【シゴトを知ろう】ジュエリーデザイナー 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】ジュエリーデザイナー 編

2017.08.24

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】ジュエリーデザイナー 編

美しい輝きを放ち、いつの時代も憧れの対象となっているジュエリー。高校生の皆さんの中にも、大人になったら素敵なジュエリーを身に着けたいと思っている人もいることでしょう。そんなジュエリーをデザインし、石そのものの魅力をより引き出すのがジュエリーデザイナーです。今回はジュエリーのトータルプランニングを行う株式会社アイデクトの日向ユリナさんに、ジュエリーデザイナーの仕事について伺いました。

この記事をまとめると

  • お客様の希望・予算に合った美しいデザインができたときがうれしい
  • ジュエリーが好きで好奇心旺盛・細かい作業に集中できる人が向いている
  • 装飾性だけではない、ジュエリーの歴史を知ることも大切

お客様の希望から、世界に一つだけのジュエリーデザインを

Q1. ジュエリーデザイナーの仕事についてと、一日のスケジュールを教えてください。

私の場合はオーダーメードという形でジュエリーデザインをすることが多いので、お客様の要望にあわせたデザインを企画段階から考えていきます。お客様との打ち合わせ後に実寸の製図を描き、クラフトマンとのやり取りを経て納品までの工程管理を行うのが仕事になります。お客様ご自身のアイデアやご希望に沿って、世界に一つだけのジュエリーをデザインします。新しいジュエリーを製作するのはもちろん、ご家族に大切に受け継がれてきたジュエリーを別の形で生まれ変わらせるご依頼をいただくこともあります。
一日のスケジュールは、社内でデザイン作業を中心に行う日もありますが、今回は一例として、ご依頼の内容に沿ったデザイン画が完成した後、お客様とお会いしてご提案する日の場合をご紹介します。

<一日のスケジュール>
9:30 出社、デザインの最終確認
12:00 昼食、店頭に移動
14:00 お客様が来店、デザイン画の提案と説明・ご意見を聞いた後に見積り
16:00 お客様のお見送り、帰社
17:00 決定したデザイン案の実寸でのデザイン画製作など
18:30 終業


Q2. 仕事をされる中で、やりがいや楽しさを感じるのはどんな時ですか?

お客様のご希望をお聞きしながら、いろいろなアイデアをもとにデザイン案を考えているときはとても楽しいです。ご希望の要素、予算の中で美しい形のデザインを製作するという制約もある中、その全てが成立したデザイン画が描けたときにはうれしいですね。
そして実際にお客様とお会いしてデザインをご提案し、お話する中でお客様ご自身からも新しいアイデアが生まれ、それをまた描いて、最終的に「これしかない」となった時。お客様とのコラボレーションのような形でデザインができるということが大きなやりがいです。


Q3. 仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときでしょうか?

仕事内容というより、デザインの締め切りが近くなってくる時は大変ですね。時間が足りない、時間を飛び越えたいと思うことがよくあります。

自分のテーマを考えてきたこと・デッサンを学んだことが今に生かされる

Q4. ジュエリーデザイナーを志すようになったきっかけを教えてください。

小学生のときに油絵を習い、絵を描くこと・見ることが好きで、大学は美術大学に進学しました。大学時代の研修でヨーロッパをまわり、いろいろな美術品を目にする中で、もっと視野を広げたいと思うと同時に美術に関わることを続けたいと思いました。就職活動の際、まだジュエリーに詳しいというわけではありませんでしたが、デッサンでの受験が可能で、また就職後も描くことを続けられるという理由からジュエリーの会社を志望し、無事採用していただいたことが今の仕事のきっかけです。就職当初の会社はオーダーメードがメインではなく、ジュエリーブランド内でデザイン企画をしていました。


Q5. 今の仕事のために、どのようなことを学びましたか?

大学時代に学んだ学科では、自分のテーマをしっかりと持って作品制作をするということを要求されました。私は「水」をテーマに卒業制作を行ったのですが、現在ジュエリーデザインをする際にも、水をテーマにデザイン画を描くことも多いです。
自分のテーマを常に考えていたこと、そしてデッサンを学んだことで物の見方を養えたことが、現在の仕事に役立っていると思います。

Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

高校時代はバスケットボール部でスポーツ三昧でしたが、その中でも絵はずっと描いていました。思い付いたことを絵にするのも好きでしたね。
進路について考える時期、展覧会でターナー(*)の絵を見て感銘を受けたことをきっかけに、絵を描き続けたいという気持ちが強くなりました。そのことが今の仕事にもつながっています。

*ターナー:17世紀後半~18世紀にかけて活躍したイギリスのロマン主義の画家

自分に対する評価を決め付けず、やりたいと思うことにはどんどん挑戦して

日向さんがデザインしたネックレスのデザイン画と完成品

日向さんがデザインしたネックレスのデザイン画と完成品

Q7. どういう人がジュエリーデザイナーに向いていると思いますか?

好奇心旺盛でジュエリーが好きで、細かい作業を長時間集中してできる人ですね。
それから、ジュエリーは装飾するものというイメージが強いと思いますが、歴史や人の思いを受け継いでいくものでもあります。そうした歴史などを深く知ることに興味がある人は向いているのではないでしょうか。


Q8. 最後に、高校生に向けたメッセージをお願いします。

高校時代というと、やってみたいことがたくさんある時期ですよね。その反面、私自身もそうだったように、やりたいことが自分には向いていないと思い込んでしまったり、全く逆の方向を言い聞かせてしまったりすることもあると思います。
でも、思い立ったらまずは歩いてみて、ある程度まで続けて、そこでもし向いていないと思ったら、その時はまた戻ってくれば大丈夫。皆さんにはこれから時間がたくさんあります。自分に対する評価を決め付けず、やりたいと思うことにはどんどん挑戦してください。

日向さんの今回のお話から、ジュエリーの歴史や、それを持つ人の思いまで理解を深めることが、人に喜ばれる素敵なジュエリーのデザインにつながっていることが伝わりますね。絵が好きということからジュエリーデザイナーの道を選んだ日向さんのメッセージを参考に、皆さんも今やりたいと思うことを実践してみましょう。


【profile】株式会社アイデクト ジュエリーデザイナー 日向ユリナ

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ジュエリーデザイナー」
はこんな仕事です

宝石や貴金属を用いた装飾品をデザインし、製作する仕事。製作物はアクセサリー全般と時計も含まれる。働き方は、デパートやブティックの店頭を飾る宝飾ブランドのデザイナー、あるいは個人で受注製作や委託販売を行うフリーランスのデザイナーなど、個人の技量によって2分化される。アクセサリーの修理やつくり直しをする職種も含まれる。アクセサリーが好きな人にとっては、自分のデザインが商品化され、市場に並ぶと誰かが身に着けて喜んでくれる夢のある職種といえる。

「ジュエリーデザイナー」について詳しく見る