志望校選びの最初の一歩! 学校パンフレットって、どれくらい読むべきなの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

志望校選びの最初の一歩! 学校パンフレットって、どれくらい読むべきなの?

2017.05.29

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

志望校選びの最初の一歩! 学校パンフレットって、どれくらい読むべきなの?

オープンキャンパスが増えるこの時期。早めに進路を調べておいたほうがいい、と先生に言われたものの、何を調べたらいいのか分からない、という人もいるかもしれません。

そんなときに役立つのが、学校パンフレット!「インターネットで学校のサイトを見られるし、なくても大丈夫でしょ?」と思うことなかれ、実は、学校選びの最初の一歩になるものなんです!

この記事をまとめると

  • パンフレットをよく読んだ人ほど、進学後の満足度が高くなる傾向がある
  • 紙のパンフレットは、自分が興味を持ったことなどを直接書き込めて便利
  • 学部や学科、コースによって個別のパンフレットを配布している学校もある

パンフレットをよく読んだ人ほど、進学後の満足度が高くなる!

(株)マイナビ「就職活動を経験して振り返る、自身の進路選択に関する調査2014」(2014年8月)より

(株)マイナビ「就職活動を経験して振り返る、自身の進路選択に関する調査2014」(2014年8月)より

大学・短大・専門学校が配布するパンフレットは、自分が気になる学校のことを知る上で大切な情報源です。「パンフレットじゃなくても、ほかの方法でも学校のことを調べられそうだけど……」と思うかもしれませんが、手に取って活用できるパンフレットだからこそ、その学校のことをより深く知ることができるというメリットがあります。

実際に、皆さんの先輩にあたるマイナビ2015年会員へ行ったアンケートによると、パンフレットを「さらっと読んだ」「最後まで・じっくり読んだ」と答えた人のほうが、進学後の満足度が高くなる結果になりました!

このアンケート結果を踏まえると、学校選びの際にパンフレットを読むことは、進学後の満足度につながることが分かります。高校1年生のうちからパンフレットを手に取っておけば、満足できる学校選びにつなげられそうですね。

パンフレットは1種類だけじゃない!?

多くの学校パンフレットでは、入学から卒業までの学び方、教育の目的、キャンパスの風景、進路実績などが紹介されています。進学後、自分が学びたいことをどのように学んでいくかを考えていく上で、これらはどれもよく知っておきたいこと。学部・学科などの教育体制、カリキュラムなど、学校の特徴を知るきっかけとして、パンフレットを役立てましょう。

また、同じ学校のパンフレットでも、学部ごとにパンフレットが作り分けられていることもあります。

例えば、学部・学科・コース単体を紹介するパンフレットでは、ゼミや研究・実習内容、教員などについて、学校全体のパンフレットよりも詳しく学習内容を知ることができるでしょう。

また、学校によっては、学校生活や学生の声、サークル活動などを特集したパンフレットもあります。学習内容だけでなく、学校の雰囲気を知ることで、進学後のキャンパスライフのイメージが湧きやすくなるはずです。

このようなパンフレットは、通常の資料請求で入手できる場合と、オープンキャンパスや説明会などの来場者のみに配布する場合、またWebサイトで確認できる場合があります。一歩踏み込んだ学校選びをしたい人は、入手しない手はありませんよ!

パンフレットは、直接メモ書きなどできるから使いやすい!

Q, あなたは志望校を決めるにあたって、大学・短大・専門学校それぞれ何校に対し資料を請求しましたか?

Q, あなたは志望校を決めるにあたって、大学・短大・専門学校それぞれ何校に対し資料を請求しましたか?

紙のパンフレットは、自分が興味を持ったことを書き込んだり、ラインマーカーで強調したり、付箋を貼ったりすることができるという点で、非常に便利な資料です。学校選びを進めていくうちに、好きなことや気になることを書き込んでいけば、志望校への愛着も湧き、受験に向けた意欲もきっと高まるはず!

マイナビ進学が2015年に行ったアンケートでは、高校卒業生の多くが複数校のパンフレットを取り寄せていたことが分かりました。特に大学では、10校以上のパンフレットを集めたという回答が約4割を占めており、多くの人が複数のパンフレットを読み、その中から自分に合った学校を選んでいったようです。自分が興味を持った学校が複数あれば、まずはパンフレットを取り寄せて、いくつかの学校のパンフレットを並べて比較してみるとよさそうですね!

マイナビ進学を活用すれば、複数校のパンフレットを一括請求することができます。ぜひ皆さんもパンフレットを活用して、学校選びを充実させていきましょう!

▼パンフレットについてもっと知ろう!
進路のミカタ|進路ガイド パンフのミカタ
https://mikata.shingaku.mynavi.jp/cnt/guide/shingaku/research/pamphlet/

▼パンフレットを取り寄せてみよう!
マイナビ進学 


【出典・参照】
(株)マイナビ「就職活動を経験して振り返る、自身の進路選択に関する調査2014」(2014年8月)
(株)マイナビ「進学意識と進路選択に関するアンケート」(2015年5月)