夏休みに経験したい!「3.11を学びに変える」被災地スタディーツアー

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

夏休みに経験したい!「3.11を学びに変える」被災地スタディーツアー

2017.07.05

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

夏休みに経験したい!「3.11を学びに変える」被災地スタディーツアー

なんとなく過ごしてしまうとあっという間に過ぎてしまう高校生活。実はさまざまな高校生向けイベントが存在し、貴重な経験をするチャンスがあるってこと、知っていましたか?
今回は、東日本大震災の被災地に訪れ震災を学ぶことを通して自分の生き方を見つめなおす、スタディーツアーを企画しているカタリバの林曜平さんに、ツアーについて伺いました。

この記事をまとめると

  • 高校生活を充実させるヒントを得られる
  • 学外に友達をつくるキッカケができる
  • 東日本大震災について学べる

ツアーチラシはこちら→https://goo.gl/Nkgt4l
お申し込みはこちら→http://ke-tour.com/tour_doui/

防災意識や自分たちにできることを考える

――「高校生被災地スタディーツアー」について教えてください。

宮城県の石巻市周辺を1泊2日で訪れるツアーです。1日目は震災遺構である大川小学校を訪問します。ここでは、津波により74名の児童と10名の教員が亡くなりました。これは、学校管理下では最大の被害規模です。地震の後、児童と教員は50分間校庭に待機し、避難を始めたところで津波の被害にあいました。なぜ50分間待機をしてしまったのか、子ども達や先生の命を救うことはできなかったのか。視察の後は参加者と遺族の方とで語り合います。ただ見るだけでなく語り合うことで、どこか他人事に感じてしまうことを自分事化します。
2日目は、女川町を散策します。女川町は住居倒壊率が84%と、被災地で最も高かった町です。ただ、女川の人々は震災後に立ち上がりました。震災をキッカケに町は生まれ変わっています。その様子を見ることと、地域の方の話を聞くことを通して、震災が辛く悲しいことだけではなかったということを知り、学校に戻った後にやりたいことを参加者同士で考えます。


――このツアーを初められたのは、どういったきっかけがあったんですか?

私が所属している認定NPO法人カタリバは、女川町で放課後学校を運営しています。勉強する場所がなかった子ども達に対して、勉強をする機会と安心できる居場所を提供しています。震災直後から被災地に行きたいという声がありましたが、当時は現地での対応に精一杯で実現できませんでした。被災地が落ち着いてきたタイミングで、学校の先生から研修旅行で被災地を訪れたいと相談があり、ツアーを始めました。通常は学校ごとに行いますが、昨年さまざまな学校から参加者を募ったことろ好評だったため、今年も開催することを決めました。

新たなチャレンジにつながる体験

――参加される高校生は、どのような人が多いですか?

本当にさまざまな学校から参加があるので、人それぞれです。被災地に行きたかったという人もいれば、時間があったから来たという人もいます。動機は問わないので、参加してみたいと思ったら是非一緒に行きましょう。1人での参加者も多いので大歓迎です。


――参加者の感想として、どのような声が多いのでしょうか?

「言葉が出なかった」「初めて見た被災地に衝撃を受けた」というものもあれば「女川が綺麗で驚いた」「自分の町をもっと好きになろうと思った」などさまざまな意見がありますね。


――この記事を読んでいる高校生に向けて、メッセージをお願いします。

「震災」や「被災地」と聞くと、少し自分とは離れている問題だと感じ、興味をなくしてしまう人もいると思います。一つ伝えたいのは、このツアーは震災について考えるだけのものではないということです。東日本大震災は、私達にとても大切なことを教えてくれます。想定外の状況の中で、目の前の人を守れるのか? 明日自分がいなくなるとして、後悔しない生活を送れているのか? 防災を超えて、みなさんとはそんなことを話したいと思います。ここがあなたの新たなチャレンジのキッカケとなるように、私も全力で準備をしたいと思います。当日、会えるのを楽しみにしています。

ツアーチラシはこちら→https://goo.gl/Nkgt4l
お申し込みはこちら→http://ke-tour.com/tour_doui/

カタリバの林曜平さん

カタリバの林曜平さん

東日本大震災が起こってから6年が経ち、今現在も復興に向けて歩み続けている被災地。実際に自分の目で見て体験してみないと分からないこと、気づけないことはたくさんあります。夏休みという機会を通して、参加してみてはいかがでしょうか。


取材協力:
認定NPO法人カタリバ
https://www.katariba.net/