経済産業省・橋本賢二さんに聞く。 これからの社会は、AI(人工知能)によってどう変わる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

経済産業省・橋本賢二さんに聞く。
これからの社会は、AI(人工知能)によってどう変わる?

2017.06.09

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

経済産業省・橋本賢二さんに聞く。
これからの社会は、AI(人工知能)によってどう変わる?

ニュースでよく耳にする「AI」という言葉。ロボットやコンピューターと関係があることは分かっていても、詳しいことは知らない……という人も多いのでは?

このAIとは、「人工知能」を指す言葉です。コンピューターを使い、人間の知能の働きを人工的に実現できる技術であることから、AIの進歩は社会に大きな変化を与えるといわれています。今後、私たちの生活や働き方はどのように変わっていくのでしょうか? 経済産業省の経済産業政策局 産業人材政策室 室長補佐・橋本 賢二さんに詳しくお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 大量の情報を自ら分析し、判断を行うことができるAIは、さまざまなところで活用されている
  • AIやロボットの進歩によって、減る仕事、増える仕事があり、新しい仕事も生まれる
  • “閉じない世界”で人とコミュニケーションを取ることが大事

通販サイトでもAIの技術が活用されている

――現在、AIはどのような分野で活用されているのでしょうか。

AIは、さまざまな分野で大きな進歩を見せています。皆さんの生活の中でも分かりやすい例を挙げると、通販サイトのサービスです。

通販サイトで買い物をしていると自分が欲しいと思っていた別の商品を勧められることがあると思います。これは購買データを集めて情報処理を施せば簡単にできますが、さらにAIを活用することで、買おうとしている人の好みに合わせて個別に商品を提案することや、いつ、どこで、どのような商品が売れるのかが分かるようになります。このようなAIの活用は、いろいろな分野で行われています。

AIは、「ディープラ―ニング」と呼ばれる情報処理方法によって、膨大なデータを学習・処理し、高度な判断を行うことが可能になりました。将棋や囲碁の世界で、人間を負かしてしまうほどのAIが生まれているのもこの技術の飛躍によるものです。

AIやロボットの進歩により、今までなかった新しい仕事が生まれる

「AIにどんな情報処理をさせるのか、AIが導き出したものをどう使っていくのかを考えるのが、私たち人間の役割になる」と話す橋本さん

「AIにどんな情報処理をさせるのか、AIが導き出したものをどう使っていくのかを考えるのが、私たち人間の役割になる」と話す橋本さん

――こういった技術の進歩によって、私たちの働き方はどのように変わっていくのでしょうか?

例えば、膨大なデータの処理をAIが行い、それを学習・推論・判断し、ロボットが実行できるようになると、人間の手を使わずにAIやロボットだけで行えることが増えていくでしょう。実際に、倉庫から商品を取り出すピッキングはロボットが担えるようになりましたし、建設の世界では、鉄筋を組み立てるロボットの開発などが進んでいます。そのため、ロボットが人間に替わる仕事は、今後減っていく可能性があります。

一方で、人間ならではの役割が求められる仕事は、今後増加していくと思います。AIを使うためには膨大なデータが必要なので、人間はそのAIに「何を学ばせるか(どのようなデータを収集して学ばせるか)」を考える必要があります。また、AIが導き出したものを「どのように使うか(どのように商品化して人に届けていくか)」を考えていくことも人間ならではの役割といえるでしょう。

また、人間が直接対応することにサービスの価値がある仕事も今後増えていくと思います。例えば、何かの記念日に高級レストランで食事をするときなどは、人間に接客してもらいたいですよね。


――なるほど。仕事における人間の役割に大きな影響がありそうですね。

今後AIやロボットに取って替わられる仕事もあるかもしれませんが、その分、今までなかった新しい仕事や市場も多く生まれてくるでしょう。

人間とAIがうまく連携すれば、私たちはより効率的に、満足度の高いサービスを受けられるようになります。AIの処理能力を生かし、個々人の要望に合わせた提案を行えるようになることで、モノ作りや医療、教育など、より個人に寄り添ったサービスが増えると思います。

今勉強していることと社会の結び付きを考え、アンテナを伸ばしてみよう

「第4次産業革命で求められる能力・スキルのイメージ」

「第4次産業革命で求められる能力・スキルのイメージ」

――社会が変化していく中で、私たちにはどのような力が求められますか?

AIなどの新しい技術の進歩により、私たちの社会は今、「第4次産業革命」と呼ばれる大きな変化を迎えています。その中で、新しい仕事や市場の変化に対応するためには、大きく分けて4つの能力が求められます。

1. 産業やビジネスにおける機能的な「専門知識」
2. 英語やITに関する読み書き能力にあたる「リテラシー(言語力)」
3. 創造性や問題発見・解決などにつながる「基幹能力」
4. チャレンジ精神や多様性・多文化理解などにつながる「マインド」
※「第4次産業革命で求められる能力・スキルのイメージ」図を参照。

このうち基幹能力とマインドは、勉強だけでは養えない能力です。基幹能力は、様々な課題にいろいろな人と協力しながら取り組むことで育まれます。そして、このような基幹能力を支えるのが、何かに挑戦してみる、自分を磨いていく、多様性を理解するといった精神(マインド)です。



――基幹能力やマインドは、どのように磨くことができますか?

まずはニュースを見る、新聞を読むなどして、世の中がどう動いているのか、どうしてそのように動いているのか、学校で学んだことが社会とどうつながっているのかを自分事として考え、自分のアンテナを広く伸ばしてみてください。そして生活の中でよりよくしたいと思う課題を見つけて、それと向き合いながら、学校の仲のいい友だちだけでなく、他校の生徒や地域の人、海外の人など、いろいろな人と一緒になって取り組んでみてほしいです。

普段から仲のいい仲間内と異なる“閉じない世界”で人と交流することは、人やモノ・コトの多様性・多文化性を理解するマインドやヒューマンタッチ・コミュニケーションを養うことにつながります。まずは高校生が集まるツアーやイベントに参加してみるのもおすすめですね。


――異なる学校・世代・地域の人とコミュニケーションを取ることが大切なのですね。

密度の濃い経験は、実践的な学びとなり、さまざまなマインドを養うことにつながります。部活の大会やコンクールなど、何事にも挑戦してみる、自分なりに目標を立てて頑張ってみるといった経験を積み重ねて、マインドを育てていきましょう。

もちろん、学校の勉強もちゃんとしておきましょう。これから生まれる新しい仕事や市場の変化に対応していくためには、さまざまな知識が求められます。社会人になってから勉強するのは大変なので、文系だからといって数学の勉強をしなかったり、逆に、理系だからといって社会の勉強をおろそかにしたりせずに、総合的に取り組んでいってほしいですね。


――最後に、進路選択や学校選びを行う上でのポイントを教えてください。

「その学校への進学が就職に役立つから」といった観点だけで進路選択を行うのではなく、進学先で何を学べるのか、どのような環境で学ぶことができるのかなど学校が提供する価値が、自分が求めているものに合っているかどうかを考えることが大事です。学び続ける意欲を持って、学校選びを考えてほしいと思います。

卒業後の未来だけでなく、これから自分がどういう学びをしていきたいか、自分のできる範囲で世界や社会とどう関わっていきたいのかを考えて、進路選択を行ってくださいね。

「世の中がどう動いているのか、学校で学んだことが社会とどうつながっているのかを考えながら、アンテナを伸ばしてほしい」と話す橋本さん

「世の中がどう動いているのか、学校で学んだことが社会とどうつながっているのかを考えながら、アンテナを伸ばしてほしい」と話す橋本さん

「今勉強していることが、社会とどのようにつながっているのか」を考えることは、進路選択や将来の仕事を考えていく上で、とても重要なのですね。まだ進路が決まっていないという人は、橋本さんのお話にもあったように、ぜひいろいろな人たちと交流できる場に足を運んで視野を広げてみてはいかがでしょうか?


▼「もっと詳しく知りたい!」と思った人は、マイナビ進学フェスタに参加しよう!

マイナビ進学フェスタでは、今回取材にお応えいただいた経済産業省・橋本さんの講演「これからの社会はどう変化し、今、何をすべきか」が行われます(静岡・横浜会場のみ)。第4次産業革命と呼ばれるこれからの私たちの生活・働き方の変化について、詳しく知ることができるチャンス! ぜひ会場まで足をお運びください。

【マイナビ進学フェスタ 静岡会場】
日時:2017年6月13日(火)13:30~17:30
場所:ツインメッセ静岡
https://shingaku.mynavi.jp/cnt/etc/festa/shizuoka.html

【マイナビ進学フェスタ 横浜会場】
日時:2017年7月10日(月)10:00~16:00
場所:パシフィコ横浜
https://shingaku.mynavi.jp/cnt/etc/festa/yokohama.html


【取材協力】
経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室 室長補佐 橋本 賢二さん