【シゴトを知ろう】中古自動車査定士 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】中古自動車査定士 ~番外編~

2017.06.29

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】中古自動車査定士 ~番外編~

中古自動車の価値を決める「査定」では、車を査定するための基本的なチェック以外にも、さまざまな“目利き”が求められます。各自動車メーカーの基本的な仕様や歴代車種の特徴に始まり、世間的な流行、新しく登場する車の情報もつかんでおかなくてはいけないのだとか。そこで今回は、自動車販売を手がける「スーパーオートバックス東京ベイ東雲」で中古車の査定士として活躍する宮田丈さんに、査定業務にまつわるお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 中古車の査定価格は、海外の日本車ブームの動向に強く左右される
  • サンルーフや革製のシートなど、希少なオプションが付いている車は高値が付きやすい
  • 新型自動車の仕様や特徴を一早く、独力で覚えることが査定士には求められる

中古車の値段がアップ・ダウンするポイントとは?

――中古車の査定で、思わぬ高値が付くことなどもあるのでしょうか?

全体的な傾向としては、4WD(四輪駆動車)には高い値段が付きます。これは海外への輸出需要が非常に高いため、市場的に高値で取引されているからです。あとはスポーツカーでいえば、“〇〇のメーカーの〇〇年式”といった具合に、その車種がピンポイントでブームになることがあり、そのときの中古価格も高騰します。いずれのケースでも、海外の人々が日本車を求めていることが多く、日本車が世界で高い評価を受けていることが分かります。

また、新車を購入する場合、オプションでいろいろ装備を付けることができるのですが、その中でも「サンルーフ」「革製シート」「カーナビ」の3つは、査定で高評価になることが多いです。サンルーフと革製シートは製造の時点で取り付けられるもので、絶対的な台数が少なく、中古市場にあまり出回ってこないため人気が集中します。


――それでは逆にマイナス査定となるのは、どのようなポイントがありますか?

ペットやタバコの臭いが車内に残っている場合は、減額の対象になりがちです。臭いはどうしても主観的な判断になりがちですが、私が務める会社の査定対象項目にも、臭いに対するチェックポイントが設けられています。車のボディは洗車できても室内は水洗いができませんからね。100%臭いを消し去ることは難しいのです。

街中を走る車を見かけると、つい査定を始めてしまうことも……

スーパーオートバックス東京ベイ東雲の宮田さん

スーパーオートバックス東京ベイ東雲の宮田さん

――お仕事とリンクする、休みの日にありがちな「あるある」があれば教えてください

街中で走っている車を見かけると、「あの車はいくらくらいかな……?」と、つい査定してしまう自分がいます。また、お店で仕入れたいと思っていた車を見かけたときは、運転手に「この車、いくらで売ってくれますか?」とつい話しかけてみたくなります(笑)。他にも、大学時代から自分の車でラリーやレースに出ていたこともあり、他人の車の“走り方”が気になることもありますね。

自動車業界は日進月歩。自ら新しい知識を得る努力が必要

――今後、電気自動車や燃料電池車などが増えてくると思います。査定をする上で、新たに知識として覚えておかなければいけない点などがあれば教えてください。

次々と新しく登場する自動車には、構造や仕様が従来の車と大きくかけ離れたものも存在します。例えば「テスラ(TESLA)」というアメリカ製の電気自動車があるのですが、この車の扉の取っ手は埋め込み式になっているため、外から手で引っ張ることができません。運転手がリモコン式の鍵を持って近づくと、自然に取っ手が浮かび出てくる構造になっています。

いつ何時、お客さまがどのような車を持ち込まれるか、私たちには想像がつきません。中古車の査定士はメーカーではないので、こういった新しい車の仕様に対して、正しい情報を自ら得るようにしなくてはいけません。もし車の扉の開け方も分からず、お客さまの前であたふたしてしまえば、それだけで不審に感じる方もいると思います。雑誌やWebサイトでいろいろな情報を得ながら、常にアンテナを張って情報を得るようにしておくことが大切だと思います。


現在、中古車の情報を取りそろえた専門雑誌が多数流通していることからも分かるように、新車に負けず、中古車は高い人気を誇っています。適正な価格を提案し、売る側にとっても、買う側にとっても満足のいく取引を実現する中古車の査定士。私たちの生活に欠かせない車を陰で支える査定士の仕事に興味を持った人は、まずは中古車情報誌を読んでみるなど、車への興味を深めてみてくださいね。

【profile】スーパーオートバックス東京ベイ東雲 宮田丈
http://www.sa-tokyobay.com/

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「中古自動車査定士」
はこんな仕事です

中古自動車査定制度に基づいて、中古車の査定をする仕事。中古車の販売業者や買取業者などで、車種や状態、走行距離、使用年数などを見て正確な下取り価格を出す。中古車はそれぞれ状態が異なるので、確かな知識と技術が求められる。資格には、一般財団法人日本自動車査定協会が中古自動車査定制度運営規程により実施する「中古自動車査定士技能検定」がある。自動車運転免許の保有、半年以上の自動車販売もしくは整備の経験、協会所定の研修修了、この3つが受験の条件となる。

「中古自動車査定士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける