【大学・文系女子編】進路選びで後悔したことって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【大学・文系女子編】進路選びで後悔したことって?

2017.08.28

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【大学・文系女子編】進路選びで後悔したことって?

多くの学校でオープンキャンパスが開催されるこの時期。進路について考える機会も増えているのではないでしょうか? 将来を左右する大事な進路は、「何となく」ではなく、しっかりと「ここに行きたい!」と思える学校を選びたいですよね。

そこで今回は、皆さんの先輩にあたるマイナビ会員へのアンケートを基に、「進路選択で後悔しないためのポイント」をご紹介します!

この記事をまとめると

  • 大学・学部選びの際は、しっかりと情報収集を行い、将来を見据えた進路を選ぼう
  • 学校での学習内容の他に、課外活動や学校のサポート体制などにも着目しよう
  • オープンキャンパスに参加する、現役生の話を聞くなどして、“生”の情報を手に入れよう

将来の可能性を広げるために、学校での「学び」の内容を重視しよう!

今回はアンケート回答の中から、文系の大学・学部へ進学し、就職活動を行っている女子大学生の皆さんの声をご紹介します。

まずは、「就職活動を経験した今、在学中の学校にもう一度入学したいと思いますか?」という質問に対して、「あまり入学したくない」「絶対入学したくない」と回答した、進路選択に後悔している先輩からのアドバイスです。

進路選択の際に気を付けたいポイントとは、何なのでしょうか?

▼進路選択に「後悔」している先輩の声
・数学や物理が苦手で文系を選ぶ人もいると思いますが、10年後どのような仕事をしたいのかしっかり考えることが大切です。(法律・政治・経済)
・将来何をしたいのか、ある程度の道筋は立てておくべき。学部とは全く違う業種にいきたくなった時、本当に困る。(人間・心理・福祉)
・しっかり自分が何をやりたいかを考え、その学校がどんな授業のカリキュラムなのか、どんな学科があるのかを調べることが大事だと思う。(語学・国際)
・色々なことを学ぶ中でも資格は必ず取ってください。就職に役立つかどうかではなく、将来の進路の幅を広げるという意味で大切です。(社会・マスコミ)
・大学で積極的に課外活動できるか、例えば留学のサポートがしっかりしている、ボランティア活動を推奨しているなども調べてみて判断して下さい。(法律・政治・経済)

※カッコ内は、在籍している学部・学科・コース。

回答の中で多かったのが、「将来どのようなことをやりたいのか」「就きたい仕事は何なのか」を考えて、進路先を選んだほうがいい、というアドバイス。後悔しない進路先を選ぶには、学習内容やカリキュラムなどをしっかりと調べておくことが大切なようです。また、将来の仕事の可能性を広げるためにも、資格が取りやすい環境であるか、課外活動は活発か、留学のサポートはしっかりしているかなどもチェックしておきましょう。

学校の情報収集には時間をかけ、入学後の自分を具体的にイメージしよう

では次に、「ぜひ入学したい」「まあまあ入学したい」と回答した、進路選択に満足している先輩のアドバイスをご紹介します。

満足する進路選びをするためには、どのようなことが大切なのでしょうか?

▼進路選択に「満足」している先輩の声
・大学選びは、情報収集に時間をかけてください。(法律・政治・経済)
・ホームページやパンフレットからの情報収集ももちろん大切ですが、在籍している大学生など生の声を聞くことで、具体的なイメージが湧くと思います。(法律・政治・経済)
・私は今の大学に入学して、ものの見方が大きく変わりました。自分が将来どうなりたいのかや何を学びたいのかをしっかり選んだうえで後悔のない進路選択をしてほしいです。(社会・マスコミ)
・自分が何をやりたいのか、どんな仕事をしたいのか、きちんと考えておくことが大切だと思います。(教育・保育)
・大学に入るのがゴールではなくて、入ってからがようやくスタートだということを忘れないでほしいです。(文学・歴史・地理)

※カッコ内は、在籍している学部・学科・コース。

進路選びに満足している先輩は、学校の情報収集に時間をかけ、学校の特徴をきちんと理解した上で入学した人が多いようです。情報収集の際は、学校のホームページやパンフレットだけではなく、現役大学生の生の声を聞いたり、オープンキャンパスに参加して、学校の雰囲気を肌で感じることが大切だという意見が多くありました。まさしく、「大学進学はゴールではなく、スタート」という意見通り、将来何になりたいのかをしっかりと考えた上で、進路先を選ぶといいでしょう。

先輩たちの声はいかがでしたか?

・将来のこともしっかりと考えて、大学・学部を選ぶ。
・課外活動や学校のサポート体制などにも着目する。
・オープンキャンパスに参加したり、現役生の話を聞いたりして“生”の情報を集める。

といったことが、進路選択で後悔しないための重要なポイントのようです。皆さんも、「なぜその大学で学びたいのか」「その大学での学びは将来にどうつながるのか」を考えながら、大学の情報を集めてみてくださいね。その大学に通う自分の姿がイメージできると、きっと進路選択もスムーズに進んでいくはずですよ!


【出典】
㈱マイナビ「就職活動を経験して振り返る、自身の進路選択に関する調査2014」(2014年10月)