世の中の流れを知ろう! 業界NEWS〜教育編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

世の中の流れを知ろう! 業界NEWS〜教育編〜

2017.07.24

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

世の中の流れを知ろう! 業界NEWS〜教育編〜

SNSやニュースでも話題になっている「保育園が足りていない!」という問題。今、子どもの教育や保育、また、それらにまつわる業界では、どのような変化が起きているのでしょうか?

今回は、日本で初めて「公園」の中に建てられた保育園を運営する茶々保育園グループの理事長・迫田健太郎さんに、新しい教育・保育のカタチについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 「茶々そしがやこうえん保育園」は、日本で初めて国家戦略特区制度を活用して公園内に建てられた保育園
  • 園内には、自分で気になることを調べたり、外の世界とつながったりできる工夫がある
  • 保育士とは、子どもと同じ目線に立って、子どもの社会性を育んでいく存在

日本初! 公園の中に建てられた画期的な保育園

2017年4月にオープンした公園内保育園「茶々そしがやこうえん保育園」。

2017年4月にオープンした公園内保育園「茶々そしがやこうえん保育園」。

――まず、「茶々そしがやこうえん保育園」について教えてください。

当園は、2017年4月にオープンした、日本で初めて国家戦略特区制度を活用して公園内に建てられた保育園です。今までは法律上、公園の中に保育園を作ることはできなかったのですが、数年前に「国家戦略特区」という制度が定められ、特定の区域で公園内に保育園を建てることが国に認められました。当園は、そうして実現した画期的な保育園です。

保育園そのものが足りなくて、さらに保育園の空きが出るまで保育園に通えない子どもがたくさんいるのが日本の現状です。皆さんもテレビのニュースなどで「待機児童問題」という言葉を聞いたことがあると思います。この問題はさまざまな理由によって起こっていますが、土地の確保ができないことも一つの原因です。特に住宅が密集している地域では、保育園を建てる土地を探すことがまず難しいのです。

ただ、今では法が変わり、国家戦略特区以外でも公園の中に保育園を作ることができるようになったので、今後、公園内の敷地を利用した保育園は増えていくのではないでしょうか。

子どもたちの創作力をかきたてるために、建物の室内も真っ白な造りになっている。

子どもたちの創作力をかきたてるために、建物の室内も真っ白な造りになっている。

――他にはどのような特徴がありますか?

やはり何といっても、子どもたちのすぐ近くに自然があることが特徵ですね。公園内に小川があって、そこにはザリガニがいたり、野生の花が咲いていたり、よりリアルな形で自然がそばにあって、子どもたちはそれに頻繁に触れることができます。

そして、当園の場合、外に自然がたくさんある分、室内では「想像力や自由な発想」を育める環境を意識しています。建物の室内を真っ白にしているのは、余計なものが目に入りすぎないようにして、子どもたちの創作力をかきたてるための環境づくりでもあります。

公園の中にあるため、子どもたちのすぐ近くにはたくさんの自然がある。

公園の中にあるため、子どもたちのすぐ近くにはたくさんの自然がある。

また、公園の中に作られているとはいえ住宅地も近くにあるため、住宅に面している壁には窓を作らないよう、設計しています。これは、公園内で子どもたちの声が漏れづらくする工夫であり、保育園を作るときは、このような騒音対策をはじめとした、地域住民からの理解を得ることも大切です。

教育の一環として、インターネットで外の世界とつながる部屋も用意

――この保育園では、教育にまつわるどんな取り組みが行われていますか?

当園には、「クリエイティブルーム」という、真っ白な壁に囲まれた、プレゼンテーションのためのステージがあります。ここでは、子どもたちにインターネットなどの情報通信技術(ICT)に触れる機会を設けています。

インターネットの画面をプロジェクターを使って壁面に大きく投影して、他の保育園の子どもたちや先生と顔が見えるオンライン通話で話したり、公園で見つけた昆虫など、興味を持ったことを大きな画面に映しながらみんなで一緒に調べたりすることで、子どもたちが外の世界とのつながりを感じられるようになっています。

これらの取り組みは、今、特に日本の教育業界で注目されている「アクティブラーニング」という能動的な学習を意識して行っています。これは、自分たちが主体的に学習に取り組んで、もっと自分なりの表現を見つけながら、人とつながって、学びを深めていこうという概念です。

「何かを学んで、それでおしまい」ではなく、学習したことに対して、「私はこのような課題を発見して、どのように学ぶか」という風につなげていく学び方です。その中で、「子どもたちが自分のことを表現できるようになる」ための指導・学習は、今、強く求められている教育です。

保育園の1階には、大きな映像を楽しめるスクリーンが。

保育園の1階には、大きな映像を楽しめるスクリーンが。

――クリエイティブルームでの学習では、どのようなことを心掛けていますか?

クリエイティブルームで外の世界・社会とつながる遊びを通して、「私たちが住む社会はこんなところだよ」「自分の考えを伝える機会が社会の中にあるよ」ということを子どもたちに伝えていきたいです。

将来的には、子どもたちが自分が話したいことをプロジェクターの映像を使いながら、友だちや保育士たちの前で発表できるようになるのではないかと期待しています。欧米で子どもたちが「Show and Tell(ショウ・アンド・テル)」といって、自分の興味があることや経験したこと、考えなどをお友だちに伝えるプレゼンテーション(発表会)を日常的に行っているように、日本の子どもたちにも“プレゼンテーション力”が育つといいな、と思います。

保育士は、子どもたちを「社会の一員」として育てる大事な仕事

子どもたちが今の自分の気持ちを伝えることができる工夫も。

子どもたちが今の自分の気持ちを伝えることができる工夫も。

――公園の中にあることで、子どもたちが地域の方々と交流をすることもありますか?

当園にはカフェが併設されており、そこでは地域の方や保護者の方が自由に出入りすることができ、子どもが大人と交流する機会が多くあります。例えば、お客さんが来たら、子どもたちが自らお茶をいれる、といったことにつながれば、カフェでの交流を通して、子どもたちの社会性が育まれていくと思っています。

それから当園では、クラスを学年別に分けることをせず、3〜5歳の子たちをあえて同じクラスにして、異年齢の子どもたち同士が交流し、助け合えるようにしています。年上の子が年下の子を助け、その子が大きくなったらもっと小さな子を助ける。そんな風に、自然と社会性を身に付けてもらえたらうれしいなと思います。

茶々保育園グループの理事長、迫田健太郎さん。

茶々保育園グループの理事長、迫田健太郎さん。

――では、保育士さんたちはどのような存在ですか?

保育士というのは、子どもが親元から一時的に離れ、社会の中で初めて出会う人間といっても過言ではありません。一人の人間の大事な幼少期に立ち会い、社会とつながっていくサポートをする、とっても重要な立場にあるのです。

保育士は立派な国家資格であり、児童心理など教育にまつわる分野を学んできた専門家です。「子どもを遊ばせている」だけではなくて、子どもたちの育ちを見守ったり、環境を整えてあげたり……保育士は、「これから社会を作っていく存在」である子どもたちを育てる大切な存在です。だからこそ、「保育士のお仕事は素晴らしい仕事なんだ」ということを、たくさんの人に分かっていただけるとうれしいです。

――では、保育士に向いているのはどういう人でしょうか?

子どもの目線に立って、子どもたち同士の付き合い方を見守ったり、楽しい遊びを提案してあげたりして、その中で子どもたちの社会性を育んでいける人だと思います。子どもの教育に興味がある人は、ぜひ今のうちから子どもたちと社会へ目を向けてみてほしいですね。

茶々そしがやこうえん保育園には、子どもたちの社会性を育む工夫が多くある。

茶々そしがやこうえん保育園には、子どもたちの社会性を育む工夫が多くある。

公園の中で自然に触れ合うことができ、地域の方と交流もできる茶々そしがやこうえん保育園では、子どもたちの社会性を育む保育が行われているんですね。保育士を目指している人は、「子どもの目線に立つことと」「子どもの社会を育むこと」を意識して、ぜひ教育について学んでみてはいかがでしょうか?

取材協力:茶々そしがやこうえん保育園

この記事のテーマ
サービス・インフラ」を解説

多くの人に便利、快適、感動などをもたらす業界です。人が何を望んでいるかというニーズを先取りし、サービスとして提供します。サービス業は「飲食、宿泊」「医療・福祉」「教育」「情報」や、それらを組み合わせた「複合サービス」があります。インフラはインフラストラクチャーの略で、電気やガスを供給する「エネルギー」、ヒトやモノを移動させる「交通・物流」など生活基盤を支える産業です。

「サービス・インフラ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教育」
はこんな業界です

教育サービスは、学生の学習補佐を目的とした「進学向け」と、キャリアアップや資格取得をサポートする「社会人向け」の2つに大別される。教育事業者には小・中学生を対象にした学習塾、大学進学をめざす予備校、社会人やシニア層に向けたカルチャースクール、専門学校、教材の提供と添削を行う通信教育などがある。衛星授業やeラーニング、さらには乳幼児を対象にした教室など、新しい教育サービスも展開されている。

「教育」について詳しく見る