オープンキャンパス準備にも! 学校パンフレットってどうやって取り寄せるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス準備にも! 学校パンフレットってどうやって取り寄せるの?

2017.07.04

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

オープンキャンパス準備にも! 学校パンフレットってどうやって取り寄せるの?

「そろそろ具体的な志望校を決めないと……」。そう思ったときに学校選びの参考になるのが、「学校パンフレット」。まずは興味のある大学や専門学校の学校パンフレットを取り寄せて、学校でどのようなことを学べるのか、どんな場所で学ぶことができるのか、それぞれ比較してみませんか?

今回は、学校パンフレットの取り寄せ方について詳しくご紹介します。「どうやって取り寄せればいいの?」「お金はかかるの?」といった疑問を持っている人は必見ですよ!

この記事をまとめると

  • 学校パンフレットは無料で提供している学校が多いが、一部の大学では有料の場合も
  • マイナビ進学では、学校パンフレットだけでなく、「受験案内」や「願書」も請求できる
  • 紙の学校パンフレットを作らずに、Webサイトに情報を載せている学校もある

「マイナビ進学」なら、学校の種類&エリアから、学校パンフレットが取り寄せられる

学校パンフレットを手に入れる方法は、主に次の3つが挙げられます。

1. 塾・予備校・高校に置いてあるものをもらう
2. 大学・専門学校に直接訪問して手に入れる
3. 進学情報サイトを利用して送ってもらう

(1)と(2)は特定の学校パンフレットしか手に入りませんが、(3)は一度に多くの学校パンフレットを入手できるのがメリットです。


今回は、「マイナビ進学」のサイトを使って、学校パンフレットを入手する方法をご紹介します。

【1】
マイナビ進学の「資料請求」のページにアクセス。
https://shingaku.mynavi.jp/ikkatsu/

【2】
学校の種類(国公立大学、私立大学、国公立短大、私立短大、海外の大学、専門学校、その他の学校や教育関係機関など)を選んだ後、希望の地域を選びます。

【3】
検索の結果が表示されます。さらに、絞り込みたい場合は、「キーワード(学校名や学部・学科名など)」「都道府県」「学べる学問」「目指せる職種」といった条件を指定しましょう。

【4】
資料請求したい学校名の横にある「CHECK」欄をクリックし、チェックを入れましょう。

【5】
チェックが終わったら、ページの下部にある「チェックした学校に、まとめて資料請求する」というオレンジ色の部分をクリックしてください。

【6】
すると、「資料請求カート」のページが開き、あなたがチェックした学校がすべて出てきます。もし、誤ってチェックしてしまった学校がある場合は、学校名の欄の右端にある「×削除」という文字をクリックすれば削除されます。学校名が確認できたら、一番下にある「送付先の入力」というオレンジ色の部分をクリックしましょう。

【7】
送付先の住所などを入力し、請求内容や入力内容が確認できたら、請求完了です。あとは学校パンフレットが自宅に届くのを待つのみ!
※「マイナビ進学メンバー」になっている場合、送付先の入力は必要ありません。

学校パンフレットは、無料で提供している大学が多いですが、有料の大学もあります。有料なのか無料なのかは、「資料請求カート」のページに表示されますので、そこで確認しましょう。

進路のミカタWEBからでも簡単♪

また、今皆さんが見ているこのサイト、「進路のミカタWEB」からでも同じように資料請求ができます。画面上の「学校を探す」メニューから同じように検索してみましょう。
https://mikata.shingaku.mynavi.jp/gakkou/search/

【ポイント1】
学校種別や条件の変更は「検索条件(PC)」「検索条件を変更する(SP)」から変更できます。

【ポイント2】
気になる学校があったら「資料請求カートに追加」をクリックして追加していきましょう。画面上の「資料請求カート」から一度にまとめて請求できます。

「学校パンフレット」だけでなく、「受験案内」「願書」も請求してみよう

マイナビ進学では、学校パンフレット(学校案内)だけでなく、「受験案内(募集要項)」や「願書」も請求することができます。

受験案内と願書はセットで、書店でも販売されます。ただし、書店で売られる受験案内&願書は、地域周辺の大学など、一部の大学に限られることがほとんど。直接学校に問い合わせるか、進学情報サイトを利用したほうが、より確実に志望校の受験案内&願書を手に入れることができるでしょう。

「マイナビ進学」の場合、検索結果のページで、学校名の横に「学校案内(学校パンフレット)」「受験案内」「願書」などと表示されます。この表示されている資料名が請求可能な資料ということです(学校によっては、「学校案内」と「受験案内」を同じ冊子にまとめていることもあります)。自分が興味のある学校が見つかったら、まずはどの資料が請求可能なのかをチェックしてみましょう。

一部の学校は、全ての情報を公式サイトに載せていることも

一部の学校では、学校パンフレットを紙ではつくらず、全ての情報を公式サイトに載せていることも。紙の学校パンフレットを作っていない学校の場合は、その学校の公式サイトを訪れてみるようにしましょう。

また、紙の学校パンフレットを作っている学校でも、学校パンフレットに掲載する情報を少なくして、より詳しい情報を公式サイトに載せている場合もありますので、「パンフレットに書いてあること以外の内容も、もっと知りたい!」と思った人は、同じくその学校の公式サイトをチェックしてみてください。

マイナビ進学が2015年に行ったアンケートでは、高校卒業生の多くが複数校の学校パンフレットを取り寄せていたことが分かりました。特に大学では、10校以上のパンフレットを集めたという回答が約4割を占め、多くの先輩が複数の学校パンフレットを読み、その中から自分に合った学校を選んでいったようです。


マイナビ進学と進路のミカタWEBでは、今なら「ここから始まる! 進路選び応援キャンペーン」として、学校パンフレットを10校以上まとめて請求すると、全員に図書カード1,000円分プレゼント中(*)ですので、この機会にたくさんの学校パンフレットを取り寄せてみましょう。パンフレットを見て興味を持った学校には、ぜひオープンキャンパスにも訪れて、実際に自分の目で学校をチェックしてみてくださいね!

▼マイナビ進学(大学・短期大学・専門学校)資料請求
https://shingaku.mynavi.jp/ikkatsu/

▼進路のミカタWEB「学校を探す」
https://mikata.shingaku.mynavi.jp/gakkou/search/

*高校生・高専生限定。2017年8月31日まで