【シゴトを知ろう】フレーマー ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】フレーマー ~番外編~

2017.07.07

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】フレーマー ~番外編~

さまざまな思いの詰まった作品を、依頼主と慎重に相談しながら額装している額装コーディネーター(フレーマー)の大嶋茜さん。「【シゴトを知ろう】フレーマー 編」に続いて、今回は番外編として、絵や写真だけではない額装のバリエーションや、額装の仕事をする人にはどんな人が多いのかなど、お仕事の裏側をさらに伺ってきました!

この記事をまとめると

  • 大きな絵や写真だけでなく、ポストカードや立体物の額装依頼を受けることも
  • 芸術分野を学んできた人ばかりではない仕事
  • 額装された作品を見たお客様の笑顔を見るたびに自分も笑顔になれる

作品へのいろいろな思い出を知る機会の多い仕事・最近は立体物の額装も多い

大嶋さんの職場のショールームに飾られた、ワインボトルの額装作品

大嶋さんの職場のショールームに飾られた、ワインボトルの額装作品

――お仕事を今までされてきた中で、印象的だったことは何でしょうか?

お客様がお持ちになる作品には、それぞれストーリーがあり、額を選ぶにあたっていろいろなことをお話してくださいます。
そして多くの場合、作品にまつわるお話に留まらず、そのお客様にとっての大切な思い出やご家族の歴史のお話などに広がっていきますので、そのどれもが印象的です。

そのため何か一つを選んでお話するというのは難しいのですが……大きなサイズの絵や写真ばかりではなく、中にはポストカードを額装してほしいというご依頼もあります。大切な人との旅行で行った特別な場所の写真であったり、ご自身が好きな風景の絵や写真など……小さなものであっても、そこには強い思いがあるのだということを感じられる機会が多いです。


――日ごろ額装されているのは絵や写真ばかりではないとのことでしたが、他にはどのようなものを額装されるのでしょうか?

最近ご依頼がとくに増えているのは、立体物の額装です。
レストランなどのお店からのご依頼で、食器やプリザーブドフラワーなどを額装させていただくことが多いんです。
当ショールームに飾られている、ワインボトルを額装したものも立体物の額装の一つですね。こちらも食器などと同様、お店からご依頼いただくことも増えています。

優れたフレーマーとは、作品をより美しく見せるために細かなことを配慮できる人

――額装のお仕事をされる人は、どのような人が多いのでしょうか?

就職する前は、絵や写真などの額装の仕事というと、私のように美大出身だったり、何かご自身でも表現に関わられていた方が多いのかなと思っていました。それが実際に仕事を始めると、当社の場合、意外なことにそういう人は少数派で、芸術系の分野とは全く違うことを学んできた人や、他業種からの転向で今の仕事をしている人も多いです。

お客様がお持ちになる作品に関わりますが、額装は自分が表現するというわけではないので、ある程度の器用さは必要なものの、美術が苦手だったからできないということはありません。


――大嶋さんの考える、優れたフレーマーとはどんな人でしょうか?

お客様の作品を丁寧に扱うことはもちろん、より美しく見せられるような額装をするために、細かなことにも配慮できる人です。性格的なことですと慎重な人・気配りが得意な人は、フレーマーとしてもお客様に満足していただけるような仕事ができる、優れたフレーマーになり得るのではないでしょうか。

今後も作品への思いをくみ取り、喜んでもらえる額装を

――最後に、大嶋さんが今のお仕事をしていてよかったと思う瞬間はどんな時でしょうか?

お客様との打ち合わせを経て、作品の良さを引き立てるような額装ができたとき、そしてそれをお客様が喜んでくださったときです。
ありがたいことに、そうした機会がとても多く、笑顔になられるお客様を見て、私もその度に笑顔になれます。今後もそうした額装ができるように、作品への思いをくみ取ることを大切に頑張っていきます。



大嶋さんご自身もそうであったように、額装の仕事というと芸術分野を専門に学んできた人が多そうな印象を持っていた人も多いかもしれませんね。実際には、そうした芸術面の知識や技術があること以上に、依頼主の思いをくみ取り、より作品を引き立てることを考えられる気配りなどが大切であることが、大嶋さんのお話から分かります。フレーマーの仕事に興味を持った人は、インターネットなどで額装についてさらに調べてみてはいかがでしょうか。


【profile】株式会社ジンプラ 額装コーディネーター 大嶋茜
株式会社ジンプラのWebサイトはこちら

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「フレーマー」
はこんな仕事です

絵画や写真を入れる額縁を作成する仕事で、額装師とも呼ばれる。額縁は作品を保護するだけではなく、主役となる作品を際立たせることが重要。額縁制作は木工の技術で可能だが、作品の所有者や作者の要求を理解し、その作品の魅力を引き出すための感性や熱意が必要である。また、素材の知識や技法も身に付けなくてはならない。一方で額縁そのものが芸術として扱われることもある。美術の専門学校や大学で学び、工房や会社に勤めることが多い。全国額縁組合連合会では、人材育成の「フレーマー資格制度」を実施している。

「フレーマー」について詳しく見る