【先輩に聞いた】後悔しない進路選択のため、高2からできる下調べのコツ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【先輩に聞いた】後悔しない進路選択のため、高2からできる下調べのコツ

2017.04.26

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【先輩に聞いた】後悔しない進路選択のため、高2からできる下調べのコツ

高校2年生になり、文理選択後のクラスで授業が始まると、進路選択がいよいよ身近に迫ってきます。「……って言っても、2年生になったばかりだし、まだ真面目に考えなくても大丈夫でしょ!」と考えている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません! 後悔しない進路選択をするためには、早いうちからの下調べや準備が肝心なのです。

今回は、皆さんの先輩にあたるマイナビ2015年会員へのアンケートを基に、今からできる進路選択の下調べのコツをご紹介します!

この記事をまとめると

  • アンケートでは、進路選択を意識し始める時期が遅くなると、進学後の満足度に影響が出る結果に
  • 進路選択の下調べをするときは、学校のパンフレットをよく読んでみよう
  • 実際にキャンパスに足を運んで、学校の雰囲気をつかむことが大切

高校2年生の12月までに進路検討を始めたほうが、満足いく進学先を選べる!?

高校2年生の12月までに進路検討を始めたほうが、満足が高くなる傾向に!

高校2年生の12月までに進路検討を始めたほうが、満足が高くなる傾向に!

まず、進路選択の下調べを始める時期については、きっと多くの人が気になることだと思います。アンケートでは、「高校時代、進学する学校を具体的に意識し始めたのはいつ頃でしたか?」「就職活動を経験した今、在学中の学校にもう一度入学したいと思いますか?」という問いに対して、高校2年生のうちに進学先のことを考えていた人ほど、進路選択に後悔していないことが明らかになりました。

「あまり入学したくない・絶対入学したくない」と答えた人の割合は、高校3年生の1〜3月以降は、進学検討が遅くなるほど増加。進路選択を意識し始める時期が遅くなると、進学後の満足度に影響が出ることがあるようです。

このアンケート結果を踏まえると、高校2年生の12月までには進路検討を始めたほうが、満足いく進学先を決定しやすくなる傾向があることが分かります。進路についてまだあまり考えていない人も、「まだ4月だし!」と悠長に構えることなく、ぜひ今のうちから進路選択の下調べを始めてみましょう。

進学先のパンフレットの読み方や重視する項目によって、進学後に影響がある!?

進学後の満足度は、「どのように進路選択の下調べをしたか?」ということも関わってくるようです。

アンケートでは、「現在在学中の学校の入学案内・パンフレットはどのくらい読みましたか?」という問に対して、「さらっと読んだ」「最後まで・じっくり読んだ」と答えた人のほうが、進学後の満足度が高くなる結果に。「読んでない」人と「最後まで・じっくり読んだ」人を比べると、「あまり入学したくない・絶対入学したくない」と答えた人の割合は、約12%もの差が出ました。このアンケート結果を踏まえると、進路選択の下調べの際にパンフレットを熟読することは、進学後の不満を防ぐことにつながりそうです。

また、「学校選びの際、重視したポイントは特にない」人ほど不満を持ちやすいというアンケート結果も出ています。進路選択の下調べの際は、なんらかの「軸」を持って、重視するポイントを考えながら検討したほうが、進学後の満足度が高くなるようです。

「キャンパスの雰囲気」や「カリキュラム」などに不満がある場合は注意!

また、進路検討を始める時期や下調べの方法だけでなく、実際の学校の取り組みや雰囲気なども進学後の満足度に影響があるようです。

「在学中の学校に進学して後悔した点」で多かったのは、「キャンパスや校舎の雰囲気があまりよくない」「カリキュラムや授業に魅力を感じない」「先生があまり熱心でない」といった答えでした。中でも、キャンパスの雰囲気や校舎に不満を持っている人の約7割は、「在学中の学校にはもう一度入学したくない」と答える結果に。

このアンケート結果を踏まえると、オープンキャンパスなどに参加して、学校の雰囲気を事前に知っておくことが、進路選択における大事な下調べであることが分かります。入学後に後悔しないためにも、気になる学校が見つかったら、パンフレットを読んだり、Webサイトを見るだけでなく、実際にキャンパスに足を運んで学校の雰囲気をつかむようにしましょう。

先輩たちの声を参考に、後悔しない進路選択ができるよう、ぜひみなさんも今からできる下調べを始めてみてはいかがでしょうか。早いうちからの下調べや準備が、きっとあなたの進路選択や入試、進学後の学校生活を充実させてくれるはずですよ!

【出典】
(株)マイナビ「マイナビ進学アンケート『満足いく進学先を選ぶための進路選択行動とは?』」
(2014年9月公表)