体育学を学んだ人材は引く手あまた!? 想像以上に幅広い学問の特徴と、スポーツ関連以外の分野にも広がる可能性に迫る!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

体育学を学んだ人材は引く手あまた!? 想像以上に幅広い学問の特徴と、スポーツ関連以外の分野にも広がる可能性に迫る!

2017.05.24

提供元:大阪体育大学

体育学を学んだ人材は引く手あまた!? 想像以上に幅広い学問の特徴と、スポーツ関連以外の分野にも広がる可能性に迫る!

スポーツが好きで、体育系の大学に進学したいと考えている高校生は少なくないはず。しかし、大学を卒業した後はどんな仕事に就けるのか、詳しく知らない人もいるのではないでしょうか。アスリートやコーチになる以外の道がないという考えは、大きな間違い。体育学の知識・スピリッツを持った人材のニーズはますます高まっているのです。

この記事をまとめると

  • 運動能力を高めるだけじゃない。体育学は意外な分野とも関連がある。
  • 体育学の学びを通して、体育系ならではの能力を身につけることができる。
  • 就職率が高い大阪体育大学。その秘密は徹底したキャリアサポートにあり?

「体育学」には、医学や心理学、社会学が関連している?

「体育学」と聞いて、みなさんはどんな学びを想像するでしょうか。体育学は、ただ身体を動かして運動能力の向上をめざす、といった単純なものではありません。「運動」を幅広い視点から総合的に研究し、科学的な理論に基づいた体力・健康づくりをめざす学問なのです。
体育学の中にもさまざまな分野があります。実践を通して競技に対する高度な知識や能力・技術を高めて、コーチング技術の向上を図る分野をはじめ、人間の身体の仕組みや運動機能を医学的視点から追究したり、スポーツに心理学や栄養学を結びつけて健康管理を行ったりする分野、さらには日常生活に馴染んだスポーツを社会学的視点からとらえ、運動環境づくりやイベントの企画・運営、スポーツに絡んだマーケティング、資金計画などを学ぶ分野があります。一口に体育学と言ってもその学びは多岐にわたり、さまざまな可能性に満ちているのです。

学ぶほどに、社会人に不可欠な能力が身につけられる!

大学で体育学を専攻する場合、概論やスポーツ心理学、スポーツ社会学で基礎的な知識を培った後、細かく分類された専門分野へと進みます。理論と実践の両方を身につけ、自身の研究に取り組むという流れが一般的です。学びを通して自分の運動能力を見つめ直したり、運動や健康に関する指導を行ったりする中で、自分と向き合う力や自ら課題を発見して対応する力、さまざまな人間関係を構築し効果的なコミュニケーションをはかる力が身についていきます。これらの能力は社会人にとっても重要なスキルとされ、採用活動の際、体育学を学んだ学生を求める企業も少なくありません。体育系学生専用就職活動サイトや、体育系学生を採用するための就職セミナーがあるほど、体育系出身者は重宝されているのです。

大阪体育大学では、豊かな人間性と教養を育んだうえで専門的な知識を養い、運動に関するスペシャリストを養成しています。児童・生徒にスポーツの楽しさやすばらしさを伝える保健体育の教員を育成するコースもあり、これまで多くの指導者を輩出してきました。理論と実践をバランス良く学び、体育学の追究から得たものを社会に還元する力を身につけていきます。

サポートが充実した大阪体育大学で、将来の進路を見定める

大阪体育大学は、学生の夢や目標を実現するための細やかなキャリアサポートを展開しています。キャリアフェスタといった講座や学内セミナーなどが充実しており、1年次から将来のキャリアに対する考えを固めていくことが可能です。就職活動が本格的にスタートする3年次・4年次になると、自分の価値観を知るための「個人カード」を作成。その情報をもとに、キャリア支援センターのスタッフや教員が的確なアドバイスを行います。4年間を通して、学生一人ひとりと向き合った支援体制を整えているのです。
キャリアサポートの徹底により、就職率は高い水準をキープ。就職先は学校関係や警察官・消防官といった公務員をはじめ、医療・福祉関係、商社やメーカーといった一般企業などさまざまです。もちろん、中にはプロのスポーツチームに選手として入団したり、コーチングスタッフの道へ進んだりする人もいます。
奥深く幅広い体育学を学べば、今まで見えなかった自分の可能性に気づくことができるはず。大阪体育大学は、学生の夢を全力で支え続けています。

【広告企画】提供 : 大阪体育大学

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「体育学」
はこんな学問です

身体活動を通じて、健康管理や能力の育成・発展の実現を目的とする学問。社会科学、自然科学など関連する分野の視点も交えて研究する。「スポーツ科学分野」「トレーニング・コーチング分野」「スポーツ管理・経営分野」「生涯スポーツ分野」「武道分野」「保健体育教職課程」などがある。スポーツ選手や、選手育成者を養成することや、社会体育の立場からの指導者を養成するなど、健康管理への関心が高まる現代において重要な役割を果たす学問である。

「体育学」について詳しく見る