【シゴトを知ろう】森林官 〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】森林官 〜番外編〜

2017.09.06

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】森林官 〜番外編〜

「【シゴトを知ろう】森林官 編」では東北森林管理局の三八上北森林管理署七戸森林事務所で働く伴芙美香さんに、森林官の仕事のやりがいや、伴さんの大学生の頃について伺いました。

番外編では国有林野の管理をし、木々の生長を支えている伴さんに、森林以外の自然と出合ったエピソードや、業界内の常識について教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 少人数で広大な森林を回るため、航空写真を利用して効率化を図っている
  • 適度な伐採が木を生長させ、災害の防止につながる
  • 新人のころは何度も森林に行き、国有林への理解を深めた

森林伐採は必ずしも自然破壊につながるものではない

――各森林事務所に在籍する森林官は少ないと聞きましたが、効率的な管理のためにしている工夫はありますか?
 
広い国有林を一人の森林官が歩いて見て回るのは不可能な場合もあります。そのような時は、航空写真を利用して全体像を把握してから現地に足を運ぶようにしています。

しかし、そうはいっても実際に見てみないと森林の状況は理解しきれません。巡視のルートを工夫して、効率よく全ての現場に行けるようにしています。
 
 
――一般の人に話すと驚かれる業界内の常識を教えてください。

森林官の仕事をしていると、地元の方に「国有林野で木を切っているようだが、山の木を伐採して大丈夫なの?」と言われることがあります。森林伐採を自然破壊だと捉える人は多いと思いますが、実際はそうではありません。森林を育てるためには適度な伐採が必要なのです。その適度な伐採のことを「間伐」といって、森林の木を適度に間引くことで、林内に光が入り、樹木が生長しやすくなります。また、適切に管理された森林は二酸化炭素の吸収がよくなり、環境全体に良い影響を与えます。さらに、光が入ると下草も生長して土砂の流出を防ぐといった、森林の公益的な機能も高めるのです。こうした伐採を含む林業の重要性をもっと伝えていきたいと思っています。
 
 

森林での業務中には、動物が車に近付いてくることも

――仕事中のユニークな体験談はありますか?

毎日のように山へ行っていると、野生動物によく出会いますね。森林官になってから一番かわいらしく思ったのは、林道で遭遇したヤマドリの親子です。手のひらサイズのヤマドリの雛が車に近付いてきたのですが、あまりの警戒心のなさに慌てて車のエンジンを止めました。しかし、そんな雛を置いて親鳥は飛んで行ってしまって……(笑)。思わず、それでいいの?お母さん!とヤマドリの親子が心配になり、その後もしばらく見守ってしまいました。
 
 

自分が手を加えた森林を見て、今後の生長がより楽しみになった

――お仕事の中で一番の思い出や達成感を感じたエピソードを教えてください。

3年前、森林官として七戸森林事務所に赴任したばかりの頃に過ごした日々は忘れられません。木は植えてから収穫するまでに何十年という時間がかかりますので、手入れを行う際にはずっと先の未来をイメージする必要があります。しかし当時は初めての現場で、未来のイメージをつかむどころか森林の現状すら私には分かりませんでした。

それでもなんとかやってみようと、資料を持って何度も山に足を運び、現場に詳しい作業員の方々から話を聞くうちに、まったく知らない山でも徐々に理解できるようになりました。現場の状態が分かるようになって初めて、間伐によって林内に光が入り、山全体が明るくなったのを実感できました。その瞬間は、森林官としての一歩を踏み出したという達成感がありましたね。それに今後この森林はどう生長するんだろう?と想像して、楽しみに思ったのを覚えています。
 
 
森林官の仕事はただ森林を守るだけではなく、生長を支えるための伐採も重要な仕事の一つなのですね。現状を理解するだけではなく、伐採の数十年後までを想定するには林業への知識に加え、あらゆる仮定や選択肢を考えるための想像力が必要かもしれません。

この仕事に興味を持った人は、通学路にある街路樹や、校庭にある木々にも目を向けてみてはいかがでしょうか? この木はどんな目的で切られたのかな、ここの地面だけいつも湿っているななど、想像力を鍛えるトレーニングになるかもしれませんよ。
 
 
【profile】林野庁東北森林管理局三八上北森林管理署七戸森林事務所 伴芙美香

この記事のテーマ
環境・自然・バイオ」を解説

エネルギーの安定供給や環境問題の解決など、自然や環境を調査・研究し、人の未来や暮らしをサポートする仕事につながります。また、自然ガイドなど、海や山の素晴らしさと安全なレジャーを多くの人に伝える仕事もあります。それぞれ高い専門性が求められる職業に応じて、専門知識や技術を学び、カリキュラムによっては資格取得や検定も目指します。

「環境・自然・バイオ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「森林官」
はこんな仕事です

各地域の国有林を管理してこれを守る仕事。林野庁に所属する森林事務所に勤務する。具体的には、過剰な伐採を防ぐために森林の生育状況を調べて、「間伐」と呼ばれる木々の間引きを計画・実行するのが主な仕事となる。調査した内容は「森林調査簿原簿」に記録し、管理に役立てられる。そのほかにも樹木を食べる動物への対策、山火事や不法投棄の実態調査など、森林を守り育てていくためのさまざまな業務がある。森林を守ることは、材木資源の確保はもちろん、土砂災害の防止にもつながるとても重要な仕事といえる。

「森林官」について詳しく見る