【シゴトを知ろう】NR・サプリメントアドバイザー ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】NR・サプリメントアドバイザー ~番外編~

2017.08.29

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】NR・サプリメントアドバイザー ~番外編~

食事は生きるためだけではなく、健康維持にも重要な活動です。バランスよく栄養を摂取できる食事を意識しつつ、どうしても足りない栄養素はサプリメントで補っているという人もいるでしょう。

番外編では、NR・サプリメントアドバイザーとして働いているヘルシーワンの古屋史織さんに、その仕事の裏側や、高校生の皆さんに向けたアドバイスを教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 資格取得後も、交流会への参加や会報誌での情報収集を行い、勉強を続けている
  • サプリメントの知識を活用して妊娠中の姉のサポートをした経験がある
  • 成長期は無理なダイエットを控え、楽しく食事ができる身体作りをすべき

交流会への参加で、医師や薬剤師から学びを得ることも

――NR・サプリメントアドバイザーの資格を維持するには、継続的な講習参加やレポート提出が必要だと聞きました。普段の勉強で心掛けている点があれば教えてください。

資格取得者の交流研修会には、できるだけ参加するようにしています。交流会では、医師や薬剤師、サプリメントの開発者から話を聞くことも楽しみの一つ。他の受講者たちもみんな、サプリメントや健康への意識が高いので、参加する度に勉強になりますし、刺激を受けますね。協会から届くお知らせにも目を通し、興味があるテーマの発表は欠かさずチェックしています。

また、自分から動かなければ新しい情報は入ってこないので、日本臨床栄養協会の会報誌を読んで、新しい情報や専門知識を取り入れるように心掛けています。


――NR・サプリメントアドバイザーであることがプライベートで役立った経験があれば教えてください。

私の姉が妊娠したとき、健康管理をサポートしたことです。その時々の体調に合わせたサプリメントを組み合わせて毎月渡していました。基本は五大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル)の補給でしたが、魚が苦手な姉のために、魚油のサプリメントも加えていました。また、毎日飲むものだから量が多いと大変なので、多くても4〜6種類のサプリメントに抑えるように気を付けました。姉は初めての妊娠で不安が大きかったと思いますが、必要な栄養をきちんと摂取していることが安心につながり、無事に元気な赤ちゃんを出産しました。妊娠中のサプリメント摂取はより注意が必要なため、とても気を遣いましたね。

無理なダイエットは禁物! 楽しい食事が健康への第一歩

――成長期の高校生に向けて、サプリメントや食事の摂取の際に気を付けてほしいポイントがあれば教えてください。

食事には、栄養素を摂る目的以外にもたくさんの大切な役割があります。気の合う友達とのご飯はとても楽しく感じますよね? 人との仲をつないだり、リラックスや息抜きになったり、おいしい食事は心も満たしてくれるのです。ですので、成長期の皆さんは、必要な栄養素を取ることはもちろん、大人になっても食事を楽しく食べられる健康な体作りも意識してください。

毎日の運動量によってもおすすめする食事内容は変わってきますが、私が何よりも注意してほしいと思っているのがダイエットです。特に女性は、体重やスタイルが気になる年頃だと思いますが、無理なダイエットは禁物。今は少しふっくらしているかもと感じても社会人になるころには体質が変わり、自然と痩せてくるケースも多いのです。健康診断で注意を受けない程度なら、無理して痩せようとしなくても大丈夫です。今はおいしくご飯を食べて、よく寝て、よく笑ってください。何よりも健康が一番です!

同じ百貨店で働いていた女性の妊娠中の健康を支えた思い出

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

私の働いているヘルシーワンには異動(勤務地が変わること)があるので、私もこれまでいくつかの百貨店で働いてきました。中でも、新入社員の頃に仲良くしていた、他のお店で働いていた女性とのエピソードは思い出深いです。異動して店舗が変わった私に会いに来てくれた上、妊娠中の栄養サポートを任せて下さいました。「ここにいると思った!」と、新しい職場にまで訪れてくれた時の光景は、昨日のことのように思い出せます。

ひと言で「妊娠中」といっても、どんなサポートが適しているかは人によって異なるので、姉の時とは違い、提供するサプリメントは一つの栄養素のみ。日頃の食生活のアドバイスを中心にサポートを行いました。ちょっとしたつながりから、その方の人生において大切な時期に寄り添えた、とてもうれしい思い出です。


忙しい現代人にとって手軽に栄養を補給できるサプリメントはとても便利ですが、やみくもに摂取するのではなく、古屋さんのように正しい知識を持ち、食生活の改善にあわせて取り入れることが大切なのですね。

「サプリメントで人々の健康をサポートしたい!」という人は、栄養学や生化学について学べる学校を調べてみましょう。
 

【profile】株式会社 美高商事 ヘルシーワン スタッフ 古屋史織
【取材協力】一般社団法人 日本臨床栄養協会 日本サプリメントアドバイザー認定機構

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「栄養情報担当者(NR)」
はこんな仕事です

栄養情報担当者(NR)とは、健康管理、栄養食品に関する知識を身に付け、消費者に対して正しいアドバイスを行う専門家のこと。公的機関である独立行政法人の国立健康・栄養研究所が定めた認定制度に基づく職業であり、老若男女の健康状態に合わせて栄養食品に関する助言を与えることのできる、有資格者の育成を国が支援している。「栄養情報担当者(NR)認定証」は認定試験に合格すると交付され、薬剤師などの医療従事者、管理栄養士など食品に携わる職種の者が、栄養情報担当者(NR)を兼務している場合もある。

「栄養情報担当者(NR)」について詳しく見る