未来を考えると、いま進むべき道が見えてくる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

未来を考えると、いま進むべき道が見えてくる?

2017.05.29

提供元:豊橋創造大学短期大学部

メイン
テーマ

未来を考えると、いま進むべき道が見えてくる?

あなたには、叶えたい夢や希望がありますか? すでに自分の未来を描けている方は、その夢を叶えるために何が必要でしょうか? まだ描けていない方は、あなたの夢や理想を「未来日記」を使って描いてみませんか?
皆さんにはいくらでも可能性があり、たくさんの選択肢の中から自分で道を選ぶことができます。ただ、選んで終わりではありません。その夢を実現するためには、自ら行動し、人生を切り開いていかなくてはなりません。そんなときに、キャリアデザイン(将来設計)を考えることは一つの道しるべのような役割をします。

この記事をまとめると

  • キャリアデザインとは、自分自身の生き方の設計(ビジョン)のこと。
  • ライフイベントに左右されず、自分の理想像に近づく方法がある。
  • 「未来日記」を使用し、無理なく理想像が描けるチャンス!

キャリアプラン(キャリアデザイン)って何?

よく皆さんが聞く「キャリア」という言葉は、おそらく仕事上のことを言っている方が多いと思いますが、本来の「キャリア」の持つ意味は、その人の生活や生き方を意味します。そして「キャリアデザイン」というのは、個人一人ひとりの生き方の設計(ビジョン)を意味します。「●●歳になったらこんな生き方をしたい」「●●歳になったら、こんなことをしてみたい!」などを、描いていくものです。
そしてその生き方や夢を実現するためには、どのような仕事に就いてどのような働き方をすればいいのか? ということが、職業や働き方(就職先)での“キャリアデザイン”ということです。

なぜキャリアプラン(キャリアデザイン)が大事なの?

就職・結婚・子育て・転勤・昇進などの「ライフイベント」に、皆さんの働き方や仕事は大きく左右されます。とくに女性の場合、「結婚」「子育て」を退職理由に挙げて辞めるケースが世界的にも多くあります。ただ、欧米では出産後も今まで通りに働き続けるのが当然のことになっています。日本も遅れをとっていますが、徐々に欧米のように出産後もそれまで通り働き続けるのが当たり前のようになりつつあります。
こういったライフイベントに左右されず、自分で描いた理想を追求するためには、「何歳までには●●になっていたい」「そのためには●●を身につけよう」といったライフプランを立てることが必要です。それを一つひとつ実行することで、あなたの描いたキャリアデザインの実現に向かっていくことができるのです。そのようなプランもなく毎日を過ごしていると、ふと気づいた時に自分には何もスキルが身についていない、やりたかったことが実現できていない、という事態になってしまうことも・・・。しっかりとあなたの未来を計画(キャリアプランニング)し、準備しておくことで、世の中の変化にも柔軟に対応し、思い描く理想像に近づくことができるのです。

「未来日記」に、あなたの夢や理想を描いてみましょう!

皆さんは、そんな大切なキャリアデザインを考えるにあたって、便利なツールがあることを知っていますか? それは、これからの未来がこうだといいな、こんな大人になりたいな。など皆さんの夢や希望を描くことができる「未来日記」です。この「未来日記」を使って「どんな場所でどのように働くのか」、「こんなプライベートを過ごしたいな」、「そのために何が必要なのか」、といった理想を描いてみましょう。将来のイメージを描いてみることで、その理想像に近づける進路選びの方向が見えてきます。
キャリアデザインを考えて理想の自分を見つけ、そこに近づくための「未来日記」。どこで手に入れられるか知っていますか? 豊橋創造大学短期大学部のオープンキャンパスで手に入れることができます。あなたの描いた「未来日記」をより具体的に実現させるためのアドバイスももらえますよ!

【広告企画】提供 : 豊橋創造大学短期大学部

この記事のテーマ
総合・教養」を解説

近年、いくつかの大学が教養学部や総合学部などを新設する動きが目立っています。総合科学部や総合人間学部、国際教養学部などのように、呼称や内容に違いがありますが、一般的にはリベラルアーツや文理融合を理念としているところが多いようです。人文科学、自然科学、社会科学など、特定の学問の枠を超えて横断的に扱うこともあれば、専門分野を設けている大学もあります。自分の学びのスタイルに合った大学を選ぶことが重要です。

「総合・教養」について詳しく見る