【シゴトを知ろう】インテリアスタイリスト ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】インテリアスタイリスト ~番外編~

2017.07.19

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】インテリアスタイリスト ~番外編~

「【シゴトを知ろう】インテリアスタイリスト 編」では、イメージをお客さんと共有する難しさややりがいを、インテリアスタイリストの坂野まどかさんに教えていただきました。

こちらの番外編では、インテリアスタイリストの知られざる事実や、ご自身の部屋で意識していることなどについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 指や手のひらをメジャーの代わりにして、家具のサイズを予想する
  • 興味のあるイベントや場所には、積極的に足を運んでみる
  • クリエイターとアイデアを出し合った展示はいい経験になった

指や手のひらなど、自分の体をメジャー代わりにしている

――意外と力仕事の多い仕事だと本編で伺いましたが、他にも、この仕事の知られざる事実はありますか?

よく驚かれるのは、自分の指や手のひら、腕などの体の寸法を覚えていることです。というのも、打ち合わせ先で家具や扉を見たときに、目で見ておおよそのサイズを答えられるようにするため。

インテリアスタイリストになって最初のころは、何を見るにもまずは目で計り、その後メジャーで実際のサイズを計って誤差を確かめるという訓練を繰り返し、目測の精度を高める努力をしました。一度コツをつかむとメジャーがないときに便利ですし、たまにお客様から「おお〜」と声が上がることもあり、ちょっとうれしくなります(笑)。
 
 

自分の部屋では、自分の感性を思う存分発揮する

――部屋というプライベートに身近なものに関するお仕事ですが、オンとオフはどのように分けていますか?

仕事と休日の過ごし方でいうと、はっきりとは区別していません。休みの日も、インテリアショップやデザインイベント巡りをしていることが多いです。蚤の市など、雑貨を販売しているイベントは、誰でも気軽に行けていいですよね。

ちなみに、そういったイベントの情報は、FacebookやTwitterなどのSNSでチェックしています。とにかく興味のあるものに足を運んでみることがモットーです(笑)。イベントに行くと、その会場でまた別のイベントの告知ポスターやフライヤーを目にすることもあるので、次に行きたいイベントを見つけるきっかけにもなります。
 
 
――ご自身のお部屋で気にかけていることがあれば教えてください。

仕事でのインテリアスタイリングは、依頼主であるお客様のためのものですが、自宅は自分のためのものだと考えています。なので、実際の私の部屋には、さびた鉄や用途の分からない枝など、一見「変なの」と思うようなアイテムでも自分が気に入ったものを置いています。思う存分、好きなものを置けるのは楽しいですし、その中で居心地の良さも追求するのは、腕の見せどころかな?とひそかに燃えますね。
 
 

たくさんの人と一緒に作り上げた企画展は忘れられない

――お仕事の中で一番の思い出や達成感を感じたエピソードを教えてください。

一番を決めるのはとても難しいですが、強いて挙げるなら、去年、あるイラストレーターさんとコラボレーションして開催した展示会でしょうか。

イラストレーターさんによるスケッチが展示され、その会場であるインテリアショップのスタイリングを私が行うといった内容でした。私は、彼が実際に集めていた鉛筆の削りカスやイラスト制作の過程で使ったティッシュ、絵の具をディスプレイすることで、アトリエを再現したんです。しかし、ただ再現するだけではなく、壁一面に掛かる作品と一緒に本物の葉っぱも飾るといった工夫をし、私の中にある「イラストレーターさんが住んでいそうな部屋」の要素も盛り込みました。

思い返すと、展示会の発案者であるインテリアショップの店長さんから「自由にやっていいよ」と言ってもらえたことで、表現することに打ち込めた展示会でした。インテリアショップ、イラストレーターさん、私の3者でアイデアを出し合った、思い出深い経験です。
 
 
イラストレーターさんたちとアイデアを出し合って作り上げた展示会には、多くの人が訪れたそうです。自分の体のパーツをメジャーの代わりにするというお話も、驚きでした。
 
インテリアスタイリストを将来の選択肢に加えたいと思った人は、まずはインテリアやデザインに関するイベントをチェックしてみてはいかがでしょう。坂野さんがお話してくださったように、そこからさらに新しい情報が得られるかもしれませんよ。
 
【profile】インテリアスタイリスト 坂野まどか

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「インテリアスタイリスト」
はこんな仕事です

インテリアスタイリストは、テレビのスタジオセットや雑誌の撮影現場などや、商業施設のディスプレーなどのデザインやスタイリングが主な仕事。依頼されているテーマやイメージに合わせてインテリアを選び、空間をデザイン・スタイリングすることを仕事としており、実際に人が住む居住空間のスタイリングは行わない。インテリアスタイリストに必須の資格はないが、インテリアコーディネーターのほか、設計図を描くCADや、カラーコーディネートの知識があると活躍の場も広がるだろう。

「インテリアスタイリスト」について詳しく見る