすいのは保健室にいる養護教諭やスクールカウンセラーの方々になります。

しかし、養護教諭を通して間接的に相談や質問がくることはありますよ。そのときはできるだけすぐに電話で対応するようにしています。基本的には感染症に関する相談が多いのですが、最近増えているのは心のケアに関するもの。また、中高生になってくると性の問題も増えてきます。私の働く東京都では「都立学校における専門医派遣事業」を実施しており、学校から要望があれば精神科医、産婦人科医を派遣しています。ですので、これらの相談には私ではなく専門医が対応をすることが多いですね。その子どもの年齢や抱えている問題に合った最善のアプローチをしていかなくては、と思っています。

大人になってから学校の給食を食べた貴重な思い出

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

ある学校の健康診断に訪れたときの話です。検診が終わり、私が冗談で「給食が食べてみたいなあ」と言ったところ、クラスの先生と子どもたちが私の分も用意してくださいました。私が子どものころと違い、今の給食は品数が豊富でしゃれた献立も多いんです(笑)。子どもたちに混ざって給食を食べていると、子どものころに戻ったような気がしたのを覚えています。

その場では子どもたちとあまり話せなかったのですが、後日、病院で診察をしていると「お兄ちゃんと一緒に給食を食べたんでしょ?」と、そのときの子どもの妹や弟から言われ、会話に花が咲いたこともうれしかったです。校医になったからこそ経験できた、良い思い出です。


正木さんのような校医の先生をはじめ、多くの人々が子どもたちの健康のために働いているのだと分かりましたね。「体調に不安があるけど、病院に行くほどではない」という人は、ぜひ保健室に行って相談してみてはどうでしょうか。養護教諭が窓口となって、不安を解消するヒントが得られるかもしれませんよ。
 

【profile】正木医院 院長/東京都医師会 理事 正木忠明
【取材協力】東京都医師会

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「校医」
はこんな仕事です

小学校・中学校・高校および特別支援学校の児童・生徒と教員の健康診断・健康相談などを行う仕事。学校職員として勤務するのではなく、教育委員会からの委嘱を受けて、地域の医療機関に勤務する医師が、非常勤職員として必要なときに勤務する。具体的には、健康診断・健康相談のほか、インフルエンザなどの感染症、食中毒の予防に必要な助言と指導を行ったり、学校の保健安全計画の立案に参加したりするなど、学校の環境衛生、環境全般の維持・改善などに関わる仕事をする。

「校医」について詳しく見る