余裕を持った対策を! 高校2年生からできる入試の準備って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

余裕を持った対策を! 高校2年生からできる入試の準備って?

2017.05.11

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

余裕を持った対策を! 高校2年生からできる入試の準備って?

高校2年生は新しい教科科目も出てくるなど、授業に慣れるだけでも大変ですが、そんなときに気を付けたいのが“中だるみ”! 受験までの期間は意外と短く、目の前の勉強だけで満足してしまうと、あっという間に入試の時期に突入してしまいます。

そこで今回は、入試方式別に、2年生のうちからコツコツ準備しておきたい学習計画についてご紹介します!

この記事をまとめると

  • 推薦入試やAO入試に向けて、課外活動や資格取得を通して自分のアピールポイントを増やそう
  • 小論文対策では、「何について、どう考えるのか」「その理由はなにか」といったことを考えてみよう
  • 目標が定まれば、入試に向けて逆算して学習計画を立てていくことができる

【推薦入試・AO入試】志望理由書や小論文の準備を考え始めてみよう!

学校での成績や取り組みを基に、受験生の意欲や個性を測る「推薦入試」。
原則として高校の推薦がなくても、出願条件を満たしていれば応募できる「AO入試」。

学校での取り組みや志望理由書、小論文や面接を通して試験が行われることから、早いうちから準備を意識したい入試方式です。早い大学だと高校3年生の6月には入試要項が発表されるため、余裕を持って対策を考えていきましょう。

推薦入試・AO入試に向けて理解を深めていきたいのが、「自分の将来のビジョン」と「大学が求める人物像」。今から少しずつ自分のアピールポイントを考えたり、小論文・面接への対策を考えていくことが大切です。

1. 課外活動や資格取得を通して、自分のアピールポイントを増やそう
推薦入試・AO入試では、志望理由書に「志望理由」や「将来の希望進路」のほかに、「部活動やボランティア活動の実績」「取得した資格」「留学・渡航経験」などを記入する場合が多いです。高校の3年間はあっという間ですので、比較的、時間を取りやすい高校2年生のうちからコツコツと活動を始めてみましょう。自分が興味を持っている物事などを元に、ボランティアにチャレンジしてみたり、資格取得の勉強を始めてみると役立つはずです。

2. 小論文に向けて、自分で問題を発見する力や考える力を身に付けよう
一般的な作文とは異なり、自分の意見や主張、その理由を論理的に述べることが求められる小論文の試験。具体的な小論文対策を始める前に、普段から文章を目にするとき、「何について、どう考えるのか」「その理由はなにか」「それをどのように伝えるか」といったことを考える癖を付けてみましょう。小論文を書く上で基盤となる、論理的な考え方を少しずつ身に付けられるはずです。

3. 志望校のことを研究・分析しよう
志望校が見つかったら、その大学の学部や学科、教授などを研究・分析してみましょう。大学・学部が求める人物像や教育方針、研究テーマなどを理解することは、面接や志望理由書において、あなたの入学したいという思いを伝える上で欠かせないものです。入学後に学びたい分野などをはっきりさせておくと、入試に向けた対策や進学後の学習にもより力が入るはずです。

【一般入試・センター入試】目標が定まれば、入試に向けて逆算して学習計画を立てられる

高校3年生の6月になると一般入試の募集要項が発表され始めます。続けて9月にはセンター入試の受験案内が配布、そして10月以降は一般入試・センター入試の出願が始まります。志望校と受験形式の選択に向けて、どの学校をどのように受験するのかを早めに考えていきましょう。

▼高校2年生のスケジュール例
・4月〜6月
高校2年生になった早い時点で、志望校をある程度決めておく。
パンフレットや進学情報はよく目を通し、志望校で学ぶイメージを膨らませる。
進学のイメージが湧けば、入試で必要となる具体的な科目や勉強量、学習法などが見えてくる。
目標を定めて、入試に向けて逆算して学習計画を立てていくことが大切。

・7〜8月
志望校のオープンキャンパスに参加して、キャンパスや授業の内容・雰囲気を知る。
気になる学校が多くあれば複数のオープンキャンパスに参加し、学校選びや勉強のモチベーションアップへつなげていく。

・9〜10月
自分の興味のある分野や将来就きたい仕事などを考えながら、科目に合わせた学習を取り入れていく。
また進学後、自分の興味や関心を深められる学習を実現するために、自分が学びたい学問分野を考えておく。

・11月〜12月
学部・学科別の入試に向けて、志望校の入試に必要な科目を調べ、学力アップや苦手克服のための学習計画を立てる。

・1月~3月
1年後の志望校合格を実現するために、2年生までの学習内容を一度振り返る。
苦手分野は把握できているか、それを克服するための対策は取れているか、効率よく勉強を進めることができているかなどを確認し、残り1年の学習計画を改めて立てていく。


筆記試験がカギとなる一般入試・センター入試では、このように効率よく勉強を積み重ねていくことが大切です

高校2年生のうちから目標を定めて、入試に向けたスケジュールを考えていくことで、余裕を持った学習・対策に役立てることができます。まだ志望校が決まっていない人は、まずは気になる学校や学科についてよく調べ、入試方式や入試で必要になる科目や勉強について考えてみてくださいね!

【参考文献】
大学受験合格応援隊
http://gokaku-oentai.com/junbi/
城南予備校
https://www.johnan.jp/touki/second/ao.php
武田塾
http://www.takeda.tv/shiki/blog/post-42365/