【先輩に聞いた!】オープンキャンパスで志望度が上がったポイントは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【先輩に聞いた!】オープンキャンパスで志望度が上がったポイントは?

2017.08.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【先輩に聞いた!】オープンキャンパスで志望度が上がったポイントは?

夏休みはオープンキャンパスに行く人も多いと思いますが、せっかく参加したなら、「この学校で学びたい!」と強く思えるきっかけが見つかるといいですよね。その学校への志望度が上がれば、受験に向けた勉強のやる気もきっと上がるはず。では、オープンキャンパスでは、どのようなポイントをチェックしておくといいのでしょう?

そこで今回は、皆さんの先輩にあたるマイナビ会員へのアンケートを基に、「オープンキャンパスで志望度が上がったポイント」をご紹介します!

この記事をまとめると

  • 在校生の学習に対する姿勢や、それをサポートする学校や先生の取り組みをチェックしよう
  • 模擬授業や説明会を通して、「自分が学びたいこと」を一歩踏み込んで考えてみよう
  • 事前に学部・学科の研究内容やコースについてよく調べておこう

話を聞いたり、体験したりして「自分に合っているか」をチェック!

今回、アンケートに答えていただいたのは、2016年4月時点で高校1〜3年生だったマイナビ会員の皆さん。

まずは、オープンキャンパスで「志望度が上がった」と回答した人たちの声をご紹介します。どのような部分が、「その学校を目指したい!」という気持ちにつながったのでしょうか?

▼オープンキャンパスで「志望度が上がった」ポイント
・在校生が学校について詳しく教えてくださり、不安が取り除かれた。
・大学の雰囲気や学習内容が分かり、その学校へ行きたい気持ちが高まった。
・全体での学校説明で、自分の目標を達成することができる大学だと感じた。
・先生方が親身に相談に乗ってくれたので、入学後も安心できると思った。
・実際に授業で使う施設を見たとき。専門の練習室を借りられると知ったとき。
・キャンパス内、周辺の静けさ、授業の楽しさを知ることができた。
・経営学部で教授の模擬授業を聞いて、とても興味をそそられた。
・在学中の先輩から自由に話を聞ける機会があり、とても詳しく話しが聞けて楽しかった。

「志望度が上がった」と答えた人の中で多かったのが、オープンキャンパスを通して学校全体の雰囲気や授業内容を実感することができ、入学のイメージが湧いた、といった意見。在校生や先生の声を直接聞いたり、また授業や施設見学に参加して、その学校を「体験」することが志望度アップにつながっていることが分かります。

オープンキャンパスでは、在校生の学習に対する姿勢、また、それをサポートする学校や先生の取り組みをチェックし、その学校で自分が学びたいことを学べるか、自分の目標達成につながるか、といった「その学校が自分に合っているかどうか」を考えてみましょう。

模擬授業や説明会を通して、「自分が本当に学びたいこと」を考えよう!

では次に、オープンキャンパスで「志望度が下がった」と回答した人たちの声をご紹介します。どのような部分で、学校との距離を感じてしまったのでしょうか?

▼オープンキャンパスで「志望度が下がった」ポイント
・パンフレットを読んで興味をもった学部の模擬授業を聞いたが、思っていた勉強内容と違っていた。
・研究室を全部ツアーで回らせてもらったが、興味のある研究内容がなかった。
・自分の思い描いている大学生活とは、何か違うものを感じた。
・自分のやりたいことをするのには、あまり適さないと感じた。
・自分がやりたい授業が、同一コースで受けられないことが分かった。
・全体説明会で学校が求める人材と自分が違うことが分かった。
・学食がおいしくなかった。冷房が効いていなくて、汗だくで食べた。
・立地的に結構歩くので、少し大変かなという印象を持った。

「志望度が下がった」と答えた人の中で多かったのが、学校パンフレットなどを通してあらかじめ持っていた学校のイメージと、実際の学習内容や学校の雰囲気にギャップがあった、といった意見。すでに「この分野を学びたい」「この学部に進みたい」と決まっていても、その学校や学部・学科の特色をよく知らないままでは、希望通りの勉強ができないこともあります。

志望校に入学した後に、「自分が学びたいと思っていたことを学べなかった……」と後悔しないためにも、模擬授業や説明会、施設見学への参加を通して、「自分が学びたいこと」を一歩踏み込んで考えることが大事のようです。特に学校選びで迷っている人は、事前に各学校の学部・学科の研究内容やコースについてよく調べ、また複数のオープンキャンパスに参加して、各学校の特色を比較し、よく検討するようにしましょう。

後悔しない学校選びのために

これらのポイントを踏まえると、

・在校生の学習に対する姿勢や、学校や先生の取り組みをチェックする
・模擬授業や説明会を通して、「自分が学びたいこと」とギャップがないかチェックする
・事前に学部・学科の研究内容やコースについてよく調べておく

といったことが、オープンキャンパスや、その後の学校選びを充実させるポイントのようです。これからオープンキャンパスに参加する予定の人は、これらのポイントを参考に、ぜひその学校のことを詳しくチェックしてみてくださいね。あなたにぴったりの学校が見つかれば、きっと受験勉強のやる気もアップするはずですよ!

【出典】
(株)マイナビ「高校生の進路選択状況に関する調査」(2016年9月)