短期集中カリキュラムで2年分の知識・技術を1年間で学び、 製菓のプロとしてのスタートラインに最短で立てるって本当?!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

短期集中カリキュラムで2年分の知識・技術を1年間で学び、
製菓のプロとしてのスタートラインに最短で立てるって本当?!

2017.06.01

提供元:大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科

短期集中カリキュラムで2年分の知識・技術を1年間で学び、
製菓のプロとしてのスタートラインに最短で立てるって本当?!

製菓のプロフェッショナルとして生かされる資格は、国家資格でもある製菓衛生師です。特に資格がなくても、菓子製造に関わる仕事に就くことはできます。しかし、単にお菓子をつくるだけでなく、調理師と同じように食品の安全性や添加物などの知識を得ることで、美味しさとともにお客様へ信頼も提供することができます。一般的には2年かけて学ぶ製菓衛生師資格の取得に向けた知識・技術を1年間で学べる短期集中カリキュラムを編成することで、実践力を備えた製菓のプロとしてのスタートラインに最短で導く専門学校を紹介します。

この記事をまとめると

  • 実は早期退職が多い?!その要因と憧れの製菓業界で輝き続けるために重要なこととは。
  • 1年間で2年分の実習時間!時間と学費の負担を大幅に減らして学べる万全の教育環境。
  • 大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科から製菓のプロとして羽ばたく!

実は早期退職が多い?!その要因と憧れの製菓業界で輝き続けるために重要なこととは。

製菓業界の代表的な職種であるパティシエ。小学生の「『将来なりたい職業』ランキング」によると、パティシエは10年連続3位内にランクインする人気の職種です(1位3回、2位3回、3位4回)*。一方で、製菓業界は早期退職に至るケースが少なくないともいわれています。憧れのまま業界に飛び込んだものの、就職後すぐに現場で求められる技術レベルが高く、理想と現実のギャップに挫折してしまうことも要因かもしれません。幼い頃からの憧れの職業に就き持続させるためには、製菓に関する知識・技術をしっかりと身につけることが重要です。数ある中でも、注目すべき製菓教育学校のひとつが、大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科です。同校は、短期集中カリキュラムを編成することで、通常2年かけて習得する製菓の知識・技術を1年間で徹底的に磨き、「1年後にはプロの世界に飛び込みたい」「一日も早く一人前の菓子職人になりたい」という強い目標を持つ方の夢のサポートをしているのです。

*日本FP協会HP掲載、2007年第1回~2016年第10回「小学生の『将来なりたい職業』ランキング(女子児童)」参照

1年間で2年分の実習時間!時間と学費の負担を大幅に減らして学べる万全の教育環境。

1年間で2年分*の知識・技術を学べる短期集中カリキュラムは、大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科独自の特別カリキュラムです。製菓衛生師資格を取得するために必要な実習時間420時間の2倍以上の850時間の実習を1年間で学ぶ密度の濃い授業を編成しています。さらに特筆すべきは、リーズナブルな学費設定をしているところ。以前、同学科で開講していた2年制コースの1年次の学費は年間130万円。一方、短期集中カリキュラムを導入した1年制コースは192万円です。一見すると高いように感じるかもしれませんが、2年分の実習時間を1年間で達成できるカリキュラムを組んでいるので、実習時間の単価をトータルで換算すると1年制コースは圧倒的なコストパフォーマンスの高さを誇ります。大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科は、時間と学費の負担を大幅に減らして学べる万全の教育環境が整う製菓教育学校といえるでしょう。

*同校旧2年制コースの1年次と比較

製菓の多彩なジャンルが学べる大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科からプロとして羽ばたく!

大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科では、洋菓子・和菓子・製パンの基礎から応用までを余すところなく習得します。授業は、現場で必要とされる実践力を身につけるため実習中心に徹底的に技術を練磨。製菓業界に精通するベテラン教員が、学生一人ひとりにきめ細かな指導を行えるよう2人1組で行います。さらに、プロ仕様の道具は全員に、機材は2人で1つ用意することで時間の無駄を省き、効率のよい学びを実現しています。また、最新の開発技術の導入と学生の習熟度にあわせた個別指導も徹底し、密度の濃い授業で腕を磨きます。実践力だけでなく、国家資格である製菓衛生師の受験資格の取得に向けたカリキュラムや就職支援システムを確立し、余すことなく学生をサポートしています。同校を卒業後には、製菓衛生師、バリスタ、パティシエ、ショコラティエ、和菓子職人、パン職人として製菓業界に就職することはもちろん、独立して個人店の運営ほかさまざまな活躍の場を目指すことができます。
「大好きなお菓子でみんなを笑顔にしたい!」「でも今の自分ではまだまだ技術が足りない…」ともしも悩んでいるなら、最短の1年間で製菓のプロとしてのスタートラインに立てる教育環境が整う大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科から、夢への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

【広告企画】提供 : 大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「製菓衛生師」
はこんな仕事です

菓子づくりの知識と技能を習得したプロフェッショナル。和菓子・洋菓子・パンの製造技術をマスターしているだけでなく、食品衛生や食品添加物に関する知識があり、衛生的で安全な菓子製造を行うことができる。製菓衛生師を名乗るためには、厚生労働省が認める国家資格を取得しなければならない。菓子製造に携わるために必須ではないが、「一人前のお菓子屋さん」として認められるためには、ぜひとも取得しておきたいところ。資格取得に向けた勉強を通じて、製菓技術の土台となる知識を学ぶことができる。

「製菓衛生師」について詳しく見る