【シゴトを知ろう】紬職人 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】紬職人 ~番外編~

2017.07.26

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】紬職人 ~番外編~

江戸時代から上田紬(つむぎ)は手触りもよく、豊富な柄などで人気を博しました。表地1枚で裏地を3回取り替えるほど丈夫で長持ちする織物として「三裏縞」と呼ばれ、特に有名だったといいます。伝統ある工芸品であると同時に、女性を美しく彩り、常に時代を牽引する存在であり続けた「織り物」。代々新しいことに挑戦し続け、上田紬の決まりごとは逸脱しないギリギリのエッジを攻め続ける藤本の佐藤元政さんに、上田紬に関するあんなこと・こんなことを伺いました。

この記事をまとめると

  • 一人前の織り職人になるには心に波風をたてず、一定の力で作業をすることが重要
  • 分業をせず各工房で全行程を行う上田紬は、工房ごとの個性が際立っている
  • 上田市を盛り上げるための地元発信の「UP↑」プロジェクトが発足した

取りまとめ役の「産地問屋」がいないことで、各工房の個性が育った

――どれくらい修行すれば一人前の職人になれますか?

究極の質問ですね。こればかりは個人差も大きいし、ゴールがない世界なので明確なお答えはできませんが、例えば「織り」だけの話をすると、集中して頑張れば3カ月くらいで織れるようにはなりますよ。では織り子になったばかりの人と、この道50年のベテランで何が違うかというと、「耳が揃っているか」と「打ち込みの加減」だけなんです。

耳の揃いというのは、布の端で糸を折り返す時に糸が余り過ぎず、つれ過ぎず、美しく揃って仕上がっているかどうか。打ち込みの加減というのは、横糸をトントンと打ち込む時の手の力加減のことで、タテ1cmの間に横糸が10本入るのか、11本入るのかで、仕上がりの色が全く違うものになってしまいます。この打ち込みを一定の力加減で織れるようになったら一人前でしょうね。イライラすると目が詰まったりと、精神的な波があると打ち込みの力が変わってしまうこともあり、紬一反を織り終わるまでの数週間、同じテンションで打ち込まなければいけない。しかも上田の紬は「二度打ち」してしっかり織り上げられた丈夫さが特徴でもあるので、打ち込みの力加減の難易度は少し高いかもしれませんね。

――上田の紬の特徴はどのような部分でしょうか?

上田には養蚕をする十分な土地がなかったことから、蚕種(さんしゅ・蚕の卵をつくる仕事)が盛んになり、その副産物である出殼繭を原料に紬が発展しました。結城紬や大島紬など、紬の産地には普通、生産者とお客さまの間に入って取りまとめる役割を果たす「産地問屋」というものがあります。産地問屋があるところでは、織り子は純粋に織るだけが仕事で、それぞれの産地の特色を決めてデザイン・設計を考え、各職人に指示を出すのも、販売をするのも産地問屋が一手に引き受けています。

しかし、上田にはこの産地問屋が存在しないんです。これは長野県民の特徴としていわれる協働性の無さ、つまり人と一緒に何かをすることが苦手だからだと個人的には考えているんですが(笑)、実はこのことが上田紬の自由で個性的な特徴をつくり上げてきた要因だと思っています。上田では各工房がそれぞれデザインから設計・染色・織り・販売まで、ほぼ全ての工程を手がけます。分業が当然の紬の産地として、これは非常に珍しいこと。当然工房ごとの個性は際立ち、それぞれが試行錯誤して新しいものにも挑戦できる気風があります。その代わりに上田全体に共通する大きな特色や潮流のようなものはなく、工房の数だけスタイルがあり、各工房それぞれが自由で個性的です。でもこう言うとカッコよく聞こえるかもしれませんが、いざ全体をまとめようと思っても誰もが勝手気ままがなので全然まとまらない(笑)。それはそれで困る時も多いですけどね……。

上田市の若きリーダーたちが盛り上げるプロジェクトも発足!

――上田市をブランド化するプロジェクトも立ち上げられたと聞きました

2016年の大河ドラマ『真田丸』の舞台となり盛り上がったことを受けて、上田市の特産品、例えば信州上田紬をはじめとする伝統工芸品やお酒やドライフルーツなどをブランド化したり、新たな商品を企画・開発したりと、信州・上田の「とっておき」をもっと全国にアピールしようというプロジェクトです。「上田 」→ 「上だ」 → 「↑」という発想で、ついた名前が[UP↑]プロジェクト。上田商工会議所の若手経営者が中心のプロジェクトとして若い感性を取り入れたユニークな商品開発や生産を目指しています。

六文銭をイメージしたロゴマークは、東京五輪などのロゴデザインを制作した野老朝雄さんにお願いして、シンプルだけどインパクトのある印象的なマークが出来上がりました。お店に並ぶ商品のパッケージや屋台の幟などにこのモチーフが加わって、今では街の風景の一部になりました。


――今後挑戦したいことなどはありますか?

上田紬というと縦縞のイメージなのですが、そこに横縞を入れたギンガムチェックやタータンチェックのデザインを考えてみたいですね。織物の世界は古くからの職人さんが長く現役で活躍できる場なので、ある意味古い技法や考え方が大切に守られています。でも私たちが考えるべきは、いかに古典的なモノを大事にしながら固執せずに新たな試みに挑戦するか。これからも柔軟な発想で、上田紬に新しい伊吹を吹き込んでいければと思っています。



[UP↑]プロジェクトの他にも、工房の2階をフリーランス・ワーカーのためのコワーキングスペースにしたり、子ども向けおもちゃブランド“cocon”を立ち上げたりと、異なるフィールドを渡り歩き、さまざまな活動を精力的に行う佐藤さん。伝統工芸の守られた世界に安住せず、常に新しいことを取り入れていくエネルギーは、上田紬を衰退させるどころか盛り上げる大きなうねりになっているようです。


【profile】紬職人 佐藤元政
信州きもの 上田紬 藤本 http://ueda-fujimoto.jp/
UP↑プロジェクト http://happygate.co.jp/uedayeg/up.html

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「紬職人」
はこんな仕事です

絹の紡ぎ糸で織られる「紬」をつくる職人。紬は日本に古くから伝わる織物で、その歴史は約1300年を数える。完成するまでには「糸紡ぎ」「絣括り」「機織り」など30以上もの手作業の工程が必要。したがってそれぞれを専門家が担当する分業制でつくられている。紬職人とは、そうした専門的な職人の総称。日本各地に独特の紬が存在するが、とくに大島紬や結城紬は有名で、結城紬は国の重要無形文化財にも指定されている。また、結城紬の生産地の一つである栃木県小山市には紬織物技術支援センターがあり、次代を担う後継者を育成している。

「紬職人」について詳しく見る