【シゴトを知ろう】警察官 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】警察官 編

2017.07.21

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】警察官 編

警察官のお仕事は、人々の生活や安全を守ること。おそらく多くの方にとって一番身近なのが、交番に勤務している“お巡りさん”ではないでしょうか。警察官には交番にいる時以外にもいろいろな仕事があるようです。神奈川県警察の地域課に所属するSさんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 交番勤務でパトロールや交通取締り、事件・事故の対応などを行う
  • パトロールや巡回連絡等で地域住民と触れ合う機会が多い
  • 警察官は大変なことがあっても、それを上回るやりがいのある仕事

感謝の言葉が「頑張ろう」という励みに

Q1. 仕事の概要と一日のスケジュールを教えてください

現在は交番勤務をしています。主な仕事内容は自転車や徒歩で街を見回るパトロール、交通取締り、非常時の連絡に役立てる「巡回連絡カード」作成のため住宅・店舗への訪問、交番や警察署での地理案内や遺失・拾得物の対応などです。もちろん事件や事故が発生した際には、速やかに現場に赴き必要な措置を行ないます。
勤務サイクルは24時間勤務の3交代制。基本的に朝8時半から勤務を開始して翌朝に交代、その次の日が休み、というサイクルです。

<基本的な一日のスケジュール>
7:30 警察署に出勤
8:30 交代、引継ぎ
9:30 交番勤務開始
午前中 パトロール、巡回連絡、交通取締りなど
13:00 昼食
14:00 パトロール、巡回連絡、交通取締りなど
17:00 付近の交差点で立番
18:00 夕食
19:00 パトロール、不審者に対する職務質問など
※合間に休憩、仮眠
7:00 付近の交差点で立番
8:30 交番勤務終了、警察署へ、交代、引継ぎ


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

感謝の言葉をいただけることが一番のやりがいになりますね。落とし物が見つかって持ち主の方に「ありがとう」と喜んでもらえたり、事故や事件が解決して被害者の方にお礼を言ってもらえたりすると、「また頑張ろう」と励みになります。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

休憩や仮眠の時間はあるものの、事故や事件が多いと全く休憩をとれない時もあります。立て続けに事件が起こり、1人で対応しなくてはいけないような時はやはり大変さを感じますね。また、自分の受持ち以外の離れた場所へ応援に駆けつけることもあります。私の場合移動は自転車か徒歩なので、そのような時は全力で自転車を漕いで向かうんです。繁華街などは自転車だと歩行者にぶつかる危険があるため走って現場に向かうことになり、結構体力を使います。

警察官への印象が大きく変わった、高校時代に遭った盗難事件

Q4. どのようなきっかけ・経緯で警察官という仕事を選びましたか?

就職活動を始めた大学3年生の時、就職セミナーで警察官の方の話を聞いたのがきっかけです。仕事内容ややりがいについて話を聞き、警察官の仕事に興味を持ちました。人々のために真摯(しんし)に仕事に取り組む警察官の姿に「自分も力になりたい」「人のために頑張りたい」という気持ちになりました。親にも相談したところ背中を押してもらい、採用試験のための勉強を始めました。


Q5. 大学で学んだ事で役に立っていることはありますか?

学部は経済学部でしたが、主に部活しかやっていません(笑)。高校から続けていたアメリカンフットボールに熱中していました。勤務中は酔っ払た人と揉み合いになり制服を掴まれてしまうことがありますがそんな時に素早く離れたり、暴れている人が相手でもしっかりと押さえることができたりするのは、アメフトの経験が役立っているかもしれません。スポーツをやっていたことで体力もついたと思います。また警察官の採用試験を受けようと決めてからは、市販のテキストを使った勉強の他、大学で行われる公務員向けの講座を受講していました。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢や体験で、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

高校生の時、通学に使っていた自転車を盗まれたことがありました。警察に連絡をしたところすぐに駆けつけてくれ、とても親切に対応してくれました。それまでどちらかというと警察官は怖いというイメージを持っていたのですが、その出来事がきっかけで印象が180度変わりました。高校時代のこの経験があったから、大学生になってから聞いた警察官の方の話により共感できたのかもしれませんね。

大変なことがあっても、それを上回るやりがいある仕事

Q7. どういう人が警察官に向いていると思いますか?

「何事にも前向きに取り組もう」というやる気や情熱を持っている人。苦手な分野であっても克服しようと努力し、得意な分野はさらに伸ばそうとする姿勢がとても大切だと思います。そういう前向きな気持ちさえあれば、向き不向きは関係ないと思いますよ。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします

「警察官になるためには特別な勉強が必要なのではないか」と考える人もいるかもしれませんが、法律などの必要な知識は採用後に警察学校で勉強できますし、現場に出てから学ぶこともたくさんあります。これから高校を卒業して就職を考える人がいたら、ぜひ警察官を目指してもらいたいな、と思います。大変なこともあるものの、それを上回る大きなやりがいのある仕事です。職員同士の絆を大切にした良い職場ですよ。



状況によっては全く休憩が取れない日もあるなど、大変なことも多い警察官のお仕事。でも事件や事故を解決して人から感謝された時には、苦労を上回るやりがいが得られるのですね。Sさんからは「警察官になりたいというやる気さえあれば、必要な知識は採用後に学べるので大丈夫」という心強い言葉をいただきました。「犯罪や事故を防ぎたい」「社会のために頑張りたい」と考える人は、警察官を目指してみてはいかがでしょうか。


【profile】神奈川県警察 地域課 S
http://www.police.pref.kanagawa.jp

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「警察官」
はこんな仕事です

窃盗や殺人などから住民を守り、犯罪を未然に防いだり、犯罪者の逮捕や交通整理、災害などの対応をするのが仕事。警察は国の機関である警察庁のほか、皇宮警察本部が国家公務員、47都道府県の警察が地方公務員となる。交番や駐在所に勤務する警察官のほとんどは地域課に所属し、事件を捜査するのは刑事課の仕事となる。一般的には、一部を除いて交番勤務からスタート。昇任試験や経験により、勤務地のほか所属部署が刑事、交通、警備、生活安全などに異動する。

「警察官」について詳しく見る