外国語学部の志望理由を考える

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

外国語学部の志望理由を考える

2017.06.06

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

外国語学部の志望理由を考える

推薦入試やAO入試で、必ず問われるのが志望理由。「なぜその学部を志望するのか」をしっかり述べる必要があります。推薦入試やAO入試を検討している人は、どう答えればいいか迷わないように、あらかじめ自分の考えを固めておきましょう。

今回は、外国語学部の志望理由を考える上でのポイントと例文をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 外国語学に興味を持った最初のきっかけを考えてみよう
  • 外国語学を学んで、自分がどんなふうに社会に役立てたいかを考えよう
  • カリキュラムなどを調べて、その大学だからこそできる「学び」を考えよう

「外国語学」に興味を持った最初のきっかけを考えよう

「外国語学部に進みたい!」という気持ちが固まってきた人でも、どうして外国語学部に進みたいのかを説明するのが難しい人もいるかもしれません。そんな人は、まずは自分が外国語に興味を持った「きっかけ」を思い出してみてください。

そこから、志望校でどのように学んでいきたいかを考えてみましょう。

【例】
私は、テレビで首脳会談に関するニュースを見たときに、外国語に興味を持つようになりました。国同士の間には緊張を伴う課題もある中で、各国の首脳同士がにこやかに会話を交わしている様子を眺めていて、異なる言語を通訳する仕事の重要さに気付きました。このように外国の言葉を理解し、人と人を「言語でつなげる力」を感じたことが、私が外国語を学びたいと思った最初のきっかけです。将来は、人と人、また企業や国同士の交流を言語の力でスムーズにできる仕事がしたいです。

「外国語学」と社会のつながりを考えよう

世界に目を向けた「グローバル」という言葉が多く使われる昨今。社会や世の中の流れに着目すると、外国語学が今後どんな風に社会で役立てられるのかが見えてきます。

その上で、「自分だったら外国語学をどんな風に役立てたいのか」を考えてみましょう。

【例】
最近では、インターネットやSNSを通じて、海外の新しいニュースに触れる機会がどんどん増えています。その中で、世界で起きている出来事や社会現象を正確に伝えていくためには、今後、高い専門知識を持つ翻訳家がますます求められるようになると考えています。私は、大学で外国語について学びながら、言語能力を身に付け、自分の強みにできる翻訳の専門分野を見つけていきたいと思います。

「この学校の外国語学部で学びたい!」と思った理由を考えよう

たくさんある全国の外国語学部の中から、「なぜその学校を選んだのか」は面接でもよく聞かれる質問です。志望する学校のカリキュラムに目を通し、あなたが興味を持ったポイントをチェックし、自分の将来と結びつけて説明できるようにしておきましょう。

【例】
私の将来の夢は、外国語を使って取材ができるリポーター・マスコミ関係者になることです。〇〇大学の外国語学部では、外国語だけで行われる授業も多いため、そのような環境で、私は国際的な場面で生きる外国語力を高めていきたいと考えました。また、〇〇大学では、外国語学とともに社会学や文学なども学べることから、報道に必要な教養も磨くことができると考え、この大学の外国語学部を志望しました。言語にまつわる幅広い分野への理解を深め、将来は表現力の豊かなリポーター・マスコミ関係者を目指したいです。

いかがでしたか? ポイントごとに志望理由を考えていくと、より具体的に、自分が外国語学を学びたい理由が浮かび上がってくると思います。志望理由書や面接でしっかり志望理由を回答できるように、まずは自分の考えを見直してみましょう。志望校の合格に向けて、この機会に、改めて志望理由について考えてみてくださいね!

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る