あなたに合っているのはどっち? 徹底検証! 専門学校vs大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

あなたに合っているのはどっち? 徹底検証! 専門学校vs大学

2017.04.28

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

あなたに合っているのはどっち? 徹底検証! 専門学校vs大学

高校3年生になると、いよいよ本格的に自分の将来について考え、進路を決めていかなければいけません。学びたいこと・将来なりたいものがすでにはっきりしている人の中には、卒業後の進路として、専門学校と大学、どちらへ進学しようか迷っている人も多いのではないでしょうか?

人生を大きく左右する大切な進路選択。「何となく」進学するのではなく、後悔のない、自分に合った選択をしたいですよね。そこで今回は、進路を選択する前に知っておきたい、専門学校と大学のそれぞれの特徴や違いをご紹介します!

この記事をまとめると

  • 就職に向けた実践的な知識や技術を学べる「専門学校」
  • 学術的かつ、理論的に学問を追求できる「大学」
  • 自分が将来なりたいものに合った学校を選んでみよう

専門学校と大学では、学習内容にどんな違いがあるの?

まずは、それぞれの学習内容を比較してみましょう。

・専門学校
社会に出てすぐに役立つ技術を学べるよう、実習中心のカリキュラムが組まれることが多いです。そのため、特定の職業に必要な専門知識や技術を身に付けやすい環境があります。

また、資格取得を積極的にサポートする専門学校も多く、将来の仕事に結びつく資格を在学中に取ることもできます。早いうちに社会に出て、やりたい仕事で活躍したいと考えている人は、専門学校で実践的な知識や技術を得るのが就職への近道になるかもしれません。

・大学
一方で大学では、学術的かつ理論的な学問を学びながら、幅広い教養を身に付けることができます。大学4年生(短期大学の場合は2年生)時に卒業論文提出を課している大学が多く、自分で課題を見つけ、その解決方法を導き出す「研究」をすることが大学での学びの目的です。

また、大学を卒業すると、「学士」の資格が与えられます。「興味のある学問をもっと学びたい」という探究意欲がある人は、専門分野を深く研究できる大学への進学がおすすめです。

やっぱり気になる学費のこと。忙しさにも違いはある?

次は、それぞれの学校の在学期間や学費について比較してみましょう。

・専門学校
修業年数を2年に定めている学校が多く、4年制の大学と比べると在学期間が短くなりやすいため、その分、学費も抑えられる傾向があります。

しかし、2年の間に実践的な技術を身に付けるために、授業や実習をこなしていく中で忙しさを感じる人もいるかもしれません。専門学校は、短期間で即戦力となる技術や知識を得たいと考える人に向いているといえそうです。

・大学
4年制の大学は専門学校と比べると学費が高く、奨学金を受給している大学生も多くいます。在学期間が長いため、時間にゆとりがあり、サークルやアルバイトなどの課外活動にも打ち込みやすい傾向があります。

しかし、しっかりとスケジュール管理ができなければ、留年してしまう可能性も……。大学生活では、積極的に自分で物事を決める自主性が必要になりそうです。

結局、就職に強いのは専門学校? それとも大学?

最後に、卒業後の就職について比較してみましょう。

専門学校は、特定の職業に必要な専門知識や技術を身に付けやすい環境であることから、企業がその専門学校だけに求人を出すこともあります。しかし、企業の中には、「大卒であること」を応募の条件としている企業もあります。そのため、「何となく」で専門学校への進学を決めると、将来の可能性を狭めてしまうことも。専門学校への進学を考える場合は、自分のやりたいことや、なりたい職業のビジョンを明確に描いた上で、自分に合った学校を選ぶようにしましょう。

一方、専門分野だけでなく、幅広い教養が身に付く大学は、さまざまな業界に就職できる選択肢の多さが魅力です。しかし、大学時代をダラダラと過ごしていると、いざ就職活動時に内定が決まらないなんてことも。大学への進学を希望する場合は、大学で何を学びたいのか、希望の仕事に就くためにはどのような努力をすべきかを考えておきましょう。

これらの点を踏まえると、専門学校、大学進学にはそれぞれ以下のような人が向いているといえそうです。

専門学校進学に向いている人
・将来やりたい仕事が明確にあり、実践的な専門知識や技術を得たい人
・学費をなるべく抑えて、早く社会に出て活躍したいと考える人
・即戦力となる技術や資格を習得して、就職先を手堅く決めたい人

大学進学に向いている人
・興味のある学問の知識をもっと深めて研究したい人
・じっくりと好きなことに打ち込んで、さまざまな経験を積みたい人
・大学生活の中で、自分がやりたい仕事を見つけたい人

皆さんも自分に向いているのは専門学校か大学なのかを考えてみてください。将来をしっかりと見据えた選択をすることで、入試に向けた勉強にも熱心に取り組めるはずですよ!