英語力を伸ばしたいのですが、どうすれば…?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

英語力を伸ばしたいのですが、どうすれば…?

2017.06.01

提供元:名城大学

英語力を伸ばしたいのですが、どうすれば…?

名城大学外国語学部国際英語学科で教えるマックス・プレーバー先生が、あなたの「なぜ」に答えます!
「英語力を伸ばしたいのですが、どうすれば…?」そう思ったことはありませんか?
英語は道具。まずはコミュニケーションを楽しもう!

上達のカギは、会話を重ねること。

日本人の多くが英語に苦手意識を抱く原因は、中学・高校で読み書き中心の受験用の英語しか勉強してこなかったからだと思います。そのため、スピーキングでつまずいている印象を受けます。どんな国でも、赤ちゃんが喋れるようになる過程では、まず聞くことからスタートしますよね。次に言葉を発し、最後が読み書きです。日本の英語教育は、その逆。リスニングとスピーキングの機会が圧倒的に足りません。そもそも、アルファベットで構成される英語は日本語とは言語学的に遠いもの。もっと英語に触れて、知ることが大切です。日常的に10分でも20分でも、ひとつのテーマで語り合ってみれば、必ず上達が実感できるはず。私のクラスでは、テーマを設けて話し、その内容をさらに第三者に伝えるなどの会話が中心。コミュニケーションの道具として英語を楽しむことが、上達のカギです。

ゲーム感覚で学べる英語アプリを制作中。

私たち英語教育に携わる者にとっては、学習者のモチベーションを引き出すことも一つの課題です。一人ひとりの学習レベルを正しく把握し、少し頑張れば達成できるような目標を与えて、学ぶ意欲につなげてあげたい。そのために今、私が取り組んでいるのが、英語学習のためのアプリケーション制作です。日本の英語学習アプリは、紙面上のテキストをデバイスへそのまま移行しただけのものがほとんど。ゲームのようにクリアする楽しさを取り入れたいと考えています。学びによる成功体験を重ねる仕組みがあれば、日本はもっと英語が得意な国になると思いますよ。

マックス・プレーバー先生のプロフィール

日本で働きながら修士・博士号を取得したプレーバー先生。「日本の高校で教えていたこともありますが、もっと自由な学びを提供したいと、大学で教えることをめざしました。今でも私のモチベーションになっています」。

(私の学生時代)
こちらの写真は、交換留学生として来日し、大阪のホストファミリーに1年間お世話になっていた頃の写真です。最初のひと月こそお客さん扱いだったけれど、あとは家族の一員として接してくれたことがうれしかったですね。「日本は最高だ! 」と思いました。

(マックス・プレーバー 先生から学べる!名城大学外国語学部国際英語学科)
英語の「話す・聞く・読む・書く」の4技能を実践的かつ総合的に習得するために、少人数All English授業を実施。「コミュニケーション」「リーディング」「ライティング」科目に加え、発信力を集中的に強化する「ディスカッション」「プレゼンテーション」「ディベート」「パブリック・スピーキング」など豊富な英語科目を学習します。
また、目的に合わせた海外留学・研修プログラムも充実。希望者は全員海外を経験することを原則としています。 海外の大学で、英語力に応じて専門科目を学修する「中長期留学プログラム」 、夏季休暇や春季休暇を利用した約4週間の「短期留学」のほか、「国際フィールドワーク(フィールドリサーチ)」、「海外インターンシップ」、「海外ボランティア」など多岐に渡ります。

【広告企画】提供 : 名城大学

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る