【シゴトを知ろう】助監督 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】助監督 ~番外編~

2017.09.11

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】助監督 ~番外編~

「【シゴトを知ろう】助監督 編」では、松竹撮影所京都撮影部の髙﨑信久さんに、助監督の仕事の具体的な内容や役割について伺いました。
番外編では、映画製作の現場でのエピソードを中心に、助監督の幅広く、また意外な仕事についてお伝えします。

この記事をまとめると

  • スタッフやキャストに指示を伝え、人を動かす能力が必要な助監督
  • 原稿作りや文献調査など、時代物ならではの難しさと面白さがある
  • 海外合作映画にも挑戦したい そのためには英語力も必要

業界に残るのは人望のある好かれる人。助監督は伝える能力が大事

――業界にはどんな性格の方が多く、また助監督に向いている性格はありますか? ご自身はどんなタイプだと思われますか?
 
映像業界という、変動的な独特の分野の仕事に飛び込んでくる訳ですから、いろいろな性格の方がいます。八方美人やイエスマンであれというわけではありませんが、周りから好かれる性格の人は向いていると思います。人望のある方が長年業界に残っている印象があります。

助監督においては、言葉でいかに人を動かせるかが問われるので、自分の言葉に確信を持って正確に指示を伝えられる人が向いていると思います。役者さんにしろ、スタッフにしろ、演出部が指示を出さなくては行動できないので、明確な指示を出し人を動かしていく能力が必要となります。

僕自身は、とにかく真面目に仕事に向き合うというタイプではありますが、いずれ監督になりたいなら、もう少し遊びと余裕を持つことが必要不可欠という諸先輩方の指導を度々もらいます。
 
 
――業界や職務内で使われる独特の用語はありますか?

映像業界は業界用語であふれかえっています。正直なところ、いざ挙げてといわれると困ってしまうぐらい膨大にあります。さらに業界内でも、東京と京都で違いがあります。
例えば「パンぎゅう」。これは撮影現場における「つなぎ」のことですが、これを東京の業界人に言っても通じません。

つなぎとは、撮影中、進行状況などを考慮して、夕食休憩を入れるのが適切でないと判断された場合に、パン・おにぎり・ジュースなどの簡単なものをその場でパパッと食べて、またすぐに撮影を再開する際の軽食のことを指します。ちなみに、パンぎゅうという言葉は、パンと牛乳からきています。

横のつながりは多い。別現場で同じスタッフと一緒になることも

――日頃から気を付けていることや意識していることはありますか?

作品に入るとかなり不規則なスケジュールになるので、住む場所はある程度職場に近いほうが良いかと思います。ただ、フリーランスとして働く場合は作品ごとに撮影拠点が変わってくることがあるので、住む場所は近さだけでは選べない場合もあります。

服装は、とにかく汚れても大丈夫で動きやすいものが適切です。また、撮影している画面内のガラスなどにスタッフが反射して映りこんでしまうことを極力防ぐために、色は暗いものをよく選びます。

休日は映画を見に行ったり、美術館に行ったりしています。とにかくその場に足を運んで、肌で体験するということを心掛けています。外に出ることで人間観察もできます。監督を目指す助監督として、人間観察も今後の糧になります。


――業界内の横のつながりはありますか?

横のつながりはかなり多いです。僕自身は業界歴が1年半なのでつながりは少ない方ですが、以前やった作品で一緒だったスタッフさんと別の作品で偶然同じ現場に入ることはよくあることです。また、学生時代にお手伝いした映画祭のスタッフさんと、ドラマのスタッフとして現場で一緒になったこともありました。

業界に入ってからはあまり自分の時間が作れず、映画祭などのイベントなどにあまり参加できませんが、可能な限り参加していきたいと思っています。そういった場では、業界古参の方がいると、昔の監督や作品のお話を伺ったりします。

時代物ならではの苦労とやりがい。海外合作映画にも参加したい

――印象に残っている仕事のエピソードをお聞かせください。

つい最近関わった作品での出来事なのですが、江戸時代の設定で、恋文が出てくるシーンがあり、文献で当時の恋文について調べていました。恋文の文章を考えることに四苦八苦していたとき、たまたま当時の女性たちが、もらった恋文を親にバレないように保存する方法について書かれた文を発見しました。

これだと思い監督に提案したところ、もともと台本にはなかった芝居がその場で追加され、僕が提案した恋文がキーアイテムとして使われました。それまでは、いつも余裕がなく台本に書かれたものの準備をすることがやっとでしたが、これが初めて芝居の膨らみを自分で作れた瞬間でした。

こうやって作品がよりよいものになっていくのだと肌で感じ、作品に参加しているのだということを強く実感しました。この感覚を大切に、今後の作品作りに励みたいと思えるポイントとなった仕事でした。
 
 
――実際に仕事をしてみて、予想と違って驚かれたことは何ですか?

時代劇の原稿作りがいかに難しいものかと、改めて驚きました。もちろん事前に分かっていたことではありますが、いざ当時の仮名遣いや、候文(そうろうぶん)の文法などを用いて文章を作るというのは、かなり困難な仕事です。また、古文書を読むための文献は数多く出ていますが、古文書を書くための文献はないので、そこも苦労する点です。
 
 
――今後やってみたいこと、チャレンジしたいことがあればお聞かせください。

昨今、海外との合作映画が増えてきていますが、僕も合作作品に参加してみたいです。海外スタッフのやり方とのギャップで苦労する点も多いと聞きますが、僕たちが考え付かないような発想が生まれる可能性が高いと思います。

海外の出資が入り、海外でのロケ、海外の映画市場へのマーケティングも盛んに行える環境になっていけば、改めて日本映画の良さというものを認識でき、視野も広がることが期待できます。そのためにも英語を身に付けることは必須だと思っています。



私たちが観客として楽しんで見ている裏側で、助監督はこんなにも苦労して作品に貢献しているのだということに驚かされますね。この仕事に興味がある人は、映画やドラマなどの映像作品を見る時に、ストーリーだけではなく、舞台設定・小道具・キャストの服装といった部分についても意識して見てみるといいでしょう。 
 

【profile】株式会社松竹撮影所 京都撮影部 演出部 髙﨑信久

松竹撮影所ホームページ http://www.shochiku-ks.com/

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「助監督」
はこんな仕事です

映画製作の数あるプロセスのなかで、主に「撮影」を行う期間、スムーズに進行するようにさまざまな段取りを整えるのが仕事。具体的には、日々変化する撮影状況を踏まえながら、関係各所と調整して撮影スケジュールを組む、実際の撮影の現場でエキストラの演技指導を行う、といったことが役割となる。キャリアとしては、助監督を経て映画監督になるケースが多い。しかし、仕事内容は「撮影現場の調整」が中心であるので、監督をめざすのであれば、企画や脚本づくりについて創作手法を学んでおくことが大切だ。

「助監督」について詳しく見る