【シゴトを知ろう】医療秘書 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】医療秘書 ~番外編~

2017.08.04

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】医療秘書 ~番外編~

医師の仕事をサポートする医療秘書の仕事には、診断書の作成補助やデータ整理といった事務仕事から、患者への検査案内、他部署のスタッフ対応まで、幅広い業務があります。

こちらの番外編では総合南東北病院に勤める医療秘書の後藤美奈さんに、医療秘書の仕事の裏側や業界の横のつながりについて教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 部署によって追加で必要となる知識やスキルは異なる
  • 医療秘書同士の交流は、今後さらに強化されていきそう
  • 他部署との連携により医療秘書の仕事の可能性は広がる

常に効率を考え、医師の考えを先読みして動く

――医療秘書の仕事の中で、特殊な知識やスキルが必要となる場面があれば教えてください。
 
私が担当する外来部門では、医師の考えを読み取るスキルが必要だと感じています。「医師がどのような意図でこの検査を行うのか」「検査結果が出た後、どのような治療方針を考えているのか」を医療秘書が読み取り、先回りして適切にサポートすることが、患者さんの利益になるからです。

例えば、治療にあたって入院するか通院を続けるかでは、点滴に使用する針が異なります。そこで医療秘書は、医師がどちらの方法で治療しようと考えているかを読み取って点滴を準備する看護師に伝えます。そうすることで、患者さんに針の刺し直しという痛い思いをさせずに済むのです。

また、カルテを英語で書く医師もいるので、英語力が求められる場合もあります。英語が苦手な人は、少し大変かもしれませんね(笑)。
 
 
――プライベートでも役立っている、医療秘書の仕事で身につけた時間管理のコツなどがあれば教えてください。
 
医療秘書の仕事では、医師や患者さんから「何時までに○○をしたい」とよく頼まれます。そのため、急な要望にも対応できるよう、常に効率を考えて動く習慣が付きました。例えば、ミーティング室から担当診療科へ移動する間にスタッフに連絡事項を伝え、書類の回収も終わらせるなど、同時にできることはまとめて行います。

この習慣は、家事にも役立っています。料理をしながら洗い物を片付けるなど複数の作業を並行してできるようになると、自由な時間も増えますよ。
 
 

医療秘書同士の交流は、まだまだ発展の途中

――医療秘書同士の横のつながりや、意見交換の場はありますか?
 
地域にもよりますが、福島県では病院を超えた医療秘書同士の連携はまだ模索中で、学会や研究会を通じて、少しずつ交流の輪を広げている段階です。とはいえ、医療秘書はまだ歴史の浅い職種なので、これからどんどん横のつながりができると思っています。

当院だけでも施設ごとに医療秘書がいますが、物理的に離れていることもあり施設間の交流は難しいのが現状です。しかし、今後は複数の施設での合同勉強会を実施し、施設間の連携を強化する方向でいます。また、施設内でのつながりはすでにあり、私のいる部署では毎朝ミーティングを行う他、月に1〜2回勉強会を開催して部署内のコミュニケーションをとるよう心がけています。
 
 

学会発表によって、他部署との連携による可能性の広がりを実感

――最後に、お仕事の中で、一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。

一番の思い出は、日本医療秘書学会で日野原賞を受賞したことです。日野原賞とは、「身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療(プライマリ・ケア)」の先駆者である日野原重明先生の業績をたたえて設けられた賞で、最も質の高い臨床研究を実施し、発表したものに贈られます。私の発表テーマは、『「査定の減少を目指して」 ~医療秘書の立場からできること~』。医事課(医療事務の課)からもらった情報を基に医療秘書が介入し、業務を速やかに処理できた経験をふまえた発表でした。受賞によって、自分達の働きが学会に認められたと誇らしく感じましたね。

「医師だけではなく、他の部署とも連携すれば医療秘書の可能性が広がる」という考えを全国の医療秘書に伝え、医療秘書全体が活性化してほしいと思って臨んだ発表でした。受賞の喜びはもちろんですが、発表の準備期間にはたくさんの部署に協力してもらい、周囲との連携やコミュニケーションの重要性を改めて実感する機会にもなりました。
 
 
これからは「チーム医療」の時代といわれ、さまざまな部署が連携して医療に取り組む仕組みが求められます。それをサポートする医療秘書の存在は、今後さらに必要とされそうですね。
 
「医療に関わりたい」「比較的新しい職種を自分の手で発展させたい」という人は、ぜひ医療秘書の仕事を将来の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
 
 
【profile】一般財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院 医療秘書 後藤美奈
【取材協力】一般財団法人日本医療秘書学会

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療秘書」
はこんな仕事です

医師や看護部長などの秘書業務を行う仕事。医師のスケジュール管理、書類やデータ類の作成、院内の備品管理、電話や来客応対、会議の準備など多岐にわたる。一般企業の秘書業務とほぼ変わらないが、仕事内容がすべて医療と関わるので、医療の知識が必要である。勤務先は、総合病院、大学病院、各種診療所など。病院によっては、診療報酬を請求するレセプト業務を担当することもある。また、診療科ごとに設置されている医局を担当する秘書もいる。院長を担当する秘書には、英語力などの語学力が必要な場合もある。

「医療秘書」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける