【理系大学生編】就職人気企業ランキング

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【理系大学生編】就職人気企業ランキング

2017.07.26

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【理系大学生編】就職人気企業ランキング

皆さんは「将来やりたい仕事」について真剣に考えたことはありますか? 実は、高校生のうちから自分なりの仕事のビジョンを描いておくことは、進路選びにも、大学進学後の就活をスムーズに進めるためにもとても役立ちます。

今回は、理系大学生へのアンケート(※)を基に、就職先として人気を集める企業と、その人気の理由を読み解きます! ぜひこの機会に、将来どのような仕事に就きたいのか考えてみましょう。

この記事をまとめると

  • 生活に身近なモノやサービスを生み出す企業が、理系大学生から人気
  • 企業の選社理由には、“確かな技術力”を重視する傾向がある
  • 大学での専門知識を就職先でも役立てられるよう、将来の仕事も考えて大学や学部を選ぼう

理系大学生に人気の企業、トップ10を紹介!

人気企業ランキングTOP10(理系大学生)

人気企業ランキングTOP10(理系大学生)

アンケート結果を見てみると、理系大学生から人気を集めた上位10位の企業は、「製造系」「食品系」「鉄道系」と、大きく3つに分けられました。また、人気企業10社中5社が食品系の企業であり、ランキングの半数を占めています。

日々の生活に欠かせないモノづくりやサービスに関わる企業が多いのは、理系ならではの傾向といえそうです。食品系企業は食べ物、鉄道系企業は電車など、私たちの生活の根幹を支える身近な企業が人気を集める結果となりました。

また、注目したいのが、事業範囲が広いグループ会社や、誰もが知っている有名ブランド商品を扱う企業が多いこと。企業としての知名度が高いことも、人気企業となる理由の一つであるようです。

仕事に求めるものは何? 理系大学生の選社理由は?

理系学生の選社理由

理系学生の選社理由

次に選社の理由を見ていきましょう。

会社選びの理由としては、「やりたい仕事ができそう」が1位となり、仕事に“やりがい”を求める意見が最も多い結果となりました。次いで、「安定している」や「業界上位である」がランクイン。仕事にやりがいを求めると同時に、企業の“安定性”も重視する傾向があるようです。

その他、理系大学生の選社理由として特徴的なのが、4位と5位に「将来性がある」「技術力が高い」がランクインしていること。理系ならではといえる“確かな技術力”を就職先に求めた結果だと考えられます。

これら上記の理由を踏まえると、「給与・待遇が良い」「福利厚生制度が充実している」といった理由よりも、自分のやりたい仕事であるか、自分の技術を生かせる仕事であるかを重視する傾向にあるようです。

アンケート結果から読み取る、理系大学生の会社選びのポイント

食品系業界は、私たちにとって馴染みのある業界であり、私たちの普段の食事や食卓に直結する仕事だといえます。また、食品系の企業には、説明会やWebサイトなどで商品開発力や技術力を積極的にアピールしている企業が多いため、自分の技術力を生かしたいと考える理系大学生の人気を集めたのかもしれません。

人気企業の業界を大きく分けると、「製造系」「食品系」「鉄道系」の3つになりますが、そこで取り扱うものは、電子機器・化粧品・自動車・食品・飲料・電車サービスなど多岐に渡ります。その中でもグループ会社が人気なのは、事業範囲が広く、活躍できる場が多く用意されていると考えた大学生が多かったから、という見方もできそうです。

また、1位・3位・6位にランクインした製造系企業は、世界各地に販路を広げている国際的な企業です。高い技術力を武器にして世界をリードする製造系の企業に、“将来性”を感じた大学生の人気を集めたのではないでしょうか。

今回のアンケート結果を踏まえると、理系大学生が就職先を選ぶ際には、私たちの生活に欠かせないモノやサービスを扱っていること、そして自分の大学での学びが生かせる環境が整っていることを優先していることが読み取れます。


理系の場合は、製造・研究・開発など、大学で専門的に学んだ知識がそのまま仕事内容に直結できることが多くあります。将来やりたい仕事を思い描いてから、大学で学びたいことを決めるのも進路選択の方法の一つ。今回のランキング結果を見て、少しでも興味がある業界・企業があったら、そこで働くためにはどんな技術や学びが求められるのか、ぜひ今のうちから考えてみましょう!


※出典
「マイナビ・日経 2018年卒大学生就職企業人気ランキング」調査概要
Ⅰ. 調査対象:2018年3月卒業見込みの全国大学3年生、大学院1年生(調査開始時点)
Ⅱ. 調査期間:2017年2月1日(水)~2017年4月12日(水)
Ⅲ. 調査方法:
①就職情報サイト『マイナビ2018』上の入力フォームによる回収
②当社発行の就職情報誌にアンケートを同封し、郵送で回収
③『マイナビ就職EXPO』等、各イベント会場にてアンケートを配布・回収
Ⅳ. 有効回答:42,702名(文系男子11,337名、文系女子17,763名、理系男子7,955名、理系女子5,647名)