【シゴトを知ろう】経営企画 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】経営企画 ~番外編~

2017.08.14

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】経営企画 ~番外編~

Webサービス事業とゲーム事業を軸に事業展開する株式会社Donutsで、経営企画の仕事に就いているSさん。ゲームプランナーを兼務しながら、社内の各事業部の業績管理を行っています。「何だか難しそう」というイメージもある経営企画のお仕事ですが、実際はどうなのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 経営企画の仕事は自らつくるもの。何をどこまでするかを決めるのも自分
  • 仕事で行き詰まった時は外を歩く。体を動かすと頭もスッキリする
  • 会社の方針に関して経営者と同じ認識を持っていることが大切

課題を見つけ、解決策を考える。自分で仕事をつくっていくのが経営企画

――この仕事をされてから、事前のイメージとのギャップはありましたか?

経営企画の業務内容にははっきりとした定義がなく、「何をするか」「どこまでするか」を全て自分で決めることになります。一つひとつの課題にしっかり取り組もうとすると、想像していた以上にやることがたくさんありました。僕は何でもすぐ「やります」と手を挙げてしまうタイプなんですが、中には「これは経営企画と関係ないのでは」と思うような仕事もありましたね(笑)。


――ゲームプランナーも兼務されていますが、経営企画の仕事と共通点はありますか?

企画の仕事は“アイデアマン”だと思われがちなのですが、実は少し違うんですよ。ゲームの企画は、そのプロダクトで設定した目標に向けて、具体的なストーリーやキャラクターなどを考える仕事です。一方で経営企画では、全社的な経営目標を達成するために各事業をどのように進めればよいかを、それぞれの事業部と一緒に考えていきます。「ゴールにたどり着くまでの道筋を考える」という意味では、経営企画もゲームの企画も同じだと思います。

相手の状況をイメージして円滑なコミュニケーションを図る

――不安やストレスを感じた時の解消法は?

仕事中なら歩きます。オフィス内を歩くこともありますし、外に出て会社の周りをぐるっと散歩することもあります。じっと座っているよりも歩いている時の方が考え事もはかどりますし、景色が変わると気分転換にもなります。休日には映画を見に行くことが多いですね。あと最近あまり運動をしていなかったのでボルダリングを始め、会社のゴルフ部にも参加しています。社内には他にもフットサルやボーリングなどいろいろな部活があるんですよ。やっぱり体を動かすとスッキリしますね。


――経営陣とのコミュニケーションで心がけていることは?

会社の方針に対して経営者と共通認識を持つことはとても重要です。コミュニケーションで心がけているのは、社員の皆さんと接する時と同様、相手の立場や気持ちを考えて行動すること。例えば何か資料を作成して提出する場合、自分は当然内容を熟知していますが、受け取る側からすると一瞬前までは違うことを考えていた訳です。それをパッと切り替えて分厚い資料を読んでもらわなければいけない。相手の状況や気分をイメージできれば、おのずとコミュニケーションも変わってくるのではないかな、と思います。

スピード感や自由な風土を持ち続ける「個性ある会社」をつくりたい

――今後チャレンジしたいことは?

大きなテーマとして「個性ある会社にしたい」という思いがあります。当社はかなり自由な社風で、会社の規模もまだそれほど大きくないので、今は僕一人でも全体を見渡すことができます。でも今後成長して人が増えるに従って、良くも悪くも“普通の企業”に近づいていってしまうと思うんです。この先規模を拡大しても、スピード感や自由さといったベンチャースピリットを持ち続けられる会社をつくっていきたいと思っています。社内の組織やルールづくりにも興味がありますね。



Sさんが経営企画職に就いたきっかけは、「社内の情報共有が不十分」という問題点に気付き、その解決のために自ら手を挙げたこと。経営企画の仕事について「人からの指示を待つのではなく、自分からポジションを取っていこうとする人に向いているかもしれません」と語ってくれました。


【profile】株式会社Donuts 経営企画室 Sさん
http://www.donuts.ne.jp

この記事のテーマ
ビジネス・経営」を解説

法律などの専門知識を学び、文書作成などの技能を磨くほか、資格取得や検定合格を目指すカリキュラムもあります。小売業や不動産売買、経営コンサルタントや税理士など、各ビジネス分野におけるスペシャリストも育成します。国家試験の合格が求められる高度な資格を必要とする仕事もありますが、専門学校の中には受験指導に実績を誇る学校もあります。

「ビジネス・経営」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営企画」
はこんな仕事です

会社の経営陣が行うことをサポートするのが主な仕事。経営に関する課題点や各事業部門の課題点を抽出し、解決策を導き出して、会社全体の経営戦略を考える重要な任務。社会動向分析、業界分析、競合調査などを行って、会社が進むべき道を探り、戦略・企画を練るため、幅広い視野を持って仕事をすることが求められる。経営者とともに、ときには大規模な社内改革を行ったり、10年先を見据えた経営計画を策定したりするなど、会社の発展に欠かせない責任の重い仕事といえる。

「経営企画」について詳しく見る