【シゴトを知ろう】香司〜番外編〜

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】香司〜番外編〜

2017.06.20

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】香司〜番外編〜

会社員時代を過ごした後、本当に好きな「香り」に携わる道へと進み、現在はお香や匂い袋の調合・和の香りについての指導をお仕事にしている「香司」の谷美緖さん。今回は「【シゴトを知ろう】香司 編」の番外編として、お香業界の気になる裏側や、お仕事をしていて良かった瞬間のエピソードなどを伺いました。

この記事をまとめると

  • 自然の本当の香りの良さに多くの人が気付いてくれることもやりがい
  • 好きなことへの探究心・物事を客観的に見られることが仕事に生きている
  • 講座の受講生が作ったお香を誰かに贈ったり、お供えしたと聞くと感慨深い

新婦が香りを気に入り、依頼があった結婚式の引き出物としての匂い袋

―谷さんは結婚式の引き出物用の匂い袋を作られることもあるとのことですが、引き出物としてはとても珍しいですし喜ばれそうですね。 

結婚式の引き出物として最初にご依頼くださった方は、新婦方のお母様でした。お母様が私の講座に受講生として通ってくださっていて、家に持ち帰った香りを娘さんに気に入っていただいたことがきっかけで、引き出物としてのご依頼があったんです。結婚式の参加者の方々からの反応も良かったと伺え、うれしかったですね。

合成香料が蔓延する中、100パーセント自然の植物由来のもののみで調合

―今のお仕事を始められてから、業界のことなどで驚いたことはありますか?

最も驚いたのは、原料も高価ですし、長期間香りを保たせるためか、多くのものが合成香料も含まれているということです。 私は100パーセント自然の植物由来、漢方薬の原料にもなっているようなもののみで香りを調合するのですが、教室で教えている受講生の方も合成香料が「和のお香」だと思っている方がたくさんいらっしゃいますので、最初は「これが自然の和の香りなんですか? 知ってる香りと違う」とおっしゃったりします。


―それは、インスタント食品に舌が慣れてしまって自然食に違和感を持つような感覚なのでしょうか。

まさにそれに近い感覚だと思います。日ごろ合成の香りに慣れているので、そちらの方が普通だと思い込んでしまっているんですね。でも、2~3回講座に通って一緒に自然素材でのお香づくりをすると、ほとんどの方が「最近は合成のものは香りがきつく感じて……」とおっしゃいます。そうして受講生の皆さんが自然本来の香りの良さに気付いてくださること、それも今の仕事のやりがいの一つだと感じています。


―谷さんご自身の性格で、今のお仕事に生かされていると感じる部分はありますか?

昔から自分が好きなことへの探究心を持っていることや、物事を客観的に見ることができる性格だということでしょうか。私が現在主に携わっているのは香りに関わることですが、例えば友人が勉強している別のヒーリング分野のことでモニターとしての体験を依頼され、自分が体験した上で楽しそうだなと思ったら「師匠に会わせてほしい」と頼むこともあります。その場の「楽しかった」で終わらず、興味を持ったことは突き詰めていきたい性格です。

それから、学生時代の私は主役になりたいというタイプではなく、どこか皆から距離を置いて物事を考えている方でした。そんな自分に悩んだこともありましたが……。主観だけではなく客観的な視点を持つということは、お客様に提供する香りの調合の上でとても大切なことなので、今はこの性格でよかったと思いますね。

香りを楽しむことから始まり、お香本来の使い方をしてくれるようになると胸が熱くなる

―谷さんが香司というお仕事の中で印象に残っていること・今のお仕事をしていて良かったと思った瞬間について教えてください。

うれしく思ったことの一つは、いくつかの会社で福利厚生として香りの講座を取り入れていただき、そちらで指導させていただく機会があったことです。特に和の香りとなりますと、まだ多くの人にとって親しみがないものですが、香りが心や身体に良い影響を与えてくれるということを認知していただいた上で、福利厚生として取り入れていただいたのだと思いますので、そのような形で和の香りに親しんでいただけるのはうれしいですね。

それと、お香を教えた生徒さんに「贈り物にするためのお香を作りました」とか「作ったお香でお供えをしました」などとご報告をいただくときは感慨深いです。というのも、もともとお香というのは仏教から由来しており、大切な誰かを供養するためのものだからです。現在私の行っている講座にはいろいろな生徒さんがいます。最初は自分が香りを楽しみたいという理由やアロマテラピーと同じような感覚で気軽に楽しんで受講されていた生徒さんが、学んだことを生かしてお香を誰かに贈ったり、お供えするためにお香を作ったと聞くとうれしいです。

良いものを誰かのために、お香本来の使い方で使っていただけるというのは、原料となる植物も喜んでいるだろうな……と胸が熱くなりますね。



合成香料に慣れてしまっている人も多い中、自然本来の和の香りを知って楽しめる人が増えてほしいと、穏やかな口調でお話されていた谷さん。香りには形がなく、言葉で表すのが難しいものだからこそ、心を癒したり故人にも届くと考えられているのかもしれませんね。

好きなことには探究心を持つという谷さんのように、皆さんも興味のあることは「楽しい」で終わらせずその先を考えると、何か新しい発見があるのではないでしょうか。


【profile】薫物屋香楽認定教授・香司  谷 美緖
社団法人日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
シャデュリヤ・スピリチュアル・センター認定 スーフィースピリチュアルヒーラー、スピリチュアル・ガイド
http://www.kashaya.jp/

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「香司」
はこんな仕事です

すがすがしい和の香りを楽しむ「お香」をつくる職人。香料の選択、調合、仕上げと、お香づくりの全工程を担当する。お香のルーツは、インド発祥の仏教にあり、日本には飛鳥時代に伝えられたという。室町時代に日本独自の「香道」として確立し、近年は和の文化の一つとして、海外でも注目されている。線香もポピュラーなお香の一つだが、ほかにも匂袋や練香があり、コーン型やスティック型のインセンスなど多様な種類がある。就職先としては、京都に多く集まる老舗や日本を代表する産地である淡路島のメーカーも選択肢となろう。

「香司」について詳しく見る