環境学部って、何を学ぶの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

環境学部って、何を学ぶの?

2017.07.11

提供元:マイナビ進学編集部

環境学部って、何を学ぶの?

よく耳にする「環境学」という学問。地球温暖化など、環境問題にまつわるニュースをよく見かけるものの、「どんなことを学んでいるか漠然としか分からない……」という方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、「環境学」という学問についての知識、環境学部で学ぶこと、環境学の学びがつながる職業などを紹介します。

この記事をまとめると

  • 人と自然環境の関わりについて学ぶのが、「環境学」という学問
  • 自然環境を守りながら、人と自然がともに生きていく道を目指す
  • 環境系の研究者や設備機器メーカーの開発者といった職業につながる

そもそも「環境学」って何?

環境学とは、人と地球の環境の結びつきを理解し、人と自然が共存するために必要なことを研究する学問です。さまざまな環境問題が課題に挙げられる今、自然環境を守りながら、人と自然がともに生きていく道を探す学問ともいえます。

人間が森林伐採などをして生活圏を広げ、温室効果ガスや大気汚染物質、工業・家庭排水などを排出することによって、地球の環境が汚染されると、生態系にも大きな影響を及ぼします。地球環境を守るために、私たち人間のどんな行動が問題なのかを考え、人や社会がどんな暮らしや行動をするべきか研究するという学問が「環境学」なのです。

環境学部では何を学ぶのか?

では、環境学部では具体的にどのようなことを学ぶのでしょうか。

環境学部にはさまざまな分野があり、研究分野の基本となる「自然科学」「人文・社会科学」を学んでから、それぞれ専門的な分野に分かれて、さらに研究を行っていきます。環境学の分野を例に、どんなことを学ぶことができるのかをご紹介しましょう。

・環境システム学
私たちにとって身近な住宅や街だけでなく、地域や国、地球規模まであらゆる環境を対象に、建築や都市を人間の活動システムと捉えて問題点・解決策を研究します。リサイクルやエネルギー、廃棄物の活用などに必要な技術や、環境を守るためのコミュニティのあり方など、都市環境について主に学んでいきます。

・環境デザイン学
建築やインテリア、服飾など、快適で環境に優しいデザインについて学びます。科学的な根拠に基づいて、個人から都市、地域まで幅広くサポートできるデザインをするための技術や知識を身に付けます。

・自然環境学
生物と環境、化学と環境の関わりを学びます。野外調査や化学実験を行いながら、生物や大気、水、土壌などについて詳しく研究していきます。

・地理学
自然環境の成り立ちや都市ごとの経済・社会の特性、地域の文化や民俗など、人と自然に関わるあらゆることを学びます。

ほかにも環境学部は、学校によってさまざまな分野・学科が用意されています。同じ学科でも大学によってカリキュラムは異なりますから、カリキュラム内容までよく見ておくことが大切です。

環境学を学ぶことで、どんな仕事を目指せるのか?

では、環境学部に入学した人は、実際にどのような職業を目指せるのでしょうか。

進路の例としては、環境設備機器の開発・設計などを行う「機械設計・技術者」や、環境やエネルギーに関する調査や設計、整備などを行う「環境分析技術者」「エネルギー系研究・技術者」などが挙げられます。

また、環境にまつわる土壌や工学について学んだ人は「土木系研究・技術者」、微生物を利用した環境保全について学んだ人は「バイオ技術者」といったように、建築や科学の分野へ進むこともできます。

また、「国家公務員」や「地方公務員」になって、地域や国の環境政策に取り組む道もあるでしょう。環境保全のためのイベントを開催したり、教育機関に就職して子どもたちに環境について教えたりと、環境学部を卒業後の進路はさまざまなものが考えられます。

環境学は、文系と理系の両方の側面を持った学問です。環境学について興味が湧いた人は、まずは自分が住んでいる街で、環境を守るためにどんな取り組みが行われているのか調べ、人と環境がどんな風につながっているのか考えてみましょう。そして、私たちを取り巻く身近な環境のことをさらに詳しく知りたいと思ったら、ぜひ環境学部を進路選択の一つとして考えてみてくださいね。

この記事のテーマ
地球・環境・エネルギー」を解説

私たちの暮らす地球では、火山噴火、地震、台風、干ばつなど、人類にとっては有害な現象がいまも続いています。こうした現象を研究・解明し、うまく折り合いをつけていくことが必要です。また、豊かな生活を求めるあまり、限りある地球資源を枯渇させてしまったり、自然環境を破壊してしまうことは、人類の絶滅を意味します。こうしたことを防ぐためには、技術系の学問だけではなく、政治や行政などに関する幅広い知識も必要な分野です。

「地球・環境・エネルギー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「環境学」
はこんな学問です

人と地球環境の密接な結び付きを理解し、自然科学と人文・社会科学の知識を合わせ、人が自然と共存し、持続可能な発展をめざす学問である。個別の研究テーマは多岐に分かれており、人と自然を一連のシステムと捉えて環境問題の解決策を研究する「環境システム学」、主に都市と自然と人の調和を図る建築・インテリアを研究する「環境デザイン学」、複雑化する地球環境に対応するために地理学・環境生態学・情報科学を駆使する「地理学」などがある。

「環境学」について詳しく見る