【シゴトを知ろう】制作担当(映画) 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】制作担当(映画) 編

2017.08.17

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】制作担当(映画) 編

日頃、私たちが楽しく見ている映画やドラマは、大勢のプロフェッショナルの手によって作られています。その中でも製作部は、撮影を円滑に進めるためになくてはならない重要なセクションの一つです。
今回は、『超高速!参勤交代』『日本のいちばん長い日』『天地明察』『武士の家計簿』など多くの映画の製作を担当された松竹撮影所京都製作部の山田智也さんに、製作部と製作担当の仕事についてお伺いしました。

この記事をまとめると

  • ロケ撮影が円滑に進むように、あらゆる方面からサポートするのが製作部
  • 映画への情熱があふれる人が集まる映画撮影の現場
  • 集団行動の中で人への気配りとコミュニケーション力を駆使する製作の仕事

ロケーション撮影を円滑に進めるための業務を幅広く担う製作部

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
僕は、株式会社松竹撮影所京都製作部に所属し、時代劇を中心に映画・ドラマ・CM製作を手がけています。
映画製作は完全分業制で撮影部・録音部などに分かれており、その中の製作部という部署を担当しています。
製作部は、主にロケーション撮影に関する業務を行います。台本にあったロケ地探し・撮影の許可申請や交渉(周辺で行われている工事などの中断を依頼する)など撮影が円滑に進むための業務・見物人の誘導・弁当や食事の手配・車輌の手配・宿泊の手配などを幅広く担当しています。
製作担当は製作チーム全体に目を配り、製作進行や製作主任に指示を出しつつ、業務を進めていきます。
現在の日本映画では、製作部のほとんどはフリーランスの方で、作品ごとに必要なスタッフが集められ、業務委託という形で働く人が多いです。僕は、現在製作会社である松竹撮影所に所属していますので、プロダクション業務も行っています。
 
<ある一日のスケジュール>
6:00 出社(ロケーション先に直接行くこともあり)
    ロケーション先へ先発し、あいさつやスタッフ・キャストの受け入れ
    撮影開始
    撮影現場を抜けて次の現場で美術部さんとセッティングすることなどもあり
22:00 撮影終了〜撤収作業
    機材やスタッフが完全に撤収するまで責任を持って立ち会う
    その後帰社 翌日の準備を終えたら帰宅
 

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

小さい頃から映画が好きでこの仕事を始めましたので、映画製作に携わっているというだけで喜びがあります。
製作部はカメラマンや美術デザイナーのように直接画面を構成する事はありませんが、完成した映画を見た時に、苦労した場面ほど感慨深いものがあります。実際に劇場で作品を鑑賞して、エンドロールやポスターで自分の名前を見つけると今でも感動します。
ロケーションを担当していると、ロケハンと称していろんな所へ出かけます。撮影スタッフの代表としてロケーション地へ伺いますので、いろいろな出会いがあります。苦労して見つけたロケーション場所が監督たちに気に入ってもらえ、そこで大掛かりな撮影を無事終わらせた時の達成感は大きいです。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

映画スタッフは50〜60人、大きい作品では100人以上にもなり、それぞれが自分の役割で動いています。製作部はロケーション全般を担当していますので、ミスがあれば撮影がストップすることになり、スタッフやキャストに迷惑がかかります。映画の規模が大きいほど携わる人が増え、責任も大きくなります。僕も大きなロケ前日などは心配でなかなか寝つけません。
肉体的にはハードな仕事です。クランクインの約1カ月前から準備がはじまり、撮影が始まると、作品によって期間は異なりますが、大体1カ月半から2カ月程度、ほとんど休みなく早朝から深夜まで撮影をする日々が続きます。そのような中で、大勢のキャスト・スタッフがスケジュールに沿って動きますので、特に製作部は自分の時間が作りづらいです。

子どもの頃から変わらない映画への愛が仕事への原動力

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?

大学卒業後、一度就職しましたが、映画に携わるという夢を捨てきれず、地元京都の役者さんの紹介でベテランでフリーランスの製作の方に師事する形で仕事を始めました。
安定した会社勤めを辞めたため、親には反対されましたが……。今は製作担当という立場になり、松竹撮影所という会社へ所属しましたので、少し安心させる事ができたかなと思います。

 
Q5. 大学では何を学びましたか?
 
映画とは関連性のない経済学部出身でしたので、仕事を始めた当初は分からないことだらけでした。ですがいったん仕事に就けば、製作部は製作進行→製作主任→製作担当と、キャリアやスキルに応じて業務内容が分かれており、新人はまず製作進行として働きながら学ぶことができる仕組みになっています。
映像技術を大学や専門学校で学ぶ事はアドバンテージが大きいと思います。映像業界のOBを多く輩出していたり、現役で映像に携わっている人が教師として授業をすることが多い大学や専門学校に行けば、人脈もできて映画業界への入り口がより身近になるでしょう。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生の頃から映画業界を夢見て、映画、特にゾンビ映画を見ていました。思春期に映画を見て受ける印象は、その後への影響が大きいと思います。その頃の映画に対する感動が今もなおあります。仕事がつらい時は今でもゾンビ映画を見直します。思春期に映画や本・音楽などで愛好できるものができれば、その後の支えとなってくれると思います。

気配りとコミュニケーション力、タフさが求められる製作の仕事

Q7. どういう人がその仕事に向いていると思いますか?
 
映画が好きという人が一番だと思います。製作部は拘束時間がとても長く、また直接画面作りに関わるわけではないので、モチベーションが高い人じゃないと続かないと思います。
同時に、映画製作の現場は大人数が長期間密着して過ごすので、集団行動が苦手な人は難しいかもしれません。
ほとんど全部のセクションと関わりを持ち、スタッフやキャスト、ロケーション先の方々やお弁当屋さんまで多くの人と接しなければいけませんので、コミュニケーション力が求められます。
また、撮影時のさまざまな状況を予測して備える必要もあるため、臨機応変に対応できる人が向いています。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

高校生のうちから夢と目的意識を持って、進路を考える事がとても大事だと思います。映画は感性に左右される部分もあり、若い頃から映画や本を読んで感受性を豊かにしておくことも重要です。夢と目的意識を持って経験したものが知識となり、その知識の積み重ねが教養になって仕事へつながる、また支えになると思います。
 
 
「製作部はスタッフにとってのお母さん的存在」という山田さん。監督をはじめとしたスタッフやキャスト全員が気持ち良く仕事に集中できるように、あらゆることに目を配る縁の下の力持ちが製作部の仕事です。
映画に情熱を持った人たちが大勢集まり、時に限界まで力を出し合い、集中して一つの作品を作り上げる映画制作の現場は、独特の高揚感を伴う非日常の空間です。映画が好きな人にとっては、たまらない魅力のある仕事だといえますね。
 
 
【profile】株式会社 松竹撮影所 製作部 京都撮影室 山田智也
松竹撮影所ホームページ http://www.shochiku-ks.com/

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「制作担当(映画)」
はこんな仕事です

映画の撮影に当たってロケ地との交渉を行ったり、撮影現場でのスタッフの食事、宿泊施設の手配など、映画撮影における金銭的な管理を中心に、さまざまな出納処理や雑務を担当する仕事。助監督が映画監督の助手的な存在であるのに対し、制作担当は映画プロデューサーの助手的な「予算管理担当」といえる存在である。この仕事を通じて一定の経験を積み重ね、予算管理の面でノウハウを蓄積し、その後チャンスを得て映画プロデューサーになっていく人もいる。金銭的な面から映画を支える、縁の下の力持ちといえる。

「制作担当(映画)」について詳しく見る