【シゴトを知ろう】神主 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】神主 ~番外編~

2017.07.03

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】神主 ~番外編~

「【シゴトを知ろう】神主 編」では、神主のお仕事について、兵庫県にある越木岩神社の飯森さんにお話を伺いました。祈願者の思いや願いに寄り添うために、神主は自らもさまざまな経験をすることが大事だということが分かりました。

こちらの番外編では、この仕事ならではの「あるある」や、神主の意外な一面についてより詳しく教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 小さい子どもから、神様やお坊さんに間違えられることもある
  • 複数の神社に務めたり、他の職業と兼業したりする神主も多い
  • 祈願者に神様の存在を肌で感じてもらうことも大切な仕事

常に神主のイメージを意識して行動

――このお仕事ならではの「あるある」があれば教えてください。
 
小さなお子さんに怖がられたり、ときに神様に間違えられたりすることでしょうか。「あなたが神様?」と聞かれることもあります。また、祭典にご奉仕するときには装束(冠や狩衣)を身に着けるのですが、普段の生活ではそのような格好の人に会うことはないので、とても警戒されますね。 


――休日ならではの「あるある」や、ついプライベートでもしてしまうことがあれば教えてください。

日常生活の中で、お坊さん(僧侶・住職)と間違えられることがよくあり、神社とお寺、神道と仏教の違いについて説明をする場面が多いことでしょうか。常に神主のイメージから外れた行動や服装ができない、というのも「あるある」かもしれません。

また、お休みの日に他の神社にお参りに行くと、神主さんの立ち居振る舞いはどうしても観察してしまいます。あとは、祈祷などの経験から、拍手や手締めなどをするときに、誰よりもいい音がして目立ってしまうことですかね(笑)。
 
 

神主をしながら学校の先生をしている方も

――このお仕事では、「神主以外の仕事を兼業している人もいる」と聞きました。実際にそうなのでしょうか?

全国には神社が8万社あるといわれていますが、それに対して、神主は2万人ほどです。神主や巫女、事務員さんが何十人もいる大きな神社もありますが、一人の神主が数社を兼ねているのが実情です。私自身も越木岩神社と、同市内に鎮座する日吉神社をお守りしています。一般の企業にお勤めの方のほか、学校の先生や公務員、議員をされている方が神主を兼業している場合もありますね。
 
 
――意外と知られていない、このお仕事の知られざる事実やトリビアを教えてください。
 
神職資格の階位や神社での役職、お祭りの重要さに応じて、袴の色や模様、装束(お祭りの時に着る服装)の種類や色が違うことを話すと、驚かれます。

また、祝詞(のりと)と呼ばれる、神主が神様に奏上する言葉があります。祝詞は、例えば会社のおはらいや選挙必勝祈願、お葬式の際など、その都度内容を作って書いています。その方の思いや願い、経歴や出来事をお聞きし、オリジナルの祝詞を神様にお届けしているんですよ。
 
 

神様の存在を祈願者に感じてもらうことも神主の務め

――最後に、お仕事の中で一番の思い出や達成感を感じたエピソードについて教えてください。
 
私は神主の仕事は、ご神威(しんい)や神様の存在、力、ありがたさを感じていただくことも大切な役目だと考えています。

ある雨の日、地鎮祭(新しい家を建てる時のおはらい)に伺うと、地鎮祭の開始直前に雨がすっと止み、祈祷の最中には私たちを包むような柔らかな風が吹き抜け、最後には暖かな日差しが降り注いだことがありました。私は、その地鎮祭の祈願者の方に、神様の訪れと守護があったのではとお伝えしました。すると、その方は涙して、「地鎮祭をして本当によかった。神主さんが来てくれて、よかったです」とおっしゃってくださいました。その場にいる全員が、神様を感じながらお祭りを行うことができたのです。

その祈願者の方からのお言葉は大切な思い出です。そのことを忘れず、日々ご奉仕させていただいております。
 
 
人々と神様をつなぐ、神主の仕事。神社の中だけでなく、普段からさまざまな場で神主としての立場を意識し、行動する必要があるのですね。また、雨の日のおはらいのエピソードからは、祈願者へ大きな影響を与えていることが分かりました。
 
もし神主の仕事に興味が湧いた人は、神社に立ち寄る機会があれば、ぜひ神主さんとお話をしてみてはいかがでしょうか?
 
 
【profile】越木岩神社 禰宜(ねぎ) 飯森良光

この記事のテーマ
教育」を解説

教育機関や子ども向けの施設で、教育指導に関わる仕事を目指します。小・中学校や高等学校の教員を目指す場合、大学や短期大学の教職課程で学ぶ必要がありますが、専門学校の中にも、提携する大学や短期大学の通信教育を受けて、教員免許状を取得できる学校もあります。語学教師や臨床心理士など希望する職種により、必要な資格や免許が異なります。

「教育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「神主」
はこんな仕事です

神道は、山紫水明と讃えられる、日本の自然環境から生まれた宗教である。心身を清めて鎮守の森や神木を愛でる、尊崇の気持ちを現代まで受け継いできた。地域を守る「氏神」として神社は親しまれ、初詣、厄除のお祓い、地鎮祭、初宮参り、神前結婚式といった数多い神道行事がある。神主はこれらの行事を司る職業で、祝詞をあげるほかに合格祈願の「お守り」や「おみくじ」の販売、境内の清掃など諸事を行う。神主になるには、神道学科のある大学に進学するのが一般的。所定の課程を修了すれば、階位が授与される。

「神主」について詳しく見る