【シゴトを知ろう】スポーツのチームや組織で働く人 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】スポーツのチームや組織で働く人 編

2017.07.24

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】スポーツのチームや組織で働く人 編

スポーツチームが勝つためには実力のある選手だけでなく、優秀なスタッフが必要です。多くの費用が必要となるため、スポンサーの存在も欠かせません。日本の代表的なレーシングチームである「チームルマン」で、スポンサー営業を中心にチームを裏で支える仕事をしている狐塚宣寿さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 誰とでも会話ができる営業的な素質が生きる仕事
  • レース業界の稼働日は土日がメイン
  • サーキットで本物のエンジン音を聞いてレースにはまる人は多い

勝利に向かってみんなで取り組めることが喜び

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください

「チームルマン」というレーシングチームの営業部長をしています。基本的にはスポンサーへの営業・交渉を行ったり、レースのときにスポンサーをサーキットへお連れすることが仕事です。今年は「SUPER GT(*1)」に1台、「スーパーフォーミュラ(*2)」に2台出走しますが、車のパーツ発注の仕分けやお金の管理も行いますし、シーズン前にはドライバー選定やチームスタッフの人員配置も行います。レースは4月から11月まで行われますが、レースごとにスポンサーのイベントをお手伝いしたり、ピット裏にスタッフが待機するテント村を設置したり、関係者の宿泊の手配をしたり、ドライバーのサイン会を開いたり……ということを繰り返します。レースにはスポンサーが招待した方を含めると毎回400名くらいのお客様がいらっしゃるので、その対応に追われることもあります。

<一日のスケジュール> ※シーズンオフのある日の例
9:00 始業
午前中 契約書類の確認
午後 海外の交渉先が始業する時間に合わせて電話やメールなどで交渉
19:00 終業

*1 SUPER GT:FIA(国際自動車連盟)公認の国際シリーズであり、国内最高峰の自動車レース。GT500とGT300の異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走する見どころの多いエキサイティングなレース。2人のドライバーが交代で走る。

*2 スーパーフォーミュラ:SUPER GTと並ぶ国内最高峰の自動車レース。タイヤがむき出しのフォーミュラカーが使用される。


Q2. どんなときに仕事の楽しさ・やりがいを感じますか?

レースに勝つという目標に向かって、仲間意識を持ってチームみんなで取り組めることがすごく楽しいですね。さらに勝つという喜びもあります。もちろん1着が良いのですが、「SUPER GT」は1回優勝する度にウェイトハンデといって、自動車メーカーの経済力・開発力で差が出ないよう車体に重りを載せて走らないといけないルールがあり、連続優勝が難しいんです。年間を通していかにリタイアせずに上位に入っていくかということが大切で、表彰台に上がれれば喜びは大きいです。


Q3. 仕事の大変さを感じるのはどんなところですか?

シーズン中は絶え間なくレースがありますので、時間が足りないことですね。あとは皆さんが休みの日が我々の仕事の日ということ。レースも土日開催ですし、ショッピングモールでレーシングカーを展示するようなイベントなども行っているのですが、そちらも土日や祝日がメインです。でも命を張って頑張っているドライバーのために、我々がもっと盛り上げてファンを増やしていかないといけません。

車への憧れから自動車業界・レーシング業界へ

Q4. どのようなきっかけでこのお仕事に就きましたか?

車に興味があって自動車メーカーに就職し、25歳の頃にレーシング業界に転職して今に至ります。当時は星野一義さんや中嶋悟さんという伝説的な日本人レーシングドライバーが全盛だった時代で、チケットも入手できないくらいでした。
車への興味はあっても、自分が走りたいわけではなくメカニックができるわけでもないため、自動車メーカー時代は営業職に就き、レーシング業界でも自然と運営の仕事に回りました。飽き性なので途中でレースを離れてチューニングカーのメーカーに移ったこともありますし、自動車業界・レース業界のさまざまな会社を渡り歩いてきましたが、今となっては幅広い経験が仕事に生きているので良かったと思います。


Q5. この仕事に就くためにどんなことを学びましたか?

私はもともと水泳の選手で、大学にも水泳の推薦で入学しました。ところが体を壊してしまい、居づらくなって2年で辞めてしまいました。その後日産自動車に入社し、用品の部署に配属されたのがこの業界でのスタートでした。今はアルミホイールが普及していますが、昔は鉄ホイールが一般的で、タイヤとアルミホイールを買って取り換え、自分なりの装飾を楽しむような時代でした。私も当時絶大な人気を誇っていた日産自動車の「ローレル」という車に憧れ、その会社に入ったわけですが、車業界のことや用品の知識はそこで多くのことを学びました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢や経験したことが、現在のお仕事につながっていると感じることはありますか?

高校生の頃は水泳ばかりやっていて、将来の仕事について考えたことはありませんでした。東京地区では良いポジションにいたので、それこそ当時は「目指せオリンピック」でしたね。でも当時から先輩方が乗っている車には魅力を感じていました。だから16歳になったらすぐに原付免許を取りましたし、18歳で自動車と二輪の両方の免許を取りました。

サーキットに来て本物のエンジン音を聞いてほしい

歴代ドライバーのヘルメットやチームが獲得したトロフィー

歴代ドライバーのヘルメットやチームが獲得したトロフィー

Q7. どういう人がこの仕事に向いていると思いますか?

誰とでも会話ができる営業的な素質を持った方ですね。いつでも笑っていられることがポイントです(笑)。そこは本当に大事です。私は初めての仕事が営業職だったのですが、これは自分の天職なのでは……と思いました。人と話をするのも好きですし、売れることがすごく活力になるタイプでしたから。今もレースのスポンサー獲得ための営業活動をしていますが全く苦ではなく、どんどん取りに行こうという気持ちで取り組んでいます。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

車に対してもっと興味や理解を深めていただけるとうれしいですね。レースは全ての人に興味を持ってもらうのは難しいとは思いますが、見ればきっとはまると思うので、一度ぜひ見に来てください。本物のエンジン音を聞いたことがありますか? 最近は電気自動車のエンジン音を聞くことのほうが多いかもしれませんが、排気量の大きい車のマフラーから出てくる大音量をぜひ味わってほしいです。タイヤやオイルの焼けたニオイも味わい深いものです。慣れてくるとエンジンのメーカーによって音が違うことも分かってきます。ぜひそれを体験してほしいなと思います。



「勝利の喜び」というものは社会に出て普通の仕事をしているとあまり感じる機会がありませんが、スポーツやレースのチームで働くと日常的にそのうれしさや悔しさを味わう場面があり、それは多少のつらさも吹き飛ぶくらいエキサイティングなものなのでしょうね。


【profile】株式会社チームルマン 営業部 部長 狐塚宣寿 
チームルマン:https://www.teamlemans.co.jp
SUPER GT:https://supergt.net
スーパーフォーミュラ:http://superformula.net/

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツのチームや組織で働く人」
はこんな仕事です

野球やサッカーなど、スポーツ選手が所属するクラブチームの運営に携わる仕事。広報活動やスポンサーの開拓、選手の契約の管理、経理など、業務内容は幅広い。新たな有力選手の入団交渉や、所属選手に対する処遇の変更など、チームの人事面もサポート。また、サポーターやファンの来場数を増やすために、集客方法を考案することもある。クラブチームを運営する企業に就職するケースが一般的。必要な資格はないが、スポーツが好きで、チームや選手に愛着を持って業務と向き合える人に向いている。

「スポーツのチームや組織で働く人」について詳しく見る