【シゴトを知ろう】照明コンサルタント ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】照明コンサルタント ~番外編~

2017.09.14

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】照明コンサルタント ~番外編~

照明に関する希望や相談に対しての提案を行い、改善・解決する照明コンサルタント。「【シゴトを知ろう】照明コンサルタント編」では、そのお仕事の魅力や向いている人の特徴などを、立川敦子さんに伺いました。番外編の今回は、日ごろから意識していること・立川さんの座右の銘など、気になる照明コンサルタントの裏側について、さらに詳しく伺いました。

この記事をまとめると

  • 日頃から建物の照明環境をチェックし、自分の引き出しを増やしている
  • 照明業界の人に照明理論を教えることで、その人のお客様の役にも立てる
  • 照明コンサルタントを目指すなら、ベクトルや三角関数を嫌わないでほしい

少しでも時間があれば、街の照明環境の確認やトレンドチェックを行う

――照明コンサルタントのお仕事を始められてから、日常生活で意識されていることはありますか?

仕事の日ではなくても、出掛けた先で少しでも時間があれば、いろいろな建物の照明環境を見ています。繁華街に行けば必ずどこかのお店に入ったり、新しくできた施設の照明を確認したり。照明にもトレンドがありますので、自分の目で見ることで今の流行をチェックすることもできます。撮影可能なところでは写真に残し、自分の引き出しを常に増やせるようにしています。そういう時間を設けているのは、照明コンサルタントならではかもしれません。


――照明コンサルタントとしてのお仕事に加えて、立川さんは照明企業や専門学校で光について教えていらっしゃるとのことですが、それについても少し詳しく伺えますか?

私が教えているのは、学生、照明デザイナーやメーカーの営業の方などです。今の照明業界というのは、必ずしも照明の勉強をしてきた人ばかりではありません。特に照明デザイナーの場合、理系の学科で学んだ人よりも美大で環境デザインなどを学んで業界に入った方が多く、光がどういうものかという自然科学的知識があまりないままお仕事をされている方も多いです。そのため、なぜ見えているのか、どういうメカニズムで目が光を受けていて脳に伝わっているのかから始まり、照明理論のいろいろな側面を知っていただき、お仕事に役立ててほしいという気持ちで教えています。理解が深まれば深まるほど、その方のお客様となる人の役に立つことにもつながると思いますので。

授業の準備には時間もかかりますが、勉強しに来てくださった方から「すごくよく分かりました! 目から鱗です」なんて言っていただけるときには本当にうれしくて、疲れも一瞬で軽くなります。

考え始めたら、お客様の悩みの根源が突き止められるまで徹底的に考え抜く

――立川さんご自身の性格で、お仕事に生かされていると思われることはありますか?

私自身は、人とのコミュニケーションが好きで、人の役に立ちたいという気持ちが仕事のモチベーションになっていると思います。

そして高校時代から理系を中心に勉強してきたからか、考え始めたら納得ができるまで考え抜くタイプです。一度探求を始めたら、お客様の悩みの根源が突き止められるまで、徹底的に考え抜きます。そうなると休憩も取らずに考え続けてしまうのですが、それはあまり身体によくないことなので、できるだけ立ち上がってストレッチでもしなければ……とも思います(笑)。


――高校時代はロックがお好きだったとお話しされていましたが、今でもよく聞かれるのでしょうか?

学生時代はロックが好きでしたが、同時に家では父がクラシックを流していたことからクラシックも好きでした。

今は仕事中にリラックスしたいとき、クラシックかジャズを聴くことが多いです。ただ交響曲は起伏が激しいので仕事中には向きませんね。なごやかな気分になりたいときはショパン、論理的になりたいときはバッハをよく聴いています。

座右の銘は「一つひとつの光には、意味と役割がある」

――お仕事における立川さんの座右の銘はありますか?

「一つひとつの光には、意味と役割がある」。
照明のコンサルティングやデザインをするということは、光に意味と役割を与えるということだと考えています。そういう目線を持つことがこの仕事をする上での責任だとも思いますし、またいろいろな場所で光を見る際にも、そこにどんな意味・役割があるのかと考えることで気付きが生まれます。


――最後に、照明コンサルタントを目指す高校生へのメッセージをお願いします。

理系が苦手な人には耳が痛いことかもしれませんが、照明コンサルタントの仕事に興味があれば、数学の勉強は今からしっかりした方が良いです。照明は空間認識なので、ベクトルや三角関数の考え方がどうしても関わってきます。そこを嫌いにならないでほしいなと思います。

そして光そのものは、色を表すものであると同時に、物理現象でもあります。物理は必ず勉強してください、とまでは言いませんが、輪郭程度でもかまわないので理解はしてほしいです。それが分かると、照明への理解も大きく広がるはずです。



照明コンサルタントとしても、そして光について教えるお仕事についても、立川さんの人の役に立ちたいという強い思いが根底にあるのを感じますね。

今回の記事で照明コンサルタントに興味を持った人は、できるだけ数学に真面目に取り組んでみたらいかがでしょうか。また、意味と役割を考えながらいろいろな照明や光に注目してみると、立川さんのお話に対する認識も深まることでしょう。


【profile】at light laboratory 照明コンサルタント 立川敦子

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「照明デザイナー・照明コンサルタント」
はこんな仕事です

屋内外の空間を照明の光によって快適、安全に演出する仕事。実際に照明機器を設計することもあれば、空間全体を演出するスケールの大きい仕事もある。インテリア照明から大型施設や道路などを照らす業務用の照明まで幅広く対応。たとえば、住宅や店舗などで使用するライトやランプといったもの。さらに、ビルや橋、公共施設などの大規模照明は、街の景観と調和させてデザインする。一方、照明コンサルタントは、依頼を受けて店舗や施設に適した照明プランを立案し、提案する職業となる。

「照明デザイナー・照明コンサルタント」について詳しく見る